17日(土)13時30分 より 名田庄久坂の「ぶらっと」で多門の会が行われます。
題目は詳しくは知らないですが 「インバウンドについて」です。

インバウンドとは 日本に訪れる外国人観光客。
逆に アウトバウンド とは日本人が外国に観光に行くこと。

このインバウンドの観光客数は国内で昨年2000万人、 2020年には4000万人にすると国の施策が動き出しました。
これからは観光国日本となります。
それに、ありふれた有名観光地でなく、田舎の地域、日本文化が残る地方都市、田舎の町村に焦点があてられ、観光客が移りはじめます。
それも、発展途上国の人たちでなく、ヨーロッパや欧米の成熟した先進国の人たちが・・・
私が今、活動している古民家再生の現場などにもそういった人たちが地域の文化、日本の歴史を求めてやってきます。
日本人の文化の基礎である古民家がいよいよ『KOMINKA』として動き出します。
これから、古民家がどのような使い方をされるのか、楽しみな時代に入ってきました。