2017年10月28日

科学的競馬投資コメント20171029

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


新潟11Rのオープンのルミエールオウタムダッシュは、「馬場脚質不利克服馬」はアクテイブミノルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、新潟11Rはオープン3勝のナックヴィーナスとオープン2勝のラインスピリットの2頭に上記アクテイブミノルを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11RのG1の天皇賞は、「馬場脚質不利克服馬」はシャケトラとサトノクラウンとネオリアリズムの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はリアルステイールの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く東京競馬場適性の種牡馬適性の高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がソウルスターリングで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマカヒキで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性の高い馬がミッキーロケットで、距離短縮適性の種牡馬適性の高い馬がカデナで、東京競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がサトノクラウンでした。
私は、東京11Rはリアルステイールを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。

京都11Rのオープンのカシオペアステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はキョウヘイの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はパールコードとシャルールの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、京都11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟2Rのデンコウメジャー、新潟8Rのダノングランツ、東京3Rのノヴィア、東京6Rのダイヤインザライフ、京都2Rのタガノヒバナとワールドカフェに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 16:43

2017年10月21日

科学的競馬投資コメント20171022

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


新潟11Rの1600万の北陸ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はデイオスコリダーの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はゼンノサーベイヤーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がゼンノサーベイヤーで、新潟競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がリハングリーベンでした。
私は、新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのブラジルカップは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はメイショウウタゲの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高く4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性の高く芝ダ変更適性の種牡馬適性の高く東京競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がラニでした。
馬場が悪化したらラニに有利です。
私は、東京11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

京都11RのG1の菊花賞は、「最強馬場脚質不利克服馬」はクリノヤマトの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はマイネルヴンシュとアダムバローズの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアルアインとサトノクロニクルの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性の高く京都競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がベストアプローチで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性の高い馬がサトノアーサーとポポカテベトルとアルアインでした。
馬場が悪化したらステイッフェリオに特に有利で、サトノアーサーとアルアインも有利です。
私は、京都11Rはアルアインを軸に上記7頭を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟8Rのケイビイノキセキ、新潟10Rのロードソリスト、東京1Rのジュンパッション、東京3Rのニシノラブコール、東京6Rのチリーシルバー、東京12Rのサトノダビンチ、京都1Rのトラストノブナガとビッグウエーブ、京都2Rのキーフラッシュ、京都8Rのオーヴァーライトとフィルハーモニーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:53

2017年10月14日

科学的競馬投資コメント20171015

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


新潟11Rのオープンの信越ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はベステンダンクとコウエイタケルの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はトーキングドラムの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更適性の調教師種牡馬適性が高く新潟競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がリエノテソーロでした。
私は、新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのオクトーバーステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はストロングタイタンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はマウントロブソンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がストロングタイタンで、距離延長適性の種牡馬適性の高い馬がロジチャリスで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマウントロブソンでした。
私は、東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

京都11RのG1の秋華賞は、「馬場脚質不利克服馬」はカワキタエンカとアエロリットとリカビトスの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がブラックスピーチとラビットランでした。
私は、京都11Rは5頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟12Rのダノンデイーヴァとレッドアメリア、東京1Rのハウナニ、東京2Rのアルファーテイハ、東京10Rのモンドアルジェンテ、京都2Rブルヴェルソン、京都12Rのモルジアナとスズカアーサーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:45

2017年10月07日

科学的競馬投資コメント20171008

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、

東京11RのG2の毎日王冠は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらずり、「複勝軸馬候補」はサトノアラジンとマカヒキとソウルスターキングの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬が高く東京競馬場適性の種牡馬適性の高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がソウルスターキングで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマカヒキでした。
私は、東京11Rは上記3頭に加えて坂路調教がよかったグレーターロンドンを加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。

京都11Rのオープンのオパールステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はコウエイタケルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はキングハートの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダート変更適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性の高い馬がマテンロウボスでした。
私は、京都11RはG1で3着の経験のあるソルヴェイグに上記2頭を加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。
日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのラヴィーズロマーン、東京7Rのデイーワンプリモ、京都1Rのテオゲネス、京都12Rのオールポッシブルに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:54