2017年06月24日

科学的競馬投資コメント20170625

さて今週の3競馬場のメインですが、

函館11Rの1000万のUHB杯は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がユメノマイホームとトロピカルガーデンとベルモントラハイナでした。
私は、函館11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのパラダイスステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はグランドシルクの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、東京11Rは上記グランドシルクに上位クラスで上位入着しているロードクエストとダイワリビエラを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の宝塚記念は、「馬場脚質不利克服馬」は、シャケトラとゴールドアクターとキタサンブラックの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はシャケトラとゴールドアクターとシュヴァルグランの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がミッキークインで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がサトノクラウンでした。
私は阪神11Rは上記5頭を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館8Rのゼセル、函館12Rのベストセラーアスク、東京2Rのパーリオ、東京6Rのメジャーロール、東京7Rのヤサシサ、東京10Rのメイネルデイアベル、阪神7Rのダノンケンリュウ、阪神12Rのジェネラルゴジップに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 17:20TrackBack(0)

2017年06月17日

科学的競馬投資コメント20170618

さて今週の3競馬場のメインですが、

函館11RのG3の函館スプリントステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はブランボヌールとセイウンコウセイの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高く函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がレヴァンテライオンで、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がイッテツで、函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がホッコーサラスターでした。
私は、函館11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11RのG3のユニコーンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はハルクンノテソーロとタガノカトレアとテイエムヒッタマゲの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はサンライズノヴァとウオーターマーズの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がリエノテソーロでした。
私は、東京11Rはサンライズノヴァとウオーターマーズとリエノテソーロの3頭を中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


阪神11Rのオープンの米子ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は、1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はサトノラーゼンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノラーゼンでした。
私は阪神11Rはサトノラーゼンを軸にこの条件を勝っているベルキャニオンとブラックムーンを絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館2Rのメイショウクジャク、函館6Rのケイパーストーリーとサンジェルヴェとカフジブレイブ、函館9Rのスパーキングジョイ、函館10Rのチャイマックス、函館12Rのルグランフリソンとエアビザレー、東京2Rのバガットケープ、東京4Rのテミスト、東京9Rのレインオーバー、東京10Rのヴェラヴァルスター、東京12Rのスズカデイープ、阪神2Rのタイシンコラード、阪神3Rのサンライズマジック、阪神9Rのアスタースイングとエルカミールレアルに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 17:27TrackBack(0)

2017年06月10日

科学的競馬投資コメント20170611

さて今週の2競馬場のメインですが、


東京11RのG3のエプソムカップは、「馬場脚質不利克服馬」はマイネルミラノとタイセイサミットの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離適性の種牡馬適性が高い馬がフルーキーでした。
私は、東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG3のマーメイドステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は、1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はクインズミラグロの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がトーセンヴィクトリーとアースライズとリーサルウエポンでした。
私は阪神11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのミッキークロソラ、東京4Rのハートリッチ、阪神2Rのフーゴ、阪神6Rのキラーコンテンツ、阪神8Rのリーサルストライクとアイアンマンに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:23TrackBack(0)

2017年06月03日

科学的競馬投資コメント20170604

さて今週の2競馬場のメインですが、


東京11RのG1の安田記念は、「馬場脚質不利克服馬」はエアスピネルとイスラボニータの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がステファノスとアンビシャスで、7歳以上の高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がコンテントメントでした。
私は、東京11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11Rの1600万円のグリーンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がシホウで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く阪神競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がリッチーリッチーでした。
も出走しておりませんでした。
私は阪神11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのノヴァルーナ、東京6Rのコーリンマカロン、東京7Rのファルゴラーレ、阪神3Rのマリーンシークレット、阪神6Rのダノンクライム、阪神8Rのヤマニンシルクとマウントゴールドに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:23TrackBack(0)