中小企業を元気にするブログ

名南経営コンサルティング 森崇幸 公式ブログ

突然ですが、ペットボトルのお茶、みなさんはどのような基準で購入されますか?

 ・「体脂肪に効く!」などの効用
 ・単純に「安い!」といった価格
 ・お気に入りのタレントのCM起用
 ・「特になし!」
などなど、実にさまざまでしょう。


先日、関西方面に家族旅行に行きました。子供に楽しんでもらいたいと考え、
旅程の中に、兵庫県にある某飲料メーカー(以下、A社)の工場見学を入れました。

工場見学は、会社の歴史を流すビデオ鑑賞から始まり、缶コーヒーとお茶の製造工程の見学、
そして最後に試飲という流れでおよそ90分間、家族で楽しいひと時を過ごしました。

製造工程の見学では、案内役の女性から各工程の説明を聞き、会社のこだわり、
安全衛生の基準、商品の誕生秘話、リサイクルの取り組みなどをお話しいただきました。

説明を聞きながら、自然に「へぇ~」「すごいな~」と、いわゆる感嘆の連続でした。

途中、ヘルメットを被った現場の方も、私たちを見つけて手を振るなど、親近感が
わく瞬間もありました。


見学後は、試飲という名のもと、A社の飲料水をお土産として一人2本ずつもらえました。
子供たちはもちろん、私たち大人も大喜びでした。


帰る道すがら、休憩で立ち寄るサービスエリアで、子供たちがA社のロゴマークを
見つけます(見つける遊びをしています)。そして、A社の商品を手に取ります。
旅行以降もスーパーやコンビニでA社の飲料水を手にします。TVCMが流れると、
食い入るように見ています。A社のファンになったようです。



工場見学から感じたことをまとめます。工場見学による”見せる化”は、
 ・会社を広く知らしめるきっかけとなる
 ・また、”見られる”ことで、働く社員のレベルが上がる
 ・知名度が上がることによる、社員満足が上がる
 ・見られることで工程の透明性につながり、製造のレベルアップにつながる
 ・会社のこと、商品のことを伝えることで、親近感が上がる
などの効果がありそうです。


工場見学を例にしましたが、企業にとって「見せる」ことは、企業価値を高める
一つの手段と言えそうです。


最後に、冒頭の質問(お茶を選ぶ基準)ですが、私の答えは「特になし!」でした。
普段、特にこだわることなく、コンビニやスーパーの飲料コーナーでお茶を手に
していました。

今回の工場見学以降、A社のお茶を手にするようになりました。
理由は、「A社のファンになったから」。

私たちの部門では「salesforce」の「chatter」という機能を使っています。
その機能をわかりやすくいうならば、「twitter」をイメージしていただくとよいでしょう。

自身の発言がタイムラインに表れる、あるいは自分がフォローしたメンバーの情報がタイムラインに表れます。
まさしくtwitterと同じです。

chatterは、その機能(人の情報)だけではなく、自身がフォローした商談やプロジェクトなど(事の情報)もタイムライン上に表れます。そういう意味ではBusiness版twitterと言ってもよいかもしれません。

chatterに多くの人が参加すると、タイムライン上に表れる情報は、やはり「人の情報」が多く見受られます。
先日もこのようなやり取りがありました。

私共の部門のIさんがchatterに以下の投稿をしました。
================================================
Mさんへ
 AIを使った生産性向上のツールとして、こんなものがありましたよ。
 (参考ホームページアドレス)
================================================
 ※Mさんは私(Mori)ではありませんが、Iさんをフォローしているので、Iさんの投稿を見ることができます。

私は、過去にこの会社の方と名刺交換を行ったことがありました。併せてAIに関する資料(PDF)を入手していました。そこで、以下の返答をしました。
================================================
Iさんへ
 先日、○○○社の方と先日名刺交換をしました。
 関連資料も頂きましたので、添付します。
================================================

組織の中で、「見つけた情報」と「持っている情報」が掛け合わさった瞬間です。

組織におけるコミュニケーションの課題解決として、SNSの活用が取り上げられています。そのとき、
 ・発見した情報の発信
 ・持っている情報の発信
 ・情報の受け取り
 ・情報の受発信のスピード感
の意識を高めることが大切でしょう。

しかしよく考えてみると、これらは組織における情報共有という観点では当たり前のことです。
SNSはあくまでツール。であるならば、SNSを導入する際に、組織における情報共有のあり方を再度考える機会とすることも一利ありそうです。


こうしてまとめていきながら、私の改善すべき点も見えてきました。
(○○○社の情報を発信すべきだった)

今回の内容を単純な気づきとせず、行動に移していきたいと思います。

先日、中小企業庁が出しました「技能・技術承継に関するアンケート」を読む機会がありました。

簡単にまとめますと
 ・中小製造業において、技術競争力が低下している最大の理由が、技術・技能承継にある
 ・技術・技能承継には、熟練技術・技能の可視化や技術・技能人材の育成を中心とした企業努力に大きく左右される
 ・技能・技術承継がうまくいっている中小企業の約6割が「熟練技術・技能の標準化・マニュアル化」と実施している
と述べていました。


さて、毎月開催しています、クラウド型マニュアル作成ソフト TeachmeBizの無料体験会「TeachmeBizスクール」ですが、7月は13日(木)に開催します(弊社はTechmeBizのプラチナパートナーとして、利用される方のサポートをしております)。

今回は特別編として、製造業に特化した内容を予定しています。
技能・技術承継の解決ツールとして、TeachmeBizを活用されてはいかがでしょうか。

当日は
 ・マニュアル化における基本講義(製造業編)
 ・TeachmeBizの体験
を予定しています。

ぜひ、以下のホームページアドレスの「名古屋会場」よりお申込みください。
 https://biz.teachme.jp/school/

キャプチャ

このページのトップヘ