一年ぶりの更新です。

管理者が多忙なため、代理で妹が更新します。

6月4日現在の森山農園のぶどうの様子は…




DSCF2244


ジャン!!!

小さな小さな花を咲かせています。


ということで昨日は「ジベレリン」の作業でした。

ジベレリンといえば高校の生物で習いましたよね。植物が生来もっているホルモンの一つです。他にもあって確か…インシュリン?(笑)
調べてみると、「ジベレリン・アブシシン酸・サイトカイニン・オーキシン・エチレン」ですって。きれいに忘れておりました。
ジベレリンには茎の成長促進、子房の発育促進、発芽の促進等の働きがあります。この働きを利用して、花が咲いた頃のぶどうを浸すことによって、受粉する前に勘違いさせ、種を作るのをとばして成長させるということです。ジベレリンの液に一房一房浸していきます。

そういえば、種なしぶどうがメジャーになったのっていつ頃でしょう?

子どもの頃、用心してぶどうを食べていた記憶があります。ぶどうの味は好きだけど、種には注意せよ(゜゜)!!!みたいなね。
幼稚園の時、子どもたちの間でこわいと話題だった本がありました。盲腸になって救急車で運ばれて手術する話だったんですが、
「ぶどうの種を飲み込んだから盲腸になったんだ」みたいな言葉があって、その部分が強烈に残っていたからだと思います。

今は種を気にせず食べることができて、より身近に楽しめるものになりました。
技術を考えてくれた人には感謝です。
今では一番大好きな果物です(*^_^*)


今年も、森山農園のぶどうを楽しみに待ってくれている方がたくさんいます。
ありがたいことに、「おいしかったからあの人にも食べさせたい!」と、
広く御注文を頂くようになり、今では色々な県からご依頼を頂いています。


8月下旬~9月中旬頃までお楽しみいただけると思います。

順調に成長中です。お楽しみに(^^)/


人気ブログランキングへ ←ぜひクリックお願いします。


(゜゜) (^^) (`´) (';')

ジベレリンの働きをびわに応用できたらいいのに…

びわっておいしいのに、6割は種ですよね。