2010年07月

2010年07月29日

今日は中学トレーナー日

本山中学にトレーナー活動してきました

中学生は夏休みに入り、練習量も増えみんな頑張っていました

僕らが指導できるのは14時半〜16時までです
結構時間ありそうですが…あっという間に時間が過ぎます

指導の仕方が悪かったり、伝わりにくかったりしたら

後で、「もっと良い指導が出来たんじゃないか?」
   「もっと言い伝え方があったんじゃないか?」
                      と自問自答しています

学生に目標を聞くと市でベスト8

って言ってましたが

僕としては県大会ベスト16ぐらい行けるんじゃないか

って思っています

この夏が勝負時だと思いますのでチームモリタとして頑張ります

皆さんも応援よろしくお願いします

永井です



moritaseikotsu at 21:41|Permalink トレーニング | 中学トレーナー活動

2010年07月27日

受付嬢???紹介します!5


BlogPaint
当院の午前の受付嬢?受付婆?…

元気ハツラツな主婦コンビで頑張ってくれています

心のこもった元気な笑顔で患者さんに元気を与えてあげてくださいね

そしていつもありがとうございます

森田でした


moritaseikotsu at 00:14|Permalink 森田 | スタッフの日記

2010年07月25日

お手紙ありがとう!5

BlogPaint小学3年生の可愛い患者さんからお手紙いただきました
私の似顔絵と治療している風景の絵です
Sちゃんありがとう
小学1年生から背骨の歪みを治しに来られています。ずいぶん良くなってよかったね
また来月待ってるね

森田でした


moritaseikotsu at 21:53|Permalink 森田 | スタッフの日記

受付嬢です!5

BlogPaint当院の仲良し受付嬢の二人組です 土曜日は1番忙しい日です よく頑張ってくれています

BlogPaint狭いスタッフルームでも、文句も言わず昼飯を食べているお二人さん!ごめんね


そして、いつもありがとう

笑顔で患者さんを癒してあげてくださいね

森田でした


moritaseikotsu at 21:45|Permalink 森田 | スタッフの日記

2010年07月22日

渦が森。に!

暑い日が続きますね
引き続き渦ヶ森の日記を続けますね
これ、HIPHOPの韻を踏むってやつです。ってどうでもいいですけど・・・

そう、あれは1ヶ月前、ある雨が降りそうな6月のある日でした
夕方ふと時間ができたので住吉川沿いを走っていると渦が森行きの道を見出したのでそのままガンガン走っていくと、山道のバス停を越えたあたり、住吉台と渦が森の間くらいまで行ったあたりで、日も暮れだして、この先どんな闇が待ち受けているのだろうと、不安になり引き換えしていしまい、自分の体力&足腰の弱さを痛感しながら苦虫をかんで帰ってきたのを覚えています

その二日後、行った経験のある受付スタッフにそれを打ち明けると・・・
「やめときなさい、あそこには魔物がすんじょる。。」
と、自分の体験をもとにとてつもなく悲壮な思いをしたことを心に秘めながら話してくれました。。

そんなこんなで、ますますボクは渦が森を制覇してみたいという思いに駆られるようになったのです。

そして、7月の連休の暑い、あれは温度計が33度くらいをさしていたんじゃないか、PM1時ごろ、練習は一切していないピノキオの脚のまま家を飛び出したんだ
健康的な日焼けをしたいという思いから、体にサンオイルを充分に塗りたくり、住吉川を北上して行った。。
もう、そのころにはサンオイルはびっしょりの汗といっしょに路面にひれ伏し、もはやその効果は無に等しくなった。

ぐにゃぐにゃの坂道を登りながら、その辛さの中、前回の帰りの爽快さを思い出していた。

登りはやはりきつく、走っているのか歩いているのか分からないぐらいのスピードで、でも確実に間違いなく前には進んでいる。

意識を登りだけに集中すると、辛くなるだけ。。
去年、ハーフマラソンを目指していた時に読んだ「月刊マラソンランナー」の紙面が頭に浮かんだ。・・・長く走るには頭の半分ぐらいを走っていることに集中し、半分ぐらいは楽しいことを考えているぐらいがちょうどいいと。
そう、もしこの坂道だけに意識を集中するとなると、なんか頭ん中が頑張ってる感でいっぱいになってしまって終了を向かえたくなるので、聞いてる耳のアイポッドシャッフルで気を紛らわすことにした。

バス亭を越えたところで、汗が出すぎていると感じたので自販機でアクエリアスを買って飲んだ。汗をかいた後はやはり最高に美味い。

また走り出した。。
前回の住吉台分岐点に差し掛かった。ここからは未知の世界だと不安と期待のフィフティーフィフティーの中、どんな魔物が棲んでるんだろうとワクワクする気持ちもあった。
登山者も歩いていたけど、それを横目にひたすらRUNした!

到達した!!そして、そこでボクを迎えてくれたのは、最高の景色だった!
いつも憧れの視線をうちの家の台所の窓からおくっている「御影のタワー型マンション」がめちゃくちゃチッポケに見える。その倍くらいは高いところに達することができた、自分の足で!

ここが2ヶ月も前から夢に見ていた舞台かと思うと嬉しかった!

そして、大自然の臭いや滝の音を五感で感じながら下りに入った。
途中すれ違った登山者の女性二人に声をかけられた。
「登山口を知りませんか?」と登山本を見せられながら。。

その地図を見ながら説明してあげたかったが、ボクも初めて到達したポイントだったので何も分からず教えられなかった。

でも、なんだか嬉しかった。。


ボクの渦が森に対する夢は実現した、左膝の痛みというお土産を引っさげて。。

その痛みがあったおかげで次の日の鍼のセミナーでは検体になれたし、渦が森ありがとう!

その日の夕方、うちの台所の小窓からのけしきには、光が射しこむ渦が森があった!
なんだか、天も渦が森に感謝をしているかのように。。BlogPaint



moritaseikotsu at 23:49|Permalink スタッフの日記