2015年02月

2015年02月27日

花粉症

おはようございます


最近お天気情報の中で花粉の情報が出てきましたね


花粉の事は皆さんがもう一番知っているんじゃ無いかと思うぐらい辛い症状で、患者さんも増加してますね叫び


簡単に言えば花粉と言うアレルゲンに反応して、

クシャミ・鼻水・鼻詰まり

また、目や喉の粘膜が反応してしまいますしょぼん

最近では対症療法や治療法が数々出ていて

治療法としては

何ヶ月前から花粉を取り込んで、症状が出ないようにする方法が有ったり

対症療法は

メガネ、マスクが有り、最近では眼鏡も普通の眼鏡ではなくて、淵が深い眼鏡が有り、掛けていると少し楽みたいです。

日常生活では

規則正しく生活をする事が一番です。

早寝早起き

お酒、タバコは控えめに。

食生活は和食

などがいいのではと思います合格


モリタは鼻の症状を軽減する針療法が有り、手の甲にシール上の針を貼っているだけで、鼻水、鼻詰まりが解消されますニコニコ

7割ぐらいの方がたに効果がありました。
辛い方は一度お試し下さいアップ






moritaseikotsu at 08:30|Permalink スタッフの日記 | 永井

2015年02月25日

ホームページリニューアルしました。

おはようございます、山下です(^o^)
モリタ整骨院のホームページが、

スマホ対応ドキドキドキドキドキドキのホームページへと

そして、

内容、写真、文章等さらに

良いものとなっております!!!!

また、

水曜日、木曜日の時間変更など

最新情報もUPしておりますので

是非御覧下さい(≧∇≦)



moritaseikotsu at 08:30|Permalink スタッフの日記 | 山下

2015年02月20日

アレルギーによる咳

今日はアレルギーについて書きたいと思います。
自分自身も高校生の時に同じような症状が出ていたこともあって調べてみました!

アレルギー性の咳はアレルギー気管支炎と呼ばれ、ダニやハウスダストが原因になっている事が多く、これらがアレルゲンになり気管支が炎症をおこし、咳が出るようになります。アレルゲンによって気道が腫れて狭くなり痰が多くなることがあります。

風邪などで身体の免疫が弱った時に、アレルゲンに過剰に反応して症状がみられます。
原因となる食べ物としては、小麦やそばなどが原因になることもあります。
多くの人が悩む花粉症と考え方は同じですが、アレルギー性気管支炎の場合は花粉以外にも多くのものが原因になるという違いがあります。

症状としては
.灰鵐灰鵑箸いΥイい審
⊆‖茲磨發絡んだ湿った咳
Gが出ることもあります。
この発熱は2、3日で収まることが多いのですが、風邪を引いた時に症状が出る事とより辛い場合があります。

病院では慢性疾患として扱われ、検査の数値により、アレルギー性かを判断します。
花粉症ように季節性に発症することが多いようです。

治療としては、病院でお薬を貰うことが効果的ですが、まずは自分のアレルギーの原因になっている原因を知り、予防する事が大切で、ダニの場合は部屋の掃除をこまめにすることで対策する事が出来ます!
あと、自分の体調管理をして風邪など引かないようにしましょう!

僕の場合は空咳が長い期間見られ、病院にも行かず、自然と治りましたが、皆さんは病院に行かれることをお勧めします^ ^

今日はこの辺で(^O^)/



moritaseikotsu at 08:30|Permalink スタッフの日記 | 雑賀

2015年02月18日

テレビ

どうも、森ですひらめき電球

2月から新生活が始まって、早2週間ちょっと経ちましたビックリマーク

一人暮らしをしていた家にはなかったテレビが来ました!!

4年ぐらいテレビを置かない生活をしていたので、テレビって面白いですね音譜

色々な機能も増えていてビックリですにひひ

これからテレビライフを楽しみたいと思いますひらめき電球
{0E0A0D70-1F08-4C8E-BBC2-884DDC5E6177:01}




moritaseikotsu at 08:30|Permalink スタッフの日記 | 

2015年02月13日

逆流性食道炎

こんにちは、逆流性食道炎って聞いた事
ありますかー?以前CMでよく流れて

ましたねーニコニコ今回は逆流性食道炎について

予防法を紹介します。


まず、逆流性食道炎とは?

食べ物を食べて、口から食道、胃へと向か

います、胃に食べ物が送られると消化しよ

うと胃酸が沢山でてきます。逆流性食道炎

の方は食道から胃への逆流を防ぐ弁の筋肉

が緩んでしまい食道まで胃酸が上がってき

てしまい食道が赤く炎症を起こし胸焼けの

症状がでてくる疾患です叫び叫び叫び


症状は

主に胸焼けです。お腹の張り、食後胃がも

たれる、喉に違和感、胃酸が上がってくる

、前かがみになると胸焼けするなどです。

ひどくなると、食事もしんどくなり、食

欲も減り、体重が減ってきますドクロドクロ


どう予防するのか?

もちろん病院で胃酸を抑える、酸を中和す

る薬を処方してもらい服用すること。

普段の生活では?

酸性の食べ物飲み物を控える

オレンジジュースより牛乳を飲む

あと、酢の物など酸性の物を控える

食後はすぐ寝ない。

少し散歩するなど、立位の状態が良い。

寝る時は右を下にして寝るか左を下にして

寝るか?

胃の形状から右を下にして寝た方が良いと

思われがちですが、最近の研究では逆流を

調べるphセンサーを胃に入れた際右を下

にするより左を下にする方が良い結果が

でました。

食後にガムを噛む

ガムを噛むと唾液がよく出て食道を洗い

流す作用があります。また唾液は中性の

ため酸を中和する役目もあります。

枕を使う

寝る時は枕を使って胃より食道を高い

位置に持っていくこと。


まずは胸焼けの症状があれば病院に行く

事が重要です。仕事のストレスで胃にきて

るとか、自分で判断しないことですねニコニコ

まず専門医にみてもらうのが先決です。

悪くなると癌化することもあります。

みなさん気をつけてくださいね(≧∇≦)

山下でした。



moritaseikotsu at 08:30|Permalink スタッフの日記 | 山下