森下くるみの間

森下くるみの日常雑記。

 1998年に「森下くるみ」となり、同年の9月にデビューしてからこれまで様々な活動をしてきたわけですが、18日で丸っと19年になったようです。 現在37歳。ああ、もうそんなに経ったのね、としずかな気分でいます。19年の歳月は、色々あったね、としか言い表せ ...

                                                          夏、あっという間に過ぎてしまいましたね。台風が去れば本格的に秋になるでしょうし、冬の気配さえするはずです。  今夏の思い出など。          毎年のことながら、 ...

 いつものことなのでいちいち記したくはないのですが、ブログというものは、うっかりするとすぐに放置されてしまいますね。Twitterも同じく。SNSやってる意味あるのかな……。 超近況。 相変わらずです。ブログ記事をすこし遡ればわたしの毎日の様子がわかると思うので、 ...

 ツイッターやインスタグラムにばかりかまって、ブログ記事が疎かに、という人は多いけれど、わたしの場合はツイッターすら疎かになってきています。ほんっと、一体なんのためにアカウントがあるんだろうってくらい……。 でも、記事作成のバーに↑みたいなのを挿入できる ...

 皆さま、いかがお過ごしですか。東京の今日は曇りです。台風が近づいているせいか、なかなかの湿気。 先月のあたま、わたわたと急いで書いた記事から更新がなく、何をしていたかというと、一家で体調を崩していました。息子1歳に至っては、6月下旬に胃腸炎になって、治 ...

 前の記事タイトルが、「ちょっと久々なので雑記」なのに絶句しています。こんなのを何度繰り返してきたんだろう。更新が途絶え、再開するたびに「ひとまず告知をおおおおお」ーーてのを、いい加減にやめたいです。だけど、わたしは芸能人でもタレントでも、なんなら女優で ...

 昼間にぐっと日差しが強まったかと思ったら、薄黒い雨雲がきていっきに冷え込み、にわか雨。ざっと降ってまた晴れ間……天気が定まりませんね。 1冊の本を読み切るにも時間がかかっていて、執筆もあまりはかどっていないけれど、毎日毎日6時7時に起きてご飯作って洗濯して ...

 最近のこと。 『東京荒野』の連載、「中国回遊録」の修正依頼が終わった。ふう。 『監督失格』などの平野勝之監督によるイベント「月間平野勝之」@四谷アウトブレイクのトークゲストにお呼ばれしたものの、話すよりも爆笑したり感心したりホッピー飲んだり、ゲストなの ...

 先日、かれこれ3年近く前から「欲しい欲しい欲しい」と念じていたとある自費出版本を都内のレコード店より通販で入手しました。 3年もかかる必要あったのかな。んでも実際に3年くらい過ぎてて、欲しかったら本屋に行けばいいのにと思うだろうけど、すぐに手に入れられない ...

心が疲れたときに観る映画 「気分」に寄り添う映画ガイド (立東舎) [単行本(ソフトカバー)]五所 純子リットーミュージック2017-04-20 エッセイを寄せています↑ つらつらと、「こんなことがあって、それでこの映画を観ましてね……」といった語りです。作品をおすすめす ...

                     連載『聖なる悪女の覚え書き』の第一章「悪女の目覚め」後編がアップされています。もう少しつっこんだところまで話したいんですが、先は長いので徐々に深めていけたらなと思ってます。前編はこちら  嘘をつく、男を騙す、性的 ...

 映画サイトcinefilにて、女優兼ライターとして活躍する睡蓮みどりさんとの連載、『聖なる悪女の覚え書き』が始まります。まずは0号からです。第1回は3月下旬を予定していますが、31日のイベントの前にはアップしたいな……。  テーマは「悪女」です。 そいやあ、映画の ...

                     〝ポエジイとアートを連絡する叢書(そうしょ) 〟『未明』01号が発売されます。 ここに「食べびと。」と題して、約3年前にアントワープに行ったときのことを書いています。01ということは……次も(!)  主な作家は、細野晴 ...

 虫食いの家(うち) (Kindle Single) [Kindle版]森下 くるみ2016-07-30  『虫食いの家(うち)』がkindleのセール期間中に入りました。99円、3月31日までです。わたしも買ってみよー。   ひとまず近況を箇条書きにしますね。 ・秋田シネマパレの送別会は120席全部が ...

 まだまだ先と思っていたシネマパレ閉館の日が明後日26日に迫りました。 何度も何度も告知した通り、明日25日(土)は送別会上映となります。 わが故郷である秋田市。青春の権化であった秋田駅前ファッションビル・フォーラス。どれだけのお客様がいらっしゃるんだろう。 ...

↑このページのトップヘ