森下くるみの間

森下くるみの日常雑記。

 昼間にぐっと日差しが強まったかと思ったら、薄黒い雨雲がきていっきに冷え込み、にわか雨。ざっと降ってまた晴れ間……天気が定まりませんね。 1冊の本を読み切るにも時間がかかっていて、執筆もあまりはかどっていないけれど、毎日毎日6時7時に起きてご飯作って洗濯して ...

 最近のこと。 『東京荒野』の連載、「中国回遊録」の修正依頼が終わった。ふう。 『監督失格』などの平野勝之監督によるイベント「月間平野勝之」@四谷アウトブレイクのトークゲストにお呼ばれしたものの、話すよりも爆笑したり感心したりホッピー飲んだり、ゲストなの ...

 先日、かれこれ3年近く前から「欲しい欲しい欲しい」と念じていたとある自費出版本を都内のレコード店より通販で入手しました。 3年もかかる必要あったのかな。んでも実際に3年くらい過ぎてて、欲しかったら本屋に行けばいいのにと思うだろうけど、すぐに手に入れられない ...

心が疲れたときに観る映画 「気分」に寄り添う映画ガイド (立東舎) [単行本(ソフトカバー)]五所 純子リットーミュージック2017-04-20 エッセイを寄せています↑ つらつらと、「こんなことがあって、それでこの映画を観ましてね……」といった語りです。作品をおすすめす ...

                     連載『聖なる悪女の覚え書き』の第一章「悪女の目覚め」後編がアップされています。もう少しつっこんだところまで話したいんですが、先は長いので徐々に深めていけたらなと思ってます。前編はこちら  嘘をつく、男を騙す、性的 ...

 映画サイトcinefilにて、女優兼ライターとして活躍する睡蓮みどりさんとの連載、『聖なる悪女の覚え書き』が始まります。まずは0号からです。第1回は3月下旬を予定していますが、31日のイベントの前にはアップしたいな……。  テーマは「悪女」です。 そいやあ、映画の ...

                     〝ポエジイとアートを連絡する叢書(そうしょ) 〟『未明』01号が発売されます。 ここに「食べびと。」と題して、約3年前にアントワープに行ったときのことを書いています。01ということは……次も(!)  主な作家は、細野晴 ...

 虫食いの家(うち) (Kindle Single) [Kindle版]森下 くるみ2016-07-30  『虫食いの家(うち)』がkindleのセール期間中に入りました。99円、3月31日までです。わたしも買ってみよー。   ひとまず近況を箇条書きにしますね。 ・秋田シネマパレの送別会は120席全部が ...

 まだまだ先と思っていたシネマパレ閉館の日が明後日26日に迫りました。 何度も何度も告知した通り、明日25日(土)は送別会上映となります。 わが故郷である秋田市。青春の権化であった秋田駅前ファッションビル・フォーラス。どれだけのお客様がいらっしゃるんだろう。 ...

季刊誌東京荒野第七号 (東京荒野) [雑誌]湯原昌泰東京荒野2016 季刊誌『東京荒野』第八号の発売日が迫っています。上のリンクは前号ですが、参考までに。ていうか、品切れなのか……。  最新刊の詳細は以下。【季刊誌東京荒野第八号】定価:1000円〜1200円(調整中)発行 ...

                       kindle端末を頂いてしまいました。そのうち買おう、そのうち……と思っているうちに2年も3年も経っていたんですよね。ありがたいことです。 周りの読書家のkindle端末所有率がやけに高くて、いいよ、便利だよと噂は聞いてい ...

              このまま更新が滞ってなるものか! と自分にはっぱをかけ、これを書いています。   もうすぐ37歳です。特に感慨深くもなく、はあ、もう30代も後半かぁとのんびりした気分です。 36歳と半年で出産して、それからずっと子育てしているので、忙 ...

             3月3日(金)19:30〜HMV&BOOKS TOKYOにてWWB2016のサイン会をします。わたしのグラビアが載っている雑誌です。いっしょにトークをするのはおなじみ?写真家の金子山さん。前回と同じく(あれは出産前でしたね)トークは観覧自由なので、お仕事 ...

              日にちが近くなってきたので再掲しまくりますよ。 2月25日(土)、秋田シネマパレでトークショーに参加します。 この日の催しは「大送別上映会」。朝10時に開館するので、早く来てパレ2を見学するもよし、ロビーで他のお客さんと歓談するもよ ...

 2月。 珍しくもイベント月間です。2月3日(金)は高円寺パンディットで睡蓮みどりさんと映画にまつわるトークイベント。 ゲストは切通理作さんでした。 お2人の著作はAmazonのサイトを参照のこと↓  溺れた女: 渇愛的偏愛映画論 (フィギュール彩) [単行本]睡蓮 みどり ...

↑このページのトップヘ