2017年08月26日

科学的競馬投資コメント20170827

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG3のキーンランドカップは、「馬場脚質不利克服馬」はライトフェアリーの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はモンドキャンノが出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、札幌競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がイッテツで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がメイソンジュニアでした。
私は、札幌11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3の新潟2歳ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はフィルハーモニーとシンデレラメイクとフロンテイアとコーデイエライトの4頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がムスコローソでした。
私は、新潟11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11Rのオープンの小倉日経オープンは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はサトノラーゼンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明適性の種牡馬適性が高い馬がロングリバイバルでした。
私は小倉11Rは過去に上位クラスで上位入着経験のあるバルーフに上記2頭を加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌3Rのシュクレビジュー、札幌4Rのタマモサーテインとサウスシュネル、札幌8Rのサンチャゴとレジメンタル、札幌9Rのマデイデイ、札幌10Rのヌーナ、新潟1Rのシガールとシゲルジャンボイモ、新潟6Rのエデイクト、新潟7Rのサトノオマージュとマコトグラヂウス、新潟8Rのレアドロップ、小倉3Rのアルバシュルク、小倉6Rのアトラーニ、小倉7Rのアドマイヤリアル、小倉9Rのオーバーカム、小倉10Rのメイショウボノム、小倉12Rのセンショウレイナに少々興味を持っております。
  

Posted by morishita1 at 16:54

2017年08月19日

科学的競馬投資コメント20170820

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG2の札幌記念は、「馬場脚質不利克服馬」はマイネルミラノの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はヤマカツエースとツクバアズマオーの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマウントロブソンで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がデイサイファとエアスピネルでした。
私は、札幌11Rはヤマカツエースを軸に上記馬達絡めた馬券を検討予定です。


新潟11RのオープンのNST賞は、「最強馬場脚質不利克服馬」はプルミラコロの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はドラゴンゲートの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がプルミラコロで、新潟競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がウオータールルドでした。
私は、新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11RのG3の北九州記念は、「最強馬場脚質不利克服馬」はダイアナヘイローの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はアクテイブミノウの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がホメグラネイトでした。
私は小倉11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌2Rのチルアウトとアドマイヤトリポル、札幌8Rのメイズオブオナー、新潟6Rのホウオウジャンプ、新潟12Rのラビットライズ、小倉2Rのラモントルドール、小倉3Rのプリンスオブペスカ、小倉7Rのクールデザイン、小倉8Rのブンブンブラウ、小倉10Rのタガノグロリオーサに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:51

2017年08月12日

科学的競馬投資コメント20170813

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG3のエルムステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はコスモカナデイアンとテイエムジンソクの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はコスモカナデイアンとテイエムジンソクの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がクリノスターオーで、函館競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がモンドクラッセでした。
私は、札幌11Rはコスモカナデイアンとテイエムジンソクの2頭を軸に上記馬達絡めた馬券を検討予定です。


新潟11RのG3の関谷記念は、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がトーセンデュークで、新潟競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がマルターズアポジーで、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高い馬がダノンプラチナでした。
私は、新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11Rの1600万の博多ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はコパノマリーンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はマサハヤドリームの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は小倉11Rは過去に同条件で2着2回のザツウルーエアーと上記2頭を加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌2Rのステイオンザトップ、札幌3Rのフィヴォーラとイノセントデイズとヴェンチュラガール、札幌8Rのジュアンマリエ、札幌9Rのデイアドーロ、新潟1Rのシャベルアンドレ、新潟3Rのムックンとバブルウイズジョイ、小倉3Rのタマモブローチとイルーシヴハピネス、小倉7Rのパレードに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:00

2017年08月05日

科学的競馬投資コメント20170806

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのオープンのUHB賞は、「馬場脚質不利克服馬」はアドマイヤゴッドの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がエポワスで、新潟競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がイッテツでした。
私は、札幌11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3のレパードステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はエピカリスとローズプリンスダムの2頭が出走しており「馬場脚質不利克服馬」はタガノカトレアとスターストラックとハルクンノテソーロの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はテンザワールドの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がイブキでした。
私は、新潟11Rは上記7頭を絡めた馬券を検討予定です。


小倉11RのG3の小倉記念は、「馬場脚質不利克服馬」はフェルメッツアとストロングタイタンとサンマツテインの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がシャドウパーテイで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く小倉競馬場適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がストロングタイタンでした。
私は小倉11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌4Rのミナミ、新潟3Rのバレッテイとリフトツーヘブンとラベルヴィイー、新潟4Rのニシノスマッシュとキスミーダーリン、新潟10Rのエルカミーノレアル、小倉3Rのアレラーモ、小倉7Rのファーマシストとピオニームーン、小倉8Rのアドナルシー、小倉10Rのシロニイに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:14