2014年08月07日

 舞台「山犬」7日(木)が初日です。

                           IMG_7731
 ご無沙汰しています。
 
 じわじわと夏がやってきたなーなどとのんびりとしたことを思っていたら、あれよあれよという間に舞台の稽古が始まり、本格的に夏がやって来たぞと思ったら、とうとう初日になってしまいました。非常に慌ただしい数ヶ月間でした。
 
 以前にもアナウンスしましたが、舞台「山犬」は以下のスケジュールで公演します。

 OFFICE SHIKA PRODUCE
「山犬」 http://shika564.com/yamainu/

【作・演出】
丸尾丸一郎

【出演】
鳥肌実
森下くるみ
オレノグラフィティ
山岸門人
ISOPP
丸尾丸一郎

【会場・日程】
東京公演/座・高円寺1
(日本劇作家協会プログラム)

8月7日(木)19:00
8日(金)19:00
9日(土)14:00/19:00
10日()14:00
11日(月) 休演日
12日(火)19:00
13日(水)19:00
14日(木)19:00
15日(金)19:00
16日(土)14:00/19:00
17日()14:00

大阪公演/ABCホール

8月21日(木)19:00
22日(金)19:00
23日(土)14:00/19:00
24日()15:00

【チケット】
料金(全席指定・税込) 4,900円
学生 3,500円
※学生券は、一般発売後にお取扱いします。

 初日および土曜日、日曜日のチケットは残席僅かになっていますので、ご興味ある方はご連絡下さればチケットの取り置きをさせて頂いています。8月13、14、15日は比較的、お席が取りやすいようです。

 簡単なあらすじはというと……。

…………………………………・

 10年振りに故郷に戻ってきた友部ユキ。同窓会で高校時代の親友・ヒロキとイイダに再会するが、3人に「テラニシカツヒコ」という旧友から謎めいた手紙が届いていることがわかり、手紙の文面にあった「タイムカプセルを埋めた裏山」に行くことにするが……。

…………………………………・

 上映時間は1時間50分前後の予定です。

 ふー。どうなるかな。

 自意識だのなんだのをかなぐり捨て、格好つけたり遠慮したり引っ込んだり躊躇ったり出し惜しみしたりなど一切せず、真っ直ぐに向かっていけたら、と思ってはいるのですが。

 ではでは。まずは高円寺にてお待ちしています。

morisitakurumi at 01:52|Permalink

2014年05月09日

舞台に出ることになりました。

                   yamainu_photoWEB用_森下くるみ

 OFFICE SHIKA×Cocco「ジルゼの事情」につづく、OFFICE SHIKA PRODUCE 第二弾!
……ということで、詳細は以下です。

 OFFICE SHIKA PRODUCE
「山犬」 http://shika564.com/yamainu/

【作・演出】
丸尾丸一郎

【出演】
鳥肌実
森下くるみ
オレノグラフィティ
山岸門人
ISOPP
丸尾丸一郎

【会場・日程】
東京公演/座・高円寺1
(日本劇作家協会プログラム)

8月7日(木)19:00
8日(金)19:00
9日(土)14:00/19:00
10日(日)14:00
11日(月) 休演日
12日(火)19:00
13日(水)19:00
14日(木)19:00
15日(金)19:00
16日(土)14:00/19:00
17日(日)14:00

大阪公演/ABCホール

8月21日(木)19:00
22日(金)19:00
23日(土)14:00/19:00
24日(日)15:00

【チケット】
料金(全席指定・税込) 4,900円
学生 3,500円
※学生券は、一般発売後にお取扱いします。


 一番に避けていた「舞台」というものを、このタイミングでやることの不思議。
他ならぬ「劇団鹿殺し」(アスリート集団! )からの依頼だったので、
よく考えた末に、よしやるぞと決めて引き受けたんですが、いまだに何でこうなったのか、謎です。
なぜわたしだったのか、わたしも何で承諾したのか、不思議なことだらけ。
 近々、つれづれなるままに、舞台や芝居について書いてみようと思います。

morisitakurumi at 16:40|Permalinkお知らせ、的なモノ | 仕事

2014年05月08日

花火思想:トークイベント

                                                  写真 (4)

 3日くらい停めっぱなしになっているチャリを迎えに行く前に、更新。

 ☆2014.5.15(木)
 ☆京都立誠小シネマ http://risseicinema.com/
 ☆大木萠監督作『花火思想』17:00の回上映後、約15分ほどトークをします。
 主なお題は、映画の中にもたくさん出てきますが、「おっさん」について。

