2018年02月24日

科学的競馬投資コメント20180225

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


中山11RのG2の中山記念は、「馬場脚質不利克服馬」はアエロリットの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアエロリットとヴィブロスの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、中山」11Rは上記2頭を軸に馬券を検討予定です。


阪神11RのG3の阪急杯は、「馬場脚質不利克服馬」はヒルノデイバローの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、芝ダ変更出走適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマイネルバールマンで、阪神競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がモズアスコットでした。
私は、阪神11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

小倉11Rの1600万の関門橋ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はオブリゲーションの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、小倉競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がタニノアーバンシーでした。
私は、小倉11Rは上位クラスで活躍していたプロフェットに上記2頭を加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのロードハナブサ、中山3Rのアポロレイア、中山5Rのオメガハードビート、中山8Rのニシノストーリー、阪神3Rのバクスデイオラムとアメリカンエース、阪神9Rのビッグスモーキー、阪神10Rのタガノベローナ、小倉1Rのスピリットワンベル、小倉4Rのビーチキャンドル、小倉12Rのテルナノーグに少々興味を持っております。


  

Posted by morishita1 at 17:25

2018年02月17日

科学的競馬投資コメント20180218

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


東京11RのG1のフェブラリーステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はテイエムジンソクとサンライズノヴァとベストウオーリアの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はゴールドドリームの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬特性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストウオーリアで、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がレッツゴードンキでした。
私は、東京」11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11Rのオープンの大和ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はモンドクラッセの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、京都11Rはこのクラスで2勝のコウエイエンブレムと上記モンドクラッセの2頭を軸に馬券を検討予定です。

小倉11RのG3の小倉大賞典は、「最強馬場脚質不利克服馬」はトリオンフの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はサトノステイングとストレンジクオークの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はサトノアリシアとダンシングブレイズの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明け適性の距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高く小倉競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がダンシングブレイズでした。
私は、小倉11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのサマーボーイ、東京2Rのプレシャスリーフ、東京3Rのジェイエルスピード、東京9Rのモリノラポスとワークアンドラブとタイキフェルヴォール、京都2Rのビップロベルト、京都6Rのロードエース、京都7Rのアサケハーツ、京都8Rのナインオクロック、小倉1Rのサムライロード、小倉3Rのシゲルジャガイモ、小倉12Rのウラガーノに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:33

2018年02月10日

科学的競馬投資コメント20180211

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、


東京11RのG3の共同通信杯は、「馬場脚質不利克服馬」はアメリカンワールドとグレイルとプラゾンダムールとエイムアンドエイドとゴーフォザサミットの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアメリカンワールドとグレイルの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノソルタスでした。
私は、東京」11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG2の京都記念は、「馬場脚質不利克服馬」はテイアドラとプリメラアスールの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアルアインとレイデオロとミッキーラケットとモズカッチャンの4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアルアインでした。
私は、京都11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京4Rのピースフルメモリー、東京5Rのアシャカデッシュ、東京8Rのタケルラムセス、京都1Rのバイタルコード、京都2Rのメルコメダ、京都4Rのデバインプリーズ、京都7Rのビップソルダー、京都8Rのシャイニーゲールに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:41

2018年02月03日

科学的競馬投資コメント20180204

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、


東京11RのG3の東京新聞杯は、「馬場脚質不利克服馬」はクルーガーとハクサンルドルフの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はダノンプラチナとグレーターロンドンとリスグラーシュの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノアレスでした。
私は、東京」11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG3のきさらぎ賞は、「馬場脚質不利克服馬」はオーデットエールとグローリーヴェイズとレッドレオンの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はオーデットエールとカツジの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がレッドレオンとダノンマジェステイで、京都競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がスーサンドンでした。
私は、京都11Rはオーデットエールを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京3Rのノヴィアとダイワルーシーとリビングマイライフ、東京6Rのンオーザンライアン、東京7Rのクワトロガッツ、東京9Rのキングスヴァリュー、京都12Rのショウウエイに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:25