石川での全国建具フェアに
北は北海道から南は九州福岡県までの腕自慢の職人が造る、引戸・ドアなどの建具、屏風・組子などの指物また木工品。 約120点の展示物。
それぞれ都道府県の代表作ということで、息をのむような素晴らしい作品の数々でした。
前回、伺った三重県の方の作品も展示してあった。

その中でも、目に留まったのは「通風建具(遮光タイプ)」というモノ、富山県の職人さんの作品。
造りはいたってシンプル、框組みの建具の内面に木製のルーバーが組み入れられていて、風を通したいときはレバーで簡単に操作し開け閉めができる。
これは便利。発想が面白いと思わず立ち止まり、建具をのぞき込む知らない他所のベテラン建具職人さんと建具談議になった。
考えれば今までにありそうで無かったもの。なぜ誰もが考えつかなかったのだろうか!
固定観念にとらわれずに素直に考え製作されたと思う。
作者に話を聞きたかったが、居られず残念。
今回は良いものと巡り合えた、この一点に出会っただけでも出かけた価値がある。
 
 気を良くして帰りに兼六園に。

DSC_1483     

  DSC_1491









DSC_1484












 DSC_1492 
  DSC_1490
  
    

















DSC_1515  
     DSC_1500















DSC_1527     
   DSC_1506