 女性の中で、男性性がぐんぐん育っていることは確かで、大木監督にはその自覚があるのかな、ということも聞いてみたいです。それくらい、この作品には女性目線というものが通用しない。
 それと、大木監督の送ってくれた封筒に書かれた筆跡が、わたしのものに似ていて、これも一体何でなのかなーと、そういう変な興味もあります。どうやらお互いの生い立ちに関しても共通項があるそうな。いろいろと楽しみです。

 写真はいつのか忘れたけれど、天津さんという可愛い女の子に撮ってもらいました。

morisitakurumi at 16:45|Permalink映画 | お知らせ、的なモノ

2014年05月07日

青春映画読本(の、ススメ)

 寄稿した「観ずに死ねるか ! 傑作青春シネマ邦画編」が発売中です。Amazonでは品切れが続いているようです。ジュンク堂や紀伊國屋に行けば平積みしてあるかも。

 
  【本書は1970年代以降、日本で製作・公開された青春映画の傑作を約90本集め、クリエイター、パフォーマー、文筆家が極私的な視点から作品への想いを語った1冊】
 というわけで、わたしは2012年公開、濱口竜介監督作『親密さ』について書きました。

 
 青春とはなにか、いつそんなもんに触れたのか、考えれば考えるほどわからない。もやもや。で、締め切りをぶち破り、つぎつぎと襲いかかる、自己卑下、自己憐憫、自己愛をバシバシ斬り捨て、自意識をぷちぷち潰し、なんとか脱稿。
 ほんと、青春なんてめんどくさいだけだよなと思った。でも、本心では、まだ青春らしきものを追いかけたがっているから、これもまたほんとに厄介なわけで。

 他にも、みうらじゅんさん、園子温監督、水道橋博士、宇多丸さん、成海璃子さんなど、書き切れないくらいたくさんの方々が、青春の煌めきや無様さを絡めて作品を語っているので、ぜひとも読んでみてください。5月下旬にはテアトル新宿にて出版記念上映もあります。よろしくどぞ。
 



morisitakurumi at 12:57|Permalink仕事 | その他の趣味

2014年05月06日

コメント!

                            IMG_0479

 お晩です。
 5月か。「がんばって更新するぞ」とか言うと、逆に更新が滞ってしまうこの性。
よくないな、だらしないよな、とか思いつつ、また告知なんかで茶ぁ濁してからつらつら書き続けていこうと思います。

 公開中、公開予定の映画にコメントをよせているので、お知らせします。

 
 まずは今泉力哉監督作『サッドティー』。脱力系恋愛映画。キャッチコピーは「ちゃんと好きって、どういうこと? 」。
 嘘も真実もたいして変わらないのだということと、上手でそつのない恋愛なんて、そんなもんつまらんよ、と言い切ってしまっていいが、声高らかに恋愛賛歌すんのも気持ちが悪い……、と考えがぐるぐるしている人におすすめです。曖昧なままでも、恋は恋。

 
 そして映像制作集団ウカマウの長編映画『ウカマウについて。どのみち逃げられないのだけれど、これはぜひ映画館で。新宿Ksシネマで公開中。

 もうひとつ、ワン・ビン監督の新作ドキュメンタリー『収容病棟』についても書きます。これは現実なの? と混乱しているところです。

 次の告知はまた明日。よろしくどうぞ。
 



morisitakurumi at 22:06|Permalink映画 | お知らせ、的なモノ

2014年04月23日

深夜通信

IMG_2777IMG_2852IMG_2867IMG_2862

IMG_2843IMG_2906IMG_2833IMG_2890

 かたじけにゃー
 また、久々の更新となりました。
 しかも、ずいぶんと間が空いたのにも関わらず、深夜の飯テロなんていう暴挙……。

 
 いいんですよ。
 お腹、減ったらいいじゃない。
  

 左から。
 秋田の山間部で食べたミニきりたんぽ鍋→ 我が家の本格派角煮→ 出来上がった角煮丼
→ 朝食に、野菜と鮭→ (下段左から)カニクリームパスタ→ ハネ有り餃子→ 白米、明太子のせ→ 我が家の辛い麻婆丼。

 美味しいご飯は、善。どんな絶望からも救ってくれます。

 では、おやすみなさい。



morisitakurumi at 00:49|Permalink飯写 | 喰いモノ・酒

2014年02月27日

まいでば!

