2017年12月23日

科学的競馬投資コメント20171224

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、


中山11RのG1の有馬記念は、「馬場脚質不利克服馬」はシュバルグランとサトノクラウンとトーセンヴクトリーとスワードリチャードとプレスジャーニーの5頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はシュバルグランとサトノクラウンとトーセンヴクトリーの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離適性の種牡馬適性が高い馬がサトノクラウンで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がサクラアンプルールとサトノクロニクルでした。
私は、中山」11Rはシュバルグランとサトノクラウンの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。


阪神11Rの1600万のサンタクロースステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はクリノヤマトオーの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はマウントゴールドの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はタンビュライトとロードアルバータの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がロードアルバータで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がタンビュライトでした。
私は、阪神11Rはタンビュライトとロードアルバータの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのホウオウウイング、中山3Rのマカロンとメイモアナ、中山6Rのアズレージョ、阪神1Rのアスピシア、阪神2Rのアウトバーン、阪神3Rのオルボンデイール、阪神7Rのスーセントマリー、阪神9Rのタガノタイトに少々興味を持っております。
  

Posted by morishita1 at 17:09

2017年12月16日

科学的競馬投資コメント20171217

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


中山11Rのオープンのデイセンバーステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はストロングタイタンとグレーターロンドンの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がストロングタイタンで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がハートレーで、芝ダ変更適性の調教師種牡馬適性が高く阪神競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がレッドレイヴンでした。
私は、中山」11Rはストロングタイタンとグレーターロンドンの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。

中京11Rの1600万の三河ステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はオールポシブルの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はエルフィンコープの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアデイラートとヒデノインペリアルの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアデイラートでした。
私は、中京」11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の朝日杯は、「最強馬場脚質不利克服馬」はダノンプレミアムとケイテイクレバーの2頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はフロンテイアとムスコローソの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はタワーオブロンドンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は7頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く阪神競馬場適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の調教師種牡馬適性が高い馬がタワーオブロンドンとステルヴィオで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がファストアプローチで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がダノンプレミアムとライトオンキュウとアサクサゲンキで、阪神競馬場適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の調教師種牡馬適性が高い馬がダノンスマッシュでした。
私は、阪神11Rはタワーオブロンドンを軸に馬達を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのハードリバーとハガキノハナ、中山2Rのノーザンクリス、中山7Rのトーセンエターナル、中山9Rのワイルドダンサー、中京1Rのメイショウクール、中京3Rのフレグラントプレス、中京6Rのロードキング、中京7Rのシンボリバーグ、中京9Rのクラウンマグマ、中京12Rのアガステイア、阪神1Rのスリーヘリオス、阪神2Rのウインネプチューンとノーブルスピリット、阪神3Rのカネトシピュールとウエスタンヒューズ、阪神8Rのブレインハート、阪神10Rのロイカバードに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:51

2017年12月09日

科学的競馬投資コメント20171210

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


中山11RのG3のカペラステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はプルミラコロとデイオスコリダーとドラゴンゲートとショコラブランとキャプテンンシップの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はブルドッグボスの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、中山」11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。

中京11Rの1000万の名古屋日刊スポーツ杯は、「馬場脚質不利克服馬」はトレジャートローヴとジャーミネイトとスズカデイープの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はトレジャートローヴとダノンキングダムの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がエーテイサンダーでした。
私は、中京」11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の阪神ジュベナイルFは、「最強馬場脚質不利克服馬」はコーデイエライト1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はリリーノーブルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、阪神競馬場適性の種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がグリエルモで、阪神競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がナデイアとラスエモーショネスとモントアレグロで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマウレアとトーセンプレスでした。
私は、阪神11Rは上記8頭を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのコウユーホクト、中山2Rのフジノシャイン、中京1Rのメジャーマジックとアドマイヤクイーン、中京2Rのチカノワール、中京3Rのブックリシタナモー、中京8Rのハーツブライト、阪神1Rのクリノカナリアオーとセンスオブワンダーとビーチキャンドル、阪神2Rのパールウエデイングとテオゲネス、阪神3Rのマーテインルナに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:41

2017年12月02日

科学的競馬投資コメント20171203

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


中山11Rのオープンのラピスラズリステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はナックビーナスの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がエイシンブルズアイでした。
私は、中山」11Rは上記2頭を軸に馬券を検討予定です。

中京11RのG1のチャンピオンズカップは、「馬場脚質不利克服馬」はミツバとアポロケンタッキーとローズプリンスダムの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はノンコノユメの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離適性の種牡馬適性が高アポロケンタッキーとアウオデイーでした。
私は、中京」11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11Rの1600万の逆瀬川ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はボルトドートウイとタニノアーバンシーの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はサトノアリシアとボルトドートウイとタニノアーバンシーの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、阪神11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのミッキーパパイヤ、中山4Rのスプリングダイヤ、中山7Rのセイウンスパイ、中京2Rのアウエイクとアオイテソーロ、阪神2Rのブースター、阪神3Rのチャーチタウン、阪神6Rのミコデイギーラブ、阪神8Rのグランドボビー、阪神9Rのスーサンドンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:40