2017年09月30日

科学的競馬投資コメント20171001

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、

中山11RのG1のスプリンターズステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はダイアナヘイローの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がレッツゴードンキで、高齢馬適性の種牡馬適性の高い馬がダンスデイレクターで、中山競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がフィヅーシアでした。
私は、中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

阪神11Rのオープンのポートアイランドステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はアメリカズカップの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はボンセルヴィーソの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダート変更適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性の高い馬がマテンロウボスでした。
私は、阪神11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。




日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのマリノデイアラ、中山12Rのウインフェニックス、阪神1Rのテイカル、阪神3Rのデイープベイ、阪神8Rのフォーチューンキセキに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 16:50

2017年09月23日

科学的競馬投資コメント20170924

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、

中山11RのG2の産経オールカマーは、「馬場脚質不利克服馬」はタンタアレグリアの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はステファノスの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がステファノスとショウナンバッハとルージュバックで、
距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がモンドインテロでした。
私は、中山11Rはステファノスを軸に上記4頭を絡めた馬券を検討予定です。


阪神11RのG2の神戸新聞杯は、「馬場脚質不利克服馬」はアダムバローズとサトノアーサーとメイショウテシャの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアダムバローズとキセキとレイデオロの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がキセキで、4歳成長適性の調教師種牡馬適性の高い馬がサトノアーサーで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がアダムバローズとサトノアーサーで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がホウオウドリームとダンビュライトとベストアプローチでした。
私は、阪神11Rはアダムバローズとキセキの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。




日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのパリモンマルトルとラインマツシモ、中山3Rのラデイアンスウエイ、中山6Rのバブルウイズジョイ、中山8Rのコトブキファルコン、阪神1Rのアーヴァイン、阪神3Rのレデイアリエッタとコペルニクス、阪神12Rのべルクリアに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:54

2017年09月16日

科学的競馬投資コメント20170917

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、

中山11Rのオープンのラジオ日本賞は、「馬場脚質不利克服馬」はコスモカナデイアンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がタムロミラクルでした。
私は、中山11Rは上位クラスでの競馬経験が多いカゼノコに上記2頭を加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG2のローズステークスは、「馬場脚質不利克服馬」ブラックスピーチの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は5頭で、4歳成長適性の調教師種牡馬適性の高く距離短縮適性が高い馬がブラックスピーチで、4歳成長適性の調教師種牡馬適性の高い馬がブライトムーンとラビットランで、距離短縮適性が高い馬がミスパンテールで、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がクイーンマンボでした。
私は、阪神11RはG1で2着2回の経験があるリスグラシューに上記5頭を加えた6頭を中心に馬券を検討予定です。




日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山4Rのレッドオリアナ、中山7Rのラベルヴィー、中山12Rのダノンアイリス、阪神1Rのサンドクイーン、阪神2Rのシゲルホウレンソウ、阪神4Rのオーシャンセブン、阪神7Rのクールデザイン、阪神9Rのメイショウボノムに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 14:31

2017年09月09日

科学的競馬投資コメント20170910

さて今週の2競馬場のメインですが、

中山11Rのオープンの丹頂ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、休養明距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がガルバルデイとウインフルブルームとミッキージョイでした。
私は、中山11RはG3を2勝しているマルターズアポジーに上記3頭を加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG2のセンツールステークスは、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」共に1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、阪神競馬所Y適性の種牡馬適性が高い馬がフィドウーシアとメラグラーナでした。
私は、阪神11Rは上記2頭を軸に馬券を検討予定です。




日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山10Rのナイトフォックス、阪神1Rのライナスとゲンデステイニー、阪神7Rのヤマヒサ、阪神8Rのヤマニンシルフとオーバーカム、阪神12Rのマテラアリオンに少々興味を持っております。







  
Posted by morishita1 at 17:00

2017年09月02日

科学的競馬投資コメント20170803

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11Rのオープンの丹頂ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はラブラドライトの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はタマモベストプレイとサラトガスピリットの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がタッチングスピーチでした。
私は、札幌11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3の新潟記念は、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」共に1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がロイカバードで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がハッピーモーメントでした。
私は、新潟11Rは上位クラスで上位入着経験があるアストラエンブレムとトーセンバジルに上記2頭を加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11RのG3の小倉2歳ステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はタイセイソニックの1頭が出走しており「馬場脚質不利克服馬」はアサクサゲンキとナムラアッパレとシトリカとジュンドリームとモズスーパーフレアの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はベイシャルアスサトノラーゼンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がモズスーパーフレアで、小倉競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がオーロスターキスで、小倉競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がアサクサゲンキで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がヴァイザーでした。
私は小倉11Rは上記8頭をうまく絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌2Rのアクアリブラ、札幌6Rのユキノカトレア、札幌9Rのアルマレイモミ、札幌R10のモントアレグロ、新潟12Rのオーバーウエルモム、小倉4Rのワンダーゴレイロ、小倉6Rのダノングローリア、小倉7Rのジュンテオローラ、小倉8Rのグランドポピー、小倉12Rのエイシンキスミーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:01