2006年09月10日

科学的競馬投資コメント20060910

先週お話させて頂いた様に、私くし最近単勝に関して興味を持ち始めておりまして、単勝に関して、オッズ理論やAdinpick3の最終総合順位1位(印◎)馬や上位入着予想ランク馬に関して平均配当金額なども含めて各種分析・シミュレーションをしてみました。

あくまで、シミュレーション結果ですが、単勝に関して、過去4年間の新馬戦・障害戦を除いたレースでの発生率・的中率・平均配当金額・回収率は以下になりました。

分類 発生率 的中率 平均配当 回収率
1番人気馬 33.1 33.6 228 76.5
2番人気馬 18.3 18.7 425 79.6
3番人気馬 13.2 13.5 619 83.6
印◎馬 33.0 32.0 393 125.9
印◎1番人気馬 19.9 43.0 209 90.0
印◎2番人気馬 6.3 29.3 399 116.8
印◎3番人気馬 3.0 23.8 580 137.8
上位入着ランク予想A馬 13.1 35.0 368 128.6
上位ラA1番人気馬 7.9 47.6 196 93.2
上位ラA2番人気馬 2.6 30.2 393 118.5
上位ラA3番人気馬 1.2 24.2 566 136.9
今回のシミュレーション結果からは、
1.1番人気馬は、どんな場合でも回収率100%を超えない
2.Adinpick3の印◎が2・3番人気馬の場合は、回収率100%超える可能性が高いが、発生率が非常に低く、1日1−3レース位しか発生しない。
ということで、特に、3番人気馬の場合に単勝購入したら良いと言うシミュレーション結果でしたが、発生率が
印◎で3番人気馬は3%の発生率
上位ランク予想Aで3番人気馬では1%の発生率
とほとんど発生しないという結果でした。

そこで、試しに、印が◎○▲の3頭、上位入着ランク予想がAあるいはB馬でシミュレーションしてみました結果は、以下になりました。
分類 発生率 的中率 平均配当 回収率
1番人気馬 33.1 33.6 228 76.5
2番人気馬 18.3 18.7 425 79.6
3番人気馬 13.2 13.5 619 83.6
印◎○▲馬 63.9 21.0 557 117.0
印◎○▲1番人気馬 29.3 37.7 220 83.0
印◎○▲2番人気馬 13.7 22.8 410 93.5
印◎○▲3番人気馬 8.4 18.5 602 111.0
上位入着ランク予想AB馬 36.7 26.1 422 110.2
上位ラAB1番人気馬 20.1 40.2 209 83.8
上位ラAB2番人気馬 8.1 24.9 398 98.9
上位ラAB3番人気馬 3.9 19.2 593 113.7
というシミュレーション結果で、
印が◎か○か▲で3番人気の場合に単勝馬券を買うと発生率が8.4%で回収率が110%位になるという結果になりました。発生率8.4%ということは1日に1競馬場で1レース発生ということですが、的中率18%ですので5レースに1回の的中ということで、これでもあまり現実的でない結果と思われます。

今までの分析・シミュレーションの結果からは、オッズ理論を組み合わせた場合は、非常に発生率が低いというのが現実のようです。
発生率が低いのに、常にオッズとにらめっこをする必要があるわけです。朝10時から夕方4時頃まで、常に全レースの発走締め切り前のオッズを取得してチェックする必要があるわけです。なかなか大変で忍耐が必要になります。
そこで、Adinautobetの自動運転の仕様の必要性が生まれた訳です。
Adinautobetでの自動運転とは、Adinautobetであらかじめ購入予定の買い目を登録しておいて、発走3−5分前位の最新のオッズ・馬体重・天候馬場等データを取得して設定したパラメータに基づき購入判定をして、購入ということになればIPAT自動投票をするという機能ですが、私も色々と考えましたが、この馬券購入判定の判定基準はユーザー様個々に異なるはずという結論に達し、Adinautobetではごくごく一般的な標準パラメータを参考ということでパラメータ候補としています。

一応、今回の各種分析・シミュレーションの結果を踏まえて、オッズ理論と組み合わせた買い目印◎の単勝購入判定機能を含んだ標準パラメータの設定が可能な「購入判定機能」をAdinpick3の次期バージョンに機能追加予定です。
これに伴い10月度基準値にも買い目◎の単勝購入判定基準を追加予定です。

ところで、10月末頃にリリース予定でした、Adinpick3の非蓄積型の予想機能を保有した自動投票ソフト:Adinautobetですが、JRA−VANでのソフト登録審査が思いのほか早く完了して、本日9月10日にリリースさせて頂いております。
Adinpick3との連携も図れますので、一度試用して頂ければ幸いです。

科学的競馬投資ソフトAdinpick3は、常に上位入着の要因(原因)を発見・確認するために各種分析・シミュレーションを継続して行っており、回収率向上に向けて、基準値改定及びソフトバージョンアッを行っていきますので、今後とも科学的競馬投資を宜しくお願いする次第です。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/morishita1/50710579