                                                   __

 「包丁一本 晒にまいて、旅に出るのも板場の修行……」


 というわけで、出刃を持たされました。出刃、(語感も)かっこいい。でばデバDEBAAAAAAA。

 いい道具に負けぬように、飯作りの腕にますます磨きをかけよう。なんて誇らしげに、ばすばすと小気味よくニンジンを切っていたら、うっかり親指の先を削ぎそうに。あぶねー。嫁に行けない体になるところだった。

 ちなみに、♪包丁一本……は、こんな歌です↓
 今に始まったことではないけれど、最近は特に、精神加齢の速度が上がってて、なんかいろいろとマズい気がするなあ。

                

morisitakurumi at 19:46|Permalinkひと口日記 | 喰いモノ・酒

2014年02月26日

3月1日に京都シネマさんにお邪魔します。

 2月15日は『太秦ヤコペッティ』のトークショーで元立誠小シネマさんへお邪魔したのですが、3月1日(土)は京都シネマさんの方へ参上致します。『インターミッション』16:40〜の回の終了後です。

 樋口尚文監督と私のトークに、今回はMCで女優の小滝香蓮さんもご参加くださいます。クラシックな映画でも、最近観た映画でも、いろいろな方向から映画の話ができたらいいなーと、また得意の希望的観測ですが……。
 いよいよ3月に入るので、少しでも暖かな気候になるといいですね。

 それと、追記です。
 こんなことは自分のブログに書きたくはないのですが、大阪の北川さんという方はイベントの出入りは禁止になっているので、立ち寄らないでください。見かけ次第、関係者に伝えてお帰り頂きます。以上。

 
 特定の事務所に所属せずに活動すると、不愉快なことがあっても自分で自分の身を守らなくてはいけないですし、長年の経験で多少のことは無視したり流したり、30分後にはすっかり忘れることもできたりするのですが、まぁ、これ以上我慢をする必要もないなと思う次第。
 
 ああ、なんか腹が立ってきたぞ……。

 おっと。気を取り直して……。
 何卒よろしくお願いします。

 ではではまたぁ。
 



morisitakurumi at 07:46|Permalinkお知らせ、的なモノ | 映画

2014年01月29日

2013年秋と冬

 2013年秋冬の日常を総ざらい、新陳代謝して流してく作業を。
 福井、門司港、京都、千葉、家、出雲、湯、波照間島、秋葉原、上野など。

 活発でしたね。
 主に遠くの景色と、食べ物ばかりを見ていました。
 徐々に暮れていく空。それは起こってしまったのだからしかたがない。抗わないし、囚われないでいよう。

 
s-IMG_2578
s-IMG_2579s-IMG_2600s-IMG_2617s-IMG_2635

s-IMG_2583s-IMG_2597s-IMG_2590

 ニコラス・レイがニヤリ。

s-IMG_2606s-IMG_2696s-IMG_2708s-IMG_2697

s-IMG_2760s-IMG_2569s-IMG_2651

s-IMG_2727s-IMG_2746s-IMG_2747s-IMG_2759

 鷹先輩。そに子の憂鬱。

s-IMG_2739s-IMG_2547s-IMG_2674s-IMG_2719

 2014年度もお世話になります。日に焼けた私。肉、と池に遊ぶ鯉とか。

 今年の抱負などはとくにありませんが、もっともっと自由になめらかに書くことができるようになる、はず。


             
  カイリーの可愛いPV。

morisitakurumi at 11:09|Permalink日常 | その他の趣味

2014年01月21日

2014年、初の更新ってアンタ!

                                                            IMG_1820 (2)

 おお、去年の夏から更新がされていない!

 とまぁ、素晴らしく間が空いてしまいましたが、ひとまずの投稿を……。明日、ちゃんとした記事を書きますね。
 まずは去年の後半に撮り溜めた写真を、ぶぁぁあぁぁああああぁっと載せることになりそうです。嗚呼。
 


morisitakurumi at 23:28|Permalink独り言 

2013年08月31日

北京→帰国

                                        s-IMG_2375
 おはようございます。
 さて、帰国の日です。夜に日本に着く予定。
 あっという間の2週間でした。

 書店でひと目惚れした絵が清時代末期に活躍した任伯年という画家のもので、実物が中国美術館(いま泊まってるホテルからは電車で15分くらい)に収蔵されているとのことなんで、帰国前に寄ってみるつもりです。帰る間際までバタバタしている……。こういう性分なのですね。

