2008年01月21日

もりやが知らない世界へお連れします 〜航空管制編〜

アクセス解析を見ると、少ないですが一応需要はあるようです(笑)
ありがたいですね。当ブログ、読み逃げ大歓迎です。

さて前回の続きです。前回はクリアランス(出発許可)をやりました。
それが出たら、滑走路まで移動しなければいけませんね。
と、その前に車で飛行機を押し出さなければいけません。飛行機はバックできないですからね。
jl2これを「プッシュ・バック」と言います。一度でいいから運転してみたいなぁ…
この車、トーイングトラクターです。お値段は家が2、3件ほど軽〜く建ちます(笑)
ご購入希望の方はコチラまでどうぞ(爆)http://www.komatsu.co.jp/ce/spec/wt.htm

↓そんな高いの買いたくねーよ、とおっしゃる方にはこんなプランがあります。逆噴射を使ってバックするDC−9。残念ながら日本では危ないので禁止されています(笑)


さて、コックピットではドアクローズした事を確認して、プッシュバックの許可をもらうために「グランド」にコンタクトします。
「グランド」は地上走行する飛行機を管制するところです。

…Tokyo ground. Air System1. request push back. I have information A
トウキョウグランド こちら日本エアシステム1便 ブッシュバックの許可をお願いします インフォメーションはA(アルファー)を受信済

管…Air System1 Push back approved. Runway 34L. Face to the east.
日本エアシステム1便へ プッシュバックを許可する 滑走路は34L 機首は東へ向けてください


プッシュバックしている間、コックピットでは何をやっているかと言うと、ここでエンジンを掛けています。乗ってれば一発で分かりますね。たまに石油ストーブの匂いがしますがあれは故障ではありませんよ。
簡単にはしょって大雑把に慎重かつ大胆に言えば、飛行機の空調はエンジンの排気ガスです。
それでエンジンを掛けたときに、燃料(=灯油=ケロシン)の匂いがキャビンに入ってきちゃうんですね。
空港の展望デッキにいても、風に乗ってその匂いがするときもあります。いい匂いだ。
それで「ケロシン吸引」と言うようになりました(笑)


moriya_7 at 23:40│Comments(18)TrackBack(0)もりやが知らない世界へお連れします | ひこーき

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たけさと   2008年01月22日 00:54
5 逆噴射を使ってバックとは器用なことしますね!
キケンですよ、これ!
クルマみたくバッグモニターあるのかな(笑)
2. Posted by かんさと   2008年01月22日 01:54
何回か に乗りましたが

やはり着陸が 緊張します
離陸は いつも楽しんでますが
((o(^-^)o))わくわく

逆噴射〜片桐機長を思い出しますね
3. Posted by 餌釣師   2008年01月22日 03:17
燃料は灯油だったんですね、知らなかった。
プロペラ機も灯油ですか?
4. Posted by Dr.鉄路迷   2008年01月22日 08:14
5 飛行機がバック自体できるとは思わなかった・・・。
バックする時に、OO急便みたいに、「ピピッ ピピッ ピピッ!バックします!」という装置をつけましょう。あと左に曲がりますバージョンも。
5. Posted by いはち   2008年01月22日 09:27
5 逆噴射を使ってバックなんて,初めてみました。バックできたのですね飛行機も。
おならの力で自転車を前に進めるみたい。
6. Posted by flight2005   2008年01月22日 17:05
こんにちは!
楽しく読ませて頂いております。

先週の日本列島、上空に強烈な寒気団と西風でフライトレベルが結構高かったですね。
新千歳からの西行き、何とFL40でした〜
酸素マスクつけて操縦していたはずですね・・・
7. Posted by sapo   2008年01月22日 20:28
読ませていただいています
8. Posted by Longlong   2008年01月22日 23:33
4 飛行機もバックできるのですね。
着陸時にブレーキをかけるほどだから、停止時にやると、バックできるのですね!

自宅でケロシンの香りを楽しむことは出来ますか?
9. Posted by てるっぴ   2008年01月23日 01:38
飛行機が自分でバックするのは初めてみました
操縦免許を取るときに車庫入れも必須だったりして?(爆)
10. Posted by もりやせぶん   2008年01月23日 20:46
5 たけさとさん
観光バスみたいに、スチュワーデスさんが笛持って誘導してるかも知れませんね(笑)
11. Posted by もりやせぶん   2008年01月23日 20:48
5 かんさとさん
パイロットとしては着陸より離陸のほうが緊張するらしいです。
やり直しがきかないから、と言っていました。
12. Posted by もりやせぶん   2008年01月23日 20:57
5 餌釣師さん
プロペラ機にも2種類ありまして、1つは自動車と同じエンジンのレシプロ機、これが航空用ガソリンです。
2つめはジェット(ガスタービン)エンジンでプロペラを回すターボプロップ機は灯油で飛びます。
ターボプロップ機はYS−11とかQちゃんとか普通に飛んでいますね。
13. Posted by もりやせぶん   2008年01月23日 21:00
5 Dr.鉄路迷将軍様
この技が出来るのはDC−9シリーズだけですよ。747とかでは出来ません(笑)
ロシア機でも出来るんですかね?

○○急便ではなく、○○通運とお書きいただきたかった
(児玉清風に)
14. Posted by もりやせぶん   2008年01月23日 21:08
5 いはちさん
ワハハハ!
人間ジェットエンジンでチャリを進めるですか(爆)
15. Posted by もりやせぶん   2008年01月23日 21:14
5 flight2005さん こんにちは コメントありがとうございます。
FL40ですか。冬を感じますね(笑)
40までくると空の色が違っていいですよね。
40より上だとマスク着用でしたっけ?
41ではありませんでしたっけ?
16. Posted by もりやせぶん   2008年01月23日 21:15
5 sapoさん
ありがとうございます。
読むだけでも構いませんよ〜
17. Posted by もりやせぶん   2008年01月23日 21:15
5 Longlongさん
さすがに自宅じゃ嗅げないですね。
自宅だと音が楽しめます(笑)
18. Posted by もりやせぶん   2008年01月23日 21:17
5 てるっぴさん
卒業試験で、3回切り替えすと失格になったりして…(笑)
教官の指導も厳しいでしょうね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