2015年03月

2015年03月27日

ストレスと身体

今日はストレスと身体について書きたいと思います!
皆さんはストレスを感じることはありますか?
仕事や家事、学校、人間関係など日本人はストレスが多いなんてこともよく耳にします(^_^;)

ストレスが溜まって、自分で解除する限界を超えてくると身体にも影響が出てきます。
頭痛や目の疲れ、肩こり、背中や腰の痛みなど身体がスッキリしない状態になります。

その状態が続くと疲れが取れにくい、すぐに疲れる、少しのことでイライラしたりすることがあります。

ストレスは心が弱い人に現れるわけではなく、1人でたくさんのことを背負っている人に多いです。
責任感が強い人はストレスを感じることが多いのではないでしょうか。

ほんの少し心の整理をして、カウンセリングのように話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になり、身体への影響も軽くなると思います^_^

頑張りすぎな人は1度心の整理をしてみて下さい(^O^)/

4月から気持ちをリフレッシュして仕事や家事、勉強を頑張りましょう( ´ ▽ ` )ノ


moritaseikotsu at 08:30|Permalink 内臓、身体について | 雑賀

2015年03月25日

ゴルフ

どうも、森ですひらめき電球
今年初めてゴルフコースを回って来ました!!

まぁ、内容は散々でしたが、

天気も良く、ポカポカして気持ち良かったです音譜

春がそこまで来ているなぁっと実感しましたニコニコ

そして、今年もやります!!

モリタ・TMCC合同コンペにひひ

4月26日(日) 大神戸ゴルフ倶楽部にて行われます音譜

まだ参加者募集しておりますので、ぜひご参加ください(^^)


moritaseikotsu at 08:30|Permalink スタッフの日記 | 

2015年03月20日

花粉症のメカニズム

ども。山下です。ニコニコ


今回は、花粉症の症状ってどう起こるか?簡単に説明したいと思います。


1、花粉が目や鼻の粘膜へ入ってくる。


私達の体は異物が入ってくると、それを受け入れるかどうか反応します。


2、リンパ球が花粉を侵入者と認識する。


排除すると決めた時、これと反応する物質を作ります。

3、リンパ球がIgE抗体を作る。


4、IgE抗体が肥満細胞にくっつく。


5、再び、花粉が体に侵入する。


6、化学物質が分泌される。




化学物質のヒスタミン等が分泌され、花粉を排除しようと


くしゃみをする、鼻水・涙でながす、鼻づまりをして花粉が侵入しない様にする。




こういう流れが体でおきています(*^▽^*)


ちなみに花粉の摂取する量によって、花粉症になるみたいですガーン



moritaseikotsu at 08:30|Permalink 内臓、身体について | 山下

2015年03月18日

赤ちゃんマッサージ

こんばんは三日月
我が家では最近お風呂上がりにマッサージをしてます。

王子も姫も大好きで目がとろ〜んとしてくるところが可愛いです。

赤ちゃんでも体を触られるのが好きなんですね。

{5F9DD682-0BE5-4672-8570-3BF4666F2162:01}




moritaseikotsu at 08:30|Permalink スタッフの日記 | 小林

2015年03月13日

花粉症に効く漢方

どうも、森ですひらめき電球

花粉症の方にはつらい季節になってきましたあせる

僕も目がかゆくなるので、目薬が必須です!!

そんな花粉症にお悩みの方に、花粉症に効く漢方薬のご紹介ニコニコ

花粉症に漢方がオススメな訳は・・・

1、眠くなる成分が入っていない
⇒車の運転時や仕事中など、気にせずにいつでも使用できる

2、副作用が少ない
⇒口が渇く、胃腸や肝臓の具合が悪くなるなどの症状が出にくい

3、体質改善につながる
⇒手足の冷えが治ったなどの、他の気になる症状の緩和も期待できる

4、飲み続けると薬の量が減る、もしくは必要なくなる 
⇒市販の薬は、効かないと処方される量が増える場合も……

5、手間がかからない
⇒点眼薬と点鼻薬などの併用、粘膜を焼く、というような面倒が少ない


漢方では、冬の病気は夏から治療するという、「冬病夏治」(とうびょうかち)という言葉があります。今からでも遅くはないと思います!!

タイプ別にオススメの漢方薬は・・・

●胃腸虚弱タイプ

消化吸収する場所である胃腸がきちんと機能していれば、全身に充分な栄養と、パワーが行き渡ると考えられています。

花粉症などのアレルギーは、自分以外の異物を攻撃するはずの免疫細胞が、間違って自分に攻撃してしまう炎症反応ですが、胃腸虚弱なタイプは、その攻撃に立ち向かうパワーが弱いタイプです。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

六君子湯(りっくんしとう)といって

胃腸の機能を高める漢方をオススメです。

ストレスタイプ

このタイプは、全身に絶えず循環していなければならない「気」」の流れが悪いタイプだともいえます。

実は身体を温める作用も、この「気」によるもの。

「加味逍遙散」(かみしょうようさん)、

「柴胡桂枝湯」(さいこけいしとう)などもいいでしょう。

どちらも気のめぐりを整え、神経過敏になっている人に有効な漢方薬です。


どれも、ドラッグストア等でも売られていますから、

お試しいただけると良いと思います。

モリタでは花粉症の鼻症状に効く鍼もしていますので、そちらもお願いします



moritaseikotsu at 08:30|Permalink スタッフの日記 |