先週の出来事です。

チームメンバーのKさんとお客様のところに訪問するために、名鉄名古屋駅のホームで電車を待っていました。そこに新人のHさんがこちらに向かって歩いてきます。Hさんは、私たちの隣の列に並び、カバンから新聞を取り出して読んでいました。私たちはHさんを見ていましたが、Hさんは私たちのことに気がつく様子がありません。

そのときKさんがポツリと「誰に見られているかわかりませんね」と。

私は午前中でKさんと別れて次の訪問先へ。お昼の時間帯だったので、駅に向かう途中で牛丼店に入りました。店内に入り、レジの近くの席が空いていたので、そこに腰かけていました。

私よりも先に入り、食事を済ませた方が会計のためにレジに来ました。レジに来たアルバイト店員が「ありがとうございました」と言うと、「おっ、今日はちゃんと挨拶しているな。この前来たときは挨拶していなかったもんな」とお客さんが言いました。

これまたレジの近くにいた店長が「ありがとうございます。成長しましたよ」と続けます。

(ああ、ここでも見られているなあ)と、私は心の中でつぶやきました。



それから2日後。あるお客様からクレームを頂戴し、その対応のために訪問しました。そのお客様との会話の最後に「頼みますよ、森さん。ブログを書いている人なんだから」と。

(ああ、自分も見られているなあ)と再び心の中でつぶやいて…


いつどこで誰に見られているかわかりません。
普段から恥ずかしくない立ち振る舞いをせねば、気を引き締める先週1週間でした。