谷崎潤一郎の随筆 「陰翳礼讃」より

建物の上に大きな甍(いらか)を伏せて、その庇(ひさし)が作り出す深い廣(ひろ)い蔭(かげ)の中へ全体の構造を取り込んでしまう。寺院のみならず、宮殿でも庶民の住宅でも、外から見て最も眼立つものは、或る場合には瓦葺(かわらぶき)き、或る場合には茅葺(かや)きの大きな屋根と、その庇の下にただよう濃い闇である。つづく

谷崎潤一郎によると 西洋の家は限りなく部屋を明るくし陰を無くす造りとなっているが 日本の家の造りは屋根、軒下を大きくし、むしろ陰翳を認めていると。
というより軒下に広がる陰、暗闇が日本独特の美意識であり、陰翳が建物の奥深さを醸し出していると指摘している。

日本の屋根はただ雨露を防ぐ意味だけでないということ。
季節によって違う太陽の光を、建物内に取り込み、さらに濃淡を醸し出して日本人の心を落ち着かせているらしい。。
この陰翳、濃淡、日本人が持つ本能的な美意識かもしれない。
このストレスの多い時代、家づくりにおいても目で見える物だけでなく本能的に感じる物を建物に取り入れると面白いものができるのではないだろうか。
嗜好や考え方が成熟している人には、こういった陰翳などの美意識がきっと響くに違いない!