いつものことなのでいちいち記したくはないのですが、ブログというものは、うっかりするとすぐに放置されてしまいますね。Twitterも同じく。SNSやってる意味あるのかな……。

 超近況。
 相変わらずです。ブログ記事をすこし遡ればわたしの毎日の様子がわかると思うので、お暇ならぜひ。
 で、日常生活に起伏はあまりなく、時間の流れが平らでとても和みますが、強く興味を惹かれることもひとつまたひとつと消えていきます。「どうでもいいや」といった投げやりな気分ではなくて、「ま、いいんじゃない……」的な、なんだかもうひどくぼんやりしているのが今のわたしで、ひとことで疲れているんだろうなあ。もちろん一晩二晩ぐっすり眠ればこんなもやもやした気分もケロッと治るんでしょうが。

 あとは、まぁ、書いてますね。
 課外活動としてはトークイベントに呼ばれたり、映画の対談をしたりしていました。

s-DSCF0903s-DSCF0899s-DSCF0901

 8月半ば、古書ほうろうさんにて。広い店内に、天井まで届きそうな本棚に、所狭しと本がつまっています。通路が人の行き来しやすい幅で、ゆったり本を探すことができました。自分の持っている本が何冊も置いてあったのにはびっくりした。趣味が似ている……?!
 
 そして先日は新宿K's cinemaにてトークゲストを。
 s-DSCF0907s-DSCF0917s-DSCF0943s-DSCF0957s-DSCF0959

 松野泉監督作『さよならも出来ない』、面白かったなあ。何日経っても色々と思いを巡らせています。とにかく、好きな人と一緒にいられてよかったね、と思う(ほんとに……?)。
 
 対談のときに撮った写真は世の中に詳細が出たら載せようかな。キネマ旬報でデヴィッド・リンチについて語ってます。実を言うとタルコフスキーやホドロフスキーの方が好きなんですが、30代後半になってようやく、3ミリくらいかな、リンチ映画を楽しめる人間的厚みが出たので、それなりにしゃべっていますよ。

 そんなこんなで、なかなかいい調子で映画づいていたけれど、イベントゲストや寄稿はいったんお休みします。じっくり頭を休めながら、次の小説を書く時間を作りたいです。