2010年01月

2010年01月31日

骨粗しょう症

こんにちは。

近年、日本人は骨粗しょう症が増えつづけ、60歳代後半からぐんと増え、80歳代では女性のほぼ半数、男性の2〜3割が骨粗しょう症であると推定されています(´Д⊂)

骨粗しょう症の患者さんが増えるのに伴い、骨粗しょう症が原因の骨折も増え続けています。2007年の調査によると、大腿骨頸部骨折の推定発生数は14万8,100件です。
1997年の調査では9万2,400件でしたから

10年間で60%近くも増加していることになります。


骨粗しょう症の患者さんの4人に1人は転倒し骨折する可能性があるというデータがありますから、できるだけ早く骨粗しょう症を発見し、適切な治療を行って将来の骨折を防いでほしいと思います(TДT)

では、日常生活ではどうしたらいいでしょう…

骨粗しょう症は、骨の生活習慣病といわれています

だから…
食事と運動に気をつけますバランスのよい食事と、適度な運動を、習慣として毎日続ける、その積み重ねが何よりも大切です。

食事は、骨をつくる主な原料となるカルシウム、そのカルシウムが腸管から吸収されるのを助けるビタミンDタンパク質、骨芽細胞のはたらきを助けるビタミンKマグネシウム、女性ホルモンに似たはたらきをもつイソフラボンなど、骨の形成に不可欠な栄養成分を十分に摂りましょう

また、運動はウォーキングをおすすめしたいですね歩く動作はかかとに適度な負荷がかかりますが、この負荷が骨密度増加を促すのです。特別早歩きをする必要はなく、自分のペースで十分です。
ストレッチ運動や、背筋を鍛える運動、足の運動なども効果があります。無理なく毎日続けられるものがいいですね

運動の仕方が分からない方はモリタスタッフにドンドン聞いてください


永井でした

moritaseikotsu at 19:12|Permalink 永井 | 内臓、身体について

2010年01月29日

「骨で立つ」

皆様、こんばんは
今回は「立つ」ということについて話してみたいと思います。
私達は普段立っている時、多くの場合かたまって立ってしまっています。
これは、全身の拮抗筋群が緊張してしまって、「余計な力」が入ってしまっている状態で立っているということです。
※拮抗筋とは骨を挟んで表裏一体の筋肉のこと

本来、人間は筋肉に力を入れずに「骨で立つ」ことができます。
この立ち方は、より無駄な筋力を使わずに立っている状態であり、骨が体重を支えてくれる微妙なバランスを保つために、自分の重心軸を探りながら追いかけっこしながら立っている状態です。
言うなれば、竹ぼうきを手のひらの上に乗せて、バランスをとりながら立てている状態。この感覚が骨で立つという感覚に近いです。

ところが多くの人は重心を前方に移動させていて、太ももの裏の筋肉をほとんど使わずに太ももの前の筋肉のみに非常に大きな力を加え続けてたっています。その結果、大腿四頭筋は硬く固まったような状態になります。胸の前の筋肉が収縮し、背中が丸くなっているために拮抗する僧坊筋はバランスをとるためにカチカチに固まってしまいます。

このような状態から開放された「立ち方」、それが「骨で立つ」ということなのです。ユラユラとしながら、それでいてスーッと立っている状態。
立位重力線に筋肉によって抵抗せずに骨でバランスをとりながら立つ。

とっても重要なことです。



moritaseikotsu at 00:52|Permalink 内臓、身体について 

2010年01月26日

イノシシ

今朝のワイドショー、(多分みのもんたのやつ)で岡本近辺に出没するイノシシの被害について特

集をやっていました。

治療所の近くの天上川という小さい川は晴れている時だったらほとんど毎日観ることができます。

親子連れで昼寝しに来ています

あまり襲われたという話は聞かないけれど何か被害も出ているみたいです。

うまく共存できればいいなぁ〜


・・・身のない話ですいません




moritaseikotsu at 09:55|Permalink スタッフの日記 

2010年01月18日

ファンキーベイビー

ファンキーベイビー
こんばんわ

うちの直生君です

ボーリングの玉みたいになってますが寝てます 

どんな夢を見てるのでしょうか

来月神戸に帰ってきます

先週の九州のたびは車で行ったので、かなり疲れてしまいましたが

わが子は写真で見るよりちっちゃくってかわいかったです

どのくらい大きくなってるか楽しみです





moritaseikotsu at 21:14|Permalink スタッフの日記 | 小林

2010年01月17日

ポタージュ

今年初めての書き込みです。
少々遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします

お正月から冷え込んで冬らしくなってきましたね。
皆さん風邪などひいておられないでしょうか?

冬は乾燥注意報がよく出るのでおわかりの通り、からだも乾燥しがちです。

乾燥が激しい冬は、お食事上手に水分を取られるのがいと思います。
お鍋なども暖まるしスープも一緒に飲むのでの時期に最適です。

最近わたしが凝っているのはポタージュです。
43240572_567058309s
左の写真はにんじんのポタージュですが
ブイヨンでにんじんと玉ねぎ煮て
フードカッターにかけて
生クリームをひとまわしかけただけです。

フードカッターでお野菜をすり潰してしまうと
スープにとろみがついて冷めにくく
カラダもあたたまるので
水分を取りながら暖まれて一石二鳥です。

ただ、洋風のポタージュには、
クリームや牛乳を入れるのでカロリーが気になりますよね。


そこで、具材をフードカッターにかけるというところだけを応用して
和風のすり流し風にしてみることを思いつきました。
41697929_34140923s
左の写真は、白菜のすり流しです。
和風だしで白菜を煮てフードカッターにかけました。
白菜のとろみだけですが和風ポタージュになります。
粘度はお野菜の量でお好みに調節できます。


粘りを少なめにしてお味噌汁にして
お豆腐などの具を入れてもなかなかおいしいです。
お野菜はお好みでいろいろお試しください。
冬はからだを温める根菜類が良いかもしれませんね。


野菜をたくさんいただきながら水分を取り
からだの芯からあたたまれますよ

                                    かとう



moritaseikotsu at 14:41|Permalink スタッフの日記