この時期になると話が出る!

来春にリフォームを希望されているお家で「寒いのが苦手だから床暖房に」と。

今まで「蓄熱暖房」「床暖房」「薪ストーブ」など色々と施工してきた。
しかし残念ながらその器具をフルに発揮させて使い込んでるお宅は少ないようだ!

先日にお伺いしたお宅は新築時に「蓄熱暖房器具」を設置させて頂いたが今は全く使ってない様子。
その当時は蓄熱暖房がブームで施主さんのたっての希望だったが、電気代金が高すぎて1年でやめたとのこと、今はその場所で棚がわりになっていた。

どんな器具も一長一短があるが私達の住む福井県の南西部は雪は降るが寒冷地と言うわけでもないので
寒い期間がそう長くない。

手間がかかって面倒だとか、思ったより負担大きいとか…‥

施工となると、どれも高額!
器具の費用だけでなく設置や配管配線など工事にたくさんのお金がかかる。

ちなみに今日の「床暖房」の件は
まず床暖房=部屋が温かい=ポッカポカではないと。
床と体が設置している部分のみが温かく感じること。
だから、足やお尻など床と着いている所のみがと伝えた!
それにリビンクの床全面に暖房すると使わない所が多過ぎて費用対効果がないと思えるとも。

最終は施主さんの判断にまかせるが、アドバイスはしっかりとしてあげてムダや負担をかけさせないようにするのも自分たちの仕事!
だから、やりがいがある!