2018年03月31日

科学的競馬投資コメント20180401

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、


中山11Rの1600万の船橋テークスは、「馬場脚質不利克服馬」はダイトウキョウとダイメイプリンスの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がクラウンアイリスでした。
私は、中山」11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の大阪杯は、「最強馬場脚質不利克服馬」はトリオンフの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はシュバルグランとスワーブリチャードの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はシュバルグランとスワーブリチャードとサトノダイヤモンドの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がゴールドアクターで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアルアイでした。
私は、阪神11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山3Rのム0ルヴェドールとデルエデンとグローリーシーカー、中山5Rのヴァザーリ、中山8Rのタイセイヴィクター、中山12Rのサレンテイーナ、阪神3Rのウオーターロレンスとシグナルコール、阪神4Rのレッドガラン、阪神5Rのモアイ、阪神7Rのマンボスカイに少々興味を持っております。







Posted by morishita1 at 19:50