伝統、建築、日本の暮らし

毎日の仕事や生活を通して思ったこと、感じたこと、気付きなどを綴っています。ご意見、雑談などお気軽にコメントしてください。

曲がり柱

屋根の反り(そり)

和風建築の中でも社寺は屋根が命と云われ

る!

写真はお堂の照り屋根。

しかし、これ程反りがきついと一般的な瓦を

葺いていては雨漏りがする!

その場合は雨水の侵入を防ぐため、逆さ瓦を

使う必要がある。

もちろん、その屋根に合わせて焼き上げる

特注品なのだが。

DSC_3662



杉の庭園

庭に杉の木を使う。

と言うと京都北山の株杉を、よく見かけるが

昨日、滋賀県に行ったときMIHOMUSEUM(美

術館)で普通に山にある杉の木が庭に使ってあ

るのを見つけた


なかなか、おしゃれ!

写真ではわかりづらいが枝が地盤近くまで残

してある。

山では木を育てるため、枝打ちといって下の

方の枝を取り除くのが一般的だが、こうして

自然の姿を見せる!


とてもキレイで新鮮に見えた!

DSC_3851



信楽へ

今日、休みを使って滋賀県の信楽町へ。

信楽と言えば信楽焼、狸の焼物で有名ですが

壺に皿やコーヒーカップ、今はオシャレな洗面ボールな

どまで色んなものが販売されています。

町中、アチコチたくさんの販売店、窯元、工房が

あり楽しく拝見できました。



今回は前から欲しかった狸の置物を購入。

たくさんありすぎて、かなり迷いましたが

1番顔のいいのを選んで持ち帰りです。

DSC_3858
DSC_3854

畳縁(たたみべり)

お盆に向けて、畳を新しくしょうと言うこと

が、同じ畳縁がない。

今、敷いてあるのは15年も前の畳だからしょ

うがないのだけども…

今回、畳を新しくするのは和室が3室続きの1

部屋。

『部屋を開け広げたときに縁が違うと変か

な』と施主さん。

確かに変だが…      3室替えるのはもったいな

いし。



さてどうするか。

 お盆には間に合わせないと!

DSC_3836

初訪問

先月、リフォーム工事でお世話になったお家 

の奥さんよりの紹介。  

『友達が家のことで困ってるから見てあげ 

て』と連絡を頂いて伺った初めてのお宅!

 
えぇ〜とばかりに驚く、なかなかのお屋敷で

した。

建物もだけど、ここも庭が素晴らしい!


建物の設えや調度品など、目の保養もさせて

き、工事の約束もして良いご縁が繋がりま

した!

紹介下さった奥さんに感謝です。

DSC_3834

DSC_3835


久しぶりに

久しぶりに、本宅を新築をさせてもったお

にお邪魔した。

建築したのは、もう15年ほどになるだろう

か!

いつ来ても、このお宅は家の周りがキレイに

してある!

建物周辺や庭にも、まめに手を入れて建物

を大切に管理しておられるのがよく分かる。

建築に携わった者とすると、とても嬉しいこ

とだ!


今回は、離れの屋根の点検と改修工事の相談

に、こうして仕事でも声をかけてもらえるこ

は、とてもありがたい。

DSC_3827





メタセコイヤ並木

滋賀県高島市


旅行雑誌やSNSに載るようになって、観光客

が急に増えたマキノ町のメタセコイヤ並木!

70年程前にアメリカからの苗木を植えたのが

始まりとか…

その当時に木を植えた人たちは、観光地とな

た現在を想像していただろうか!



というか、私の場合はこの木を製材をすると

どんな木肌、どんな木目がでるのかな?と想

像してしまう。

そして家の構造材や内装材に使えるのだろう

かと!

これも職業病だろうか!


DSC_1550

解体工事

重機解体を見ていると何故か悲しくなる!

解体=処分

必要なくなったのだからしかたがないのかも

しれないが…

先人が想いを込めて作ったもの、長い期間を

働いたものだから、最後の時も疲れを歴史を

ほどくように壊してほしいものだと思う!


せめて、解体する前には供養の式典を!と

いった法律はできないだろうか!

DSC_3650

DSC_3762

DSC_3652


隠れ手技

妙心寺を囲う土屏。

普通の土屏ですが…施工するにはかなり何度

が高い代物です!

基礎部分が自然の石、これはなかなかのクセ

者!

自然石の上というのは均一でない!

それこそ形がバラバラ、その上を屏の構造体が

しっかり載っている!

中途半端なことだと直ぐに崩れるから、それ

ぞれの石の形に密着しているのだと考えられ

る。

かなりの手間と時間をかけてしっかりと仕事

がしてあるのだろう。


いつ頃にできたかは定かでないが手を加えな

がらでも何百年と屏の役目を果たしている


簡単そうに見えて実は難しい!

隠れたところに手技が輝いている。

DSC_3661





日曜日の朝は

朝から「原木市場」に来ています。

若狭は雨だったというのに峠を1つ越える

と、よか天気です。

やはり梅雨の季節、伐採した桧の皮が剥けて

しまっています。

さて、これから帰って来週の準備です。

DSC_3778

プロフィール

森本 正弘

最新コメント
月別一覧
  • ライブドアブログ