おおい町名田庄から発信!「元気社長の気まま日記」

“正直に いい仕事をしよう”をモットーに名田庄で建築会社をやっています。
人間的成長をさせてくれるお客様に日々感謝!
毎日の仕事や生活を通して、思ったこと、感じたこと、そして、気付きなどを気ままに書いていきます。
ご意見、雑談などお気軽にコメントしてください!

PLUS SPOT

DSC_0303       朝から雪になりました。

  今回の雪はかなり細かい。

   なぜか? ボタン雪のような大きなものより、この粉雪の方がよく積もる。

  今回は かなりの積雪になるかも、皆さん気をつけてください。

  
 写真の彼女は PLUS SPOT(プラススポット)の理恵ちゃん。

   小浜市でアンティーク照明などインテリア雑貨を販売しているお店のオーナーさん。

   雑貨の展示、販売だけでなくリノベ相談や施工、それにイベントなども積極的に行っている彼女。。

   今日は少し照れ気味だけど・・・ 

     
     自分の行動や活動など何かを思い立ち計画したり 悩んだりすると相談し意見やヒントをもらっている。

   センスの良さと軟らかな考え・雰囲気、それに会うと気持ちが和らぐ不思議な魅力がある。

    若い彼女だけど、かなり頼れる存在。

  理恵ちゃん、いつもありがとうございます。  
 
             

早朝ウオーキングから。

DSC_0324
     おはようございます。 森本です。

        今日は  今年初の早朝ウオーキンクで始まりました。

    少し風も緩んだし、これはいける!ってことでホームにいている

                         小浜市総合運動場へ。

                          やっぱり、風は冷たい! 人影もない!歩道の周りには雪!
                    
                       それでも辺りが明るくなって朝日を浴びると身体にチカラが

                       湧いてくるように感じる。     
    
                        この貴重な日曜日。  何をして過ごすか、これからが本番。                                         
DSC_0323

気になる空き家

DSC_0312
    車で通るたびに、なぜか気になる洋館建ての空き家。
  
  
 使われなくなってから、かなりの時間の経過があるのか

  少し斜めってる。

                     そして「時代に取り残されたのか、少し寂しそうな面影である。

DSC_0316    
   
    しかし、壁の横板に木の窓、格子組み それにペンキ塗りが少し剥げていると

     ころになぜか愛着のようなものを感じる。

                     この傷み具合が時の流れを感じさせ、良い雰囲気を醸し出しているのかも・・  
                                                                                              


                   昭和レトロっていうのか? 懐かしい感じのする洋館建て。    
                                                                                                                                                                                                                                           
DSC_0313    寄棟屋根の洋館、その当時この田舎ではきっと、珍しかったと思う。
  
     
        聞けば、郵便局として使われていたのだそうで

                       こういった愛着を感じるような空き家の建物をリノベして使えば

                      毎日の暮らしが何か楽しそうに思えるのだが。

DSC_0314 
       
    持ち主は必要としないものかもしれないが別の観点から見るとすごく価値
                                                               
    のあるものに感じる!

                   少なくとも自分には、貴重なお宝に見える。
 
                  





寒波到来?

059梅










   おはようございます。   森本です。

   少し寒さも緩んだと思ったら 寒波再来です。

  今朝は道路が凍てついています。車の方は充分に注意してください。

  
 このところ寒さの影響か運動不足のせいかわからないが肩こりのしんどい日が続く。

  家でストレッチをとも思うが、それがなかなかできないのが森本の得意技。

  ということで知り合いの教えてもらい、若狭町にあるパレア若狭のフィットネスへ申し込みに!

   平日だったが、大勢の人。   知り合いも数人いる。 

  みんな結構、運動不足なんや、と変に安心。

  4月まではこの室内で。 あとは外で。 このトレーニングのゴールは12月で。 


 

曲がりの美しさ・魅力

PIC000056









PIC0000AF


      
    自然に曲がりくねった木材、丸みを帯びた木材は独特の美しさがある。
 
   木材の大きさに力強さ・美しさ、そこに見え隠れする大工職人の素晴らしい手仕事。

  そんな建物を観ていると心が落ち着き、豊かになるように感じられる。

   
   今の建物は効率や大量生産を追い求めすぎてデザインが平面的・直線的になってしまっている。

  それが単純で味気なく観え、心にゆとりを感じさせない。

    
   人はなぜか、曲がったものや丸みを帯びたものを見ると心が癒されるようだ。

     人の感性とは何か? 魅力に感じるものは何か?

