最大9連休というGWも終わり、今週から仕事が再スタートした方が多いかと思います。
GW、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は買い物をしたり、子供と一緒に家庭菜園を楽しんだり、食事に出かけたり、地元のお祭りに行ったりという過ごし方をしていましたが、今回はその中で感じたことをお伝えしたいと思います。

近所のショッピングセンターに買い物に行ったときのことです。専門店エリア内にある衣料品販売店「GU」で買い物をしました。

品物を手に取りながらフロア内を歩いていると、店内放送で「当店はセルフレジを導入しました。現金でお買い物の方はセルフレジをご利用ください」というアナウンスが流れてきました。

GUセルフレジ
商品を選び終えて、先のセルフレジを利用しました(写真:GUのHPより)。レジ精算機の下段ボックスに商品をカゴ毎入れます。数秒後、金額が計算され、お金を入れて完了という流れです。

よく食料品コーナーで見るセルフレジのような、自身でバーコードに「ぴっ」とやるものとは趣が異なりました(こちらはある意味、お子さん向けのエンターテイメント性もあるかもしれませんが)。

先日、日本経済新聞に「全コンビニに無人レジ」という記事がありましたが、すでに本格的に動いているな、と感じた瞬間でした。







そんなことを感じた連休最終日の夜。家族で「和食さと」へ行きました。
オーダーは各テーブルに設置されたタブレットにて注文。飲食業でタブレット利用といえば、回転寿司だけだと思っていましたが、一般の飲食店にも導入が進んでいるようです(子供は楽しそうに触っています)。

どの会社にも確実に経営上の大きなリスクとなる「人手不足」問題。その解決策のひとつはやはりITにあるようです。IT投資がどんどん進んでいるなと感じたGWでした。