 とにかく、怪我などひとつもなく(中盤、体調を崩したけど)、なくしたものもなく、日に焼けてうなじに襟首マークがついたくらいで、心身ともに無事です。

 しかし帰国した直後にまた別の土地に数日滞在するので、自宅に帰るのはもうすこし先。そうこうしているうちに夏が去ってしまいます。
 色々あったなあ。今年の夏はとりわけ短かかったです。でも、すでに秋が待ち遠しい。

 あと、「FBからのお知らせ」というのがHotmail宛てに届いたんですが、「メールが30件、poke(これ何?)が13件、リクエストが20件きています!」なんていうことになっている模様。でも、携帯やPCの方に緊急メールなどは特に来ていないので、ほとんど呪詛というか迷惑的なものでしょう。
 業務連絡・お誘いメールなど、明日の夜にまとめて確認しますのでいましばらくお待ちください。

 ※画像:泰山を登り切り、頂上で食らったスイカ。格別の味でした。
 私もう来春あたり、今度は上海を拠点にして山東省にある孔子廟に行こうとしていますよ。落ち着きないなあ。

morisitakurumi at 06:30|Permalinkその他の趣味 | 仕事

2013年08月18日

in 北京

                                 
                               IMG_2316
 いま、北京におります。中国の映画に出演、とかではなく、PC背負って執筆のための自主取材にやって来ました。
 
 初めて北京に来たのは11年前、今回で2回目。
 そのときと同じ老舗ホテルに泊まっているんですが、この近隣(「胡同」という伝統ある地域)はずいぶんと様変わりしてしまっていました。ちょっと、ショックでした。

 時は流れるものだから仕方ないね、と納得したいところですが、本当にこうしなきゃいけなかったのかなあ、という疑念の方が正直強いです。物静かな下街は見かけだけ中華風の下衆い観光地となっていました。

 ま、でもわたしのような日本人にわか観光客が、中国の商売事情に首を突っ込んでケチを言ったりするのは筋違いというもの……。明日にはこのホテルから離れ、もうちょい静かな場所に移動です。

 そういえば、中国からはfacebookとツイッターにはログインできません。
 中国では一部のSMSに全面的に規制がかかっているのです(とはいえ規制をかいくぐる方法もあり、それはけっこーユルい)。「このページは表示できません」の一点張り。こわいこわい中国こわい。

 そんなわけで、この記事を更新したらfacebookとツイッターのTLに一応流れるんですが、月末までコメントやDMは一切チェックできないので、用事のある方はPCメールかiphoneアドレスに直接メールをください。よろしくどうぞ。

 ではでは、まだ滞在2日目ですが、来週から地方探索をするんでその計画を練りつつ、原稿(PC)に向かいます。

 P.S さっそく北京のIMAXシアターで3D映画を観て来たので、編集長や入江さんに了承を得ていないけれど、北京の映画館事情を出来立てほやほやでメルマガにてお届けしようと思います。 http://www.mag2.com/m/0001320971.html →こちらでお試し登録をして読んでみてくださいねー。

 ※画像は宿泊している部屋。机が大きくて作業しやすいです。コンセントが最初からどの国のプラグにも合うようになってて、助かったー。
 TVはあっても冷蔵庫がない部屋で、そこそこ快適に過ごしています。続きを読む

morisitakurumi at 21:19|Permalinkひと口日記 

2013年07月26日

【7月28日(日)】【渋谷アップリンク】【飲みましょう】

                        11
                  
 すごいなー。いつの間にか2ヶ月に1回の更新になってる。
 て、感心している場合じゃないんだけど……ね。 

 さて、ちょいと久々に告知です。  
■7月28日(日) 
■「BLACK SUNDAY ─ 暗い日曜日」  『ジャンクフィルム 釣崎清隆残酷短編集』 (2007年) 
■17:00開場/17:15より上映 1500円(1ドリンク付き)  
■渋谷アップリンクファクトリー2F  
■トークショー:森下くるみ×釣崎清隆  
【詳細】 http://www.uplink.co.jp/event/2013/14865

 また来てしまいました、赤紙。戦地・渋谷へ赴かねば。 
 暗い日曜日か。せめて灰色くらいならいいんだけども。 

 前回は「表現規制」について色々お話しましたが、釣崎さんが暴走し始めて結局、
「AVにモザイクなんかいらねえ、芸術において規制があるのなんてクソ」みたいなことになり、
わたしは必死に「いやぁ、(AVには)必要ですよモザイクはー」とぼんやり応戦していたんですが、
なんとなく噛み合っていなかったような気もするな……。  
 今回はしっかり我々の未来について話したいです(白目で)。 
 それと、作品のねじ的な一部品として参加致しました『インターミッション』、下記で上映されます。

