盛岡市トライアスロン協会

岩手県盛岡市近郊でメンバーはトライアスロン(マーシャル活動)、マラソン、ヒルクライム、トレラン、駅伝、オープンウォーター、クロカン等、老若男女、幅広く活動しています。懇親会もありますので、興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

細川メダル修正

(逆転で初の女子40~44歳台の年間チャンピオン!)

★10月30日最終戦の宮崎大会のレポートが東井選手から
届きましたので、レポートをお届けします★

以下東井選手から届いたレポートです!ご覧ください。

★☆★☆★☆★☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

3回日本エイジグループ・トライアスロン・
ナショナルチャンピオンシップに参加してきました。

 前日からエイジは波が高くデュアスロンになるのではとの噂があり、
せっかく来たのにポイント取れないと来た意味がないな~と思ってました。
(2種目のデュアスロンになると付与ポイントが減点になるため)

宮崎スイム
日南海岸で行われスイムは、普段から波が高く、潮の影響がある難コース)

 

当日の朝はまだ肌寒いけど綺麗な朝陽が見えスイムも400mだけど
やると聞いて一安心。後は力出しきってやるだけだと切り替えました。

 

試泳はやはり波が高くブイも見えなくなり進みにくい感じでしたが
あまり怖さはなく体験できない波でおもしろいと思えました。
 



スイム直前

(ポイント上位の選手だけが、出場を許される、エイジの最終戦)

いよいよスタート。アウトコースは人気でしたが
第一ウェーブの動きをみていたら
インコースも良さそうでそこからスタート。

波がありなかなか進まないし、
速い人はもう先にに泳いでいるし

でもいつもの事と焦らず自分の泳ぎでいきました。

スイムアップは22位。短い距離でもやはり遅い。

細川バイク

(宮崎市内の海岸沿い。風が強く、強い忍耐力が求められる)

バイクは有料道路を走るので路面はよいですが風が強い。
向かい風と追い風で負荷が全く違いました。風が強く、
暗黙のドラフティングになっているグループがかなりいましたが、

私はほぼ単独。後半は脚が張ってきていました。
13人抜いて9位でランスタート。

 細川ラン


ラン前半は身体は軽く感じ走れましたが、後半は徐々に失速。
結局抜いた分は抜き返されて9位でゴール。

前の二人は上のグループで抜きたかったけど、力不足でした。

 

年代別一位、年間チャンピオンになれたけど、
歳上の人よりは速くゴールしたいので、まだまだだなと思いました。

 

今回、女子は78人中の東北2人、
男子は135人中の東北6人の参加でした。
やっぱり遠いし、東北の大会数は少なかったから
北日本にはまだまだ厳しい条件と思いました。

宮崎大会の結果はこちら

細川集合写真

(各年代のチャンピオン・前列右から5番目 が東井選手)

東井選手の今年の成績はこちら

補足

チャンピオンシップの出場権利は各大会の年代一位になるか、
925日までのポイントで年代10位以内です。

年間のチャンピオンになるには4大会の合計で競います。
各大会は一位は1000ポイント、2位以下は
一位から1分ごとに-15ポイント引かれていくような感じ。
最終戦の宮崎だけが一位が1100ポイント。
詳細はこちら

 

飛行機は花巻~伊丹~宮崎で行くと15時前にはつけるので
土曜日入りでも15時半から18時までの受付には間に合います。

エイジだけの参加もあるので
南国を祭り気分で楽しむのも良いと思いました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
東井選手は学生時代には陸上や水泳の競技歴はなく
10年程前より本格的にトライアスロンを始め、
現在は県北を拠点に活動し
年代別チャンピオンは岩手協会初の快挙です。

会員の皆さんも是非ともエイジ1位を目指して
トレーニングに励んでいきましょう!

DSC_0600
(10月でも今年の日南海岸の水温は21℃と8月の釜石と同じくらい暖か)

栃木国体・トライアスロン競技は那須塩原市で開催されました。

岩手男子代表団から出場後のレポートが届きましたので
お知らせいたします


男子2


左 大志田誠男子監督  中 川口玲  右 服部勇佑


       懸命に前の集団を追う服部選手
hattori


 

   

自分はトライアスロンを始めてまだ2年目であり、
大会の出場は、今年が初めてと、
岩手トライアスロン代表ではありますが、実は経験はかなり浅いです。

そのため、分からないことや、初めての出来事が多くあり
不安の大きい大会となりました。

しかし、周りの監督や選手が私にアドバイスや指導をしてくださり
落ち着いて本番を迎えることができました。

各県の選手はみな強豪なので、周りに流されず
自分のできる最大の走りをしようと心に決めていました。

また監督から言われた
『国体を楽しめ』、
『最後は笑顔でゴール』
を目標に完走を目指しました。

結果は自己ベストタイムでゴールすることができ、
監督の目標も達成することができました。

この経験は私にとって、選手としても、
人としても私を強くしてくれると思います。

来年は鹿児島国体であり、もっと練習と経験を積み、
今年以上の順位を目指せるように頑張りたいと思います。

岩手国体男子代表 服部勇佑

 
    東海大(3年)トライアスロン部に所属するの川口選手

川口up


     
私は、本大会の参加にあたり、日々練習を重ねてきました。

昨年行われた国体合宿ではランに大きな課題を感じていました。
今年はミッドフット着地を意識し、長時間
一定のペースで走り続けることができるように練習を重ねてきました。

国体本番では、バイクパートで脚を想定以上に疲弊させてしまい
ランパートに不安を感じていました。

ランパート序盤では、バイクパートの疲労が響き
自分のペースで走ることが困難でした。

しかしミッドフット着地を心がけて走ることで
脚をつることなく走り切ることができました。

課題としては、バイクパートからランパートに切り替わる際に
素早く体を順応できるようにすることが大事だと学びました。

今後の練習ではブリック練習を中心的に行い、
本大会で学んだことを来年行われる鹿児島大会にて
成長した姿を見てもらえるように日々努力を続けて行きます。

岩手国体男子代表 川口玲


公式リザルトはこちら


岩手全員kakou

               岩手選手団の皆さん

左から浅川(女子監督)、川口、服部、大志田紀子、東井、大志田誠 (敬省力)

ライフセービング体験2-1

8月28日に小中学生向けの
第2回目のライフセービング・トライアスロン教室が
釜石市根浜海水浴場にて開催されました。

今回も釜石、気仙沼ライフセービング協会様との共催です。
(前回の様子はこちらから)

前半の座学は水難事故の実情や対処法を座学で学び

ライフセービング座学


ライフ

次に、海での実践救助体験
バケツ、竿、ペットボトルなど
身近なものを使用しての救助体験をしました。

ライフセービング体験 ライフジャケット写真



ライフ2

バケツを投げて。
救助される側は空気を中に封じ込めて
浮力で利用して救助を待ちます



次はオープンウオータースイミングの実践
今回はライフジャケットを着用。

ライフセーバーさんも傍で見守っているので
子供たちも安心して、海で泳ぐことが出来ました。



最後はスイム&ビーチランのリレー戦
こちらも大い盛り上がりました。




次回は最終回、9月25日の開催です。
おさらいを含め、もう少し長い距離にも挑戦する予定です。

まだ、余裕が若干ありますので
ご興味のある方はご連絡お待ちしております。


ライフセービング5

↑このページのトップヘ