      人の心を揺すぶるようなもの・驚きと感動を与えられるような建物に挑戦してみたいと思う。

 




おおい町名田庄 古民家再生

能丸邸 仕上がり 004

能丸邸 仕上がり 002


おおい町名田庄で 古民家再生。

築150年程の茅葺き住宅の改装工事の仕上がり

29a7ed62.jpg


時の経過を感じる黒い梁に白やベージュの珪藻土の壁。

室内は明るいだけでなく少し暗めにして落ち着いた雰囲気がある方がいい。

LDKには大工さんによる手作りキッチンや掘りごたつ。

派手なデザインでなく、あくまでシンプルで使いやすいことが重要。

住む人の感性・人間性の豊かさがうかがえる。。
                    
       

能丸邸 完成間近 002


















隅木

DSC_0296














       製材してみた。

   少し納得いかない。

   もう少し曲がりがほしいところ。

    この木材は 和風の屋根の角に使う 隅木 という部材。

   お寺などでよく見かける 照り隅 といって屋根の隅が反りあがってる部分に使う材料。

  桧の原木の丸太を何本も製材機にかけてみるが 材木の化粧の面、反り具合など 

   イメージするものと微妙に違う。

    屋根に収まってしまえば それほど目に入らず、気にはならないかもしれないが

    そう簡単に妥協はできない。

   100年以上、住み続けられる家を造るには 部材一本一本を吟味することが必要となってくる。

     建物が長持ちするのはやはり、使う木材へのこだわりだと思う。

    

    

ピアノ室

DSC_0295
  
  床下には断熱パネルと吸音ウール。

  
 この部屋、奥様が子供たちにピアノを教えるスペースにしたいと

 いうことで部屋の中を防音・調音のできる構造に工事しています。


 床・壁・天井、遮音ボード、吸音パネルに調音パネル。

 この  はデリケートですごく厄介、目に見えないからどこに動いているのかわからない。

  なので今回、ヤマハやダイケンなどピアノ室製作のできる音響メーカーに教えていただきながらの

施工が始まった。

  完成後にはこの場所にセミグランドのピアノが置かれ、子供たちへのレッスンが始まる。

    いい音が部屋中に響くことを願って。

                                  

 

美しくけずれるか

DSC_0275

  
   指先に神経を集中させて刃物が流れるようにけずる。

  簡単なようだけど けっこう難しい。 

     刃物を持つということに慣れていない今の

  子供たちは きっと悪戦苦闘するはず。

   単純な作業の中にも奥深いものを感じる。

   

  
   
   
   ウチの大工さんに削らせたらどうだろ?

    えんぴつを毎日、ノミでけずり使っているから

   入賞はかなり近いと思うのだけど・・・

  
  「第6回全国えんぴつけずり大会」

   当日、覗いてみるか!
      

新しい一年の始まり。

DSC_0283

  家の表札。

   これは今年、正月から家の玄関にかけた新しい表札。

  

 今から3年前、人生の中で思いもしない事が起こった。

   自分にとってはモノやコトの価値観が変わり今、思うと

  その当時は闇の中を歩いているような状態だった。

   全ては必然というけど、これには堪えた。

 何もしたくないけど、しないとどうにか、なってしまうような状態。



    やっと2年が過ぎ、昨年後半にやっと色々なことが整理できだした・・・

       で今回、自分を変えるため 名前の一文字を変えることにした。

   
    それで、なにが良くなるか悪くなるか解らないが すべて自分の責任として受け止めればいいだけのこと。

    
  今日1月14日は自分の誕生日、外は真っ白な初雪 

   自分にとっての新しい一年が始まる。

 
       
 
 
  
プロフィール
最新コメント
月別一覧
  • ライブドアブログ