横浜ジャック&ベティで8月3日(土)〜8月9日(金)
キネカ大森で8月24(土)〜8月31日(金)
☆福岡中洲大洋ホールで8月31日、9月1日  
 順調に全国へと循環しております。今後とも宜しくです。次はあなたの街へ……。 

※画像は2枚ともラオスで撮ったもの。左の植物が何なのかは謎だけれど、
これをもぎ取るため通りがかりの男性がナタを片手に奮闘していました。食べられるのかな? 
右は、ひとんちのお庭で飼育されていた鶏です。母さん鶏が勇ましや。続きを読む

morisitakurumi at 11:43|Permalinkお知らせ、的なモノ | ひと口日記

2013年05月16日

ブログ生きてます。

               1DSCF5137
 ブログ、生きてますよーということで、まさかの2ヶ月振りの更新です。
 なんやかんやと移動の多かったこの2ヶ月。たった今も、あっという間に時間が過ぎていきます。
 
 近況。風邪を引いています。
 20代半ばのときに気管支炎になって以来、呼吸器系が弱くなっちゃったようで、「コホ、ケホ」でなく「オホ、エホ」って咳が出て胸が苦しいです。でも、ヨーグルト入り生ジュースとスペシャル薬膳鶏黒米粥(見た目は最悪)、てーのを作って食べていたら早くも回復の兆し。

 とりあえず。
 風邪、完治させます。
 体調不良を引きずらない大人に、わたしは、なる。
 
 ちなみに、画像は、左が秋田→青森に移動中の車内で、左がラオス・ルアンパバン。メコン川の夕日です。ゆったりと。

 ルアンパバンは心も身体も疲れ切ってしまって、もうなんにもしたくない、って方におすすめします。大らかで、穏やかで、人間らしい街です。同様に、カンボジアのアンコールワットも是非。
 もうちょっと都会が好きな人はタイのバンコクか、マレーシアのクアラルンプールがいいですよ。特に、クアラルンプールは経済・文化発展著しい都市で、ますます面白い国になっていくと思う。

 ほなほな、今日はこのくらいで。

morisitakurumi at 00:00|Permalinkお知らせ、的なモノ | 雑記

2013年03月21日

僕モテ会議は『ジャンゴ』(さらに縮めた)24日。

                           1

 開催日が近づいてきたので再度お知らせです。
 当日はどんなことするのん?という方はコチラ→ 僕モテ映画聖典ブログより 参照。

 1500円+ドリンク代のみ。『ジャンゴ』を観たその足で行くのが理想ですが、普通にお花見の帰りとかに来ちゃってもいいんじゃないでしょうか。こちらも宴会みたいなものですし……。
 てなわけで、くっそまじめに、超変化球で熱く『ジャンゴ』語りますよ。
 ぼんやり漫然となんとなく映画を観てもいいけれど、もうすこし踏み込んで、映画の構造を理解できるようになると、また違う味わい方ができていいかもしれないですね――
 
 ちなみに、行けるかどうか、当日になってみないとわかんないー。
 という人も、一応予約のメールは送っておいた方がいいと思います。

<ご予約はこちらへ> 
会場が狭くなっておりますので、ご来場の際は予約が確実です!
ご予約は、
eigamote@gmail.com
まで! お名前と参加人数をお書き添えの上、メールください。優しく対応します。

<イベントデータ>
日時:3月24日(日)17〜20時(終了後懇親会あり)
場所:新宿8bit cafe(新宿三丁目駅そば)
http://8bitcafe.net/index.html
料金:メルマガ読者、学生:1000円 一般:1500円(いずれもプラス1ドリンクオーダー制です)

 「ビンゴ大会」をやるんですが、おいらは所有している映画パンフレットの中から、「パンフレットっぽくない」ものを選りすぐって持っていこうと思います。
 『17歳のカルテ』のパンフ(と言っていいのか戸惑うくらい小さい)、可愛いです。あと、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』の写真集のようなパンフ、塚本監督の『VITAL』などなど。熊切さんの『鬼畜大宴会』も出すかどうか迷う……。

 ほなほな、24日はもろもろ用事済ませて新宿へお越しください。

                 
 うわさのVITAL。 
 浅野さまは、相米監督の『風花』で泥酔するシーンをやっていらして、それがずいぶんとリアルなのだが、のちに聞くと、「お酒ぜんぜん飲めないっす」ということだった。

morisitakurumi at 18:13|Permalinkイベント等 | 映画