2007年06月28日

膿尿

尿検査では、膿尿(尿の中の白血球)や細菌尿(尿の中の細菌)の有無が調べられます。これは簡易試験紙で調べることが出来る検査です。 膿尿や細菌尿が見つかれば、急性膀胱炎と診断できます。
頻尿・残尿感・軽い排尿痛・膿尿そして時に、症状が膿尿だけで自覚症状がない場合などもあるようです。
慢性膀胱炎は急性膀胱炎に比べて症状が軽く、頻尿、軽い排尿痛か排尿不快感、軽い膿尿があることが多いようです。 ときに膿尿だけで自覚症状が全くないものもあります。
膿尿, 膀胱炎などの炎症. 塩類尿, 植物性食品の多量摂取. 腎臓病の種類と起こり方ふとっていた人が急にすごくやせると、腎臓をおおってささえている脂肪被膜のクッションがなくなってしまいます。このクッションがなくなると、腎臓は遊走腎になります。
前立腺炎では頻尿のほかに、膿尿・排尿困難・発熱などの症状を示します。これらの下部尿路炎症性疾患の治療には抗生剤・抗菌薬を用いて治療いたします。
黒色の尿の場合だと、メラニン尿(悪性黒色腫)、緑色だと、ビリベルジン尿、細菌感染による尿、乳白色だと膿尿、乳び尿、脂肪尿などが原因だとあげられます。そして、腎臓病だとかぎらず薬剤を服用されている方の場合にも尿の色がかわりやすいです。
急性膀胱炎の尿のにごりの原因は膿尿が原因になります。そして尿が血尿になることもあり、ひどい場合は尿の後に血液だけが出てくるときがあります。 急性膀胱炎は大体1〜2週間程度で完全に完治するようです。
急性のものでは、高熱・排尿痛・膿尿等が主な症状です。 慢性は下腹部の不快感・排尿時の違和感・腰の重圧感等があげられます。 「前立腺肥大症」 前立腺とは、簡単に言えば精液の部屋と尿の部屋の扉を開け閉めする部分です。


moritap at 18:56│clip!