2021年01月20日

茶苔の変遷


藻類の異常発生とかのバイアスを除けば、硝酸塩濃度と茶苔発生とは明確な因果関係がある。
1月16日 NO3 = 2.22ppm
FullSizeRender
1月17日 NO3 = 0.66ppm 
FullSizeRender

1月18日 NO3 = 0.00ppm 
IMG_7887


茶苔と褐虫藻は、トレードオフなのか?  

Posted by morizo19601106 at 08:02Comments(0)

2021年01月18日

茶苔が消滅!


リセット177日目

コーラルニュートリション 本日は休止
微量元素 ヨウ素 0.3ml
                  カリウム 0.3ml
     キレート鉄 0.9ml
     その他 0.3ml
NO3-PO4-X  2ml
Nitrate+ 本日は休止

ドージング カルシウム 2ml
      アルカリニティ 18ml
      マグネシウム 1ml
夜測定
NO3 = 0.00ppm 
まあまあ時間かかったが、同時に茶苔も消えた!それはそれで、すごい!

▼使用後

IMG_7886


▼使用前
FullSizeRender
  
Posted by morizo19601106 at 20:29Comments(0)

2021年01月16日

めちゃくちゃムズイ

FullSizeRender
待望の光学式硝酸塩チェッカーがHANNAから出た!さっそくGETだ!
IMG_7873
・・・が、結構ムズイ💦
これだと、RedSeaのほうが、慣れてる分楽かもな。ただ精度の高さは、さすがの光学式。

NO3 = 2.22ppm

だがそれより!なんとNO3が想定の数倍!
測定しないで毎日添加していたら、いつのまにか水槽内の還元能力を超えてしまっていたようだ。めちゃくちゃ危険。。。
そりゃ苔も出るわな。やはり、Nitrate添加は神経質にモニターしながらやらなければ、容易く水槽崩壊に繋がりそうだ。

念のためRedSeaで追試するが、やはり高濃度のNO3を検出。
FullSizeRender

どこがターニングポイントになったのか
は、今後推移を見極める必要がある。
まずは、ゼロベースまで戻るのを待とう。

ちなみに、最近エビカニの暴れかたが半端ない。食い物がないのか。まあ、あまりないことは間違いないだろう。

ウェーブメーカーがエラーで止まっていた。藻類などが付着して止まってしまうことがあるようだ。急激なNO3 蓄積の原因か?

  
Posted by morizo19601106 at 17:46Comments(0)

2021年01月09日

Mission;ナガレハナ救出作戦

IMG_7848
究極のマッチポンプ、NO3-PO4xの添加で脱窒作用を維持しつつ、一定濃度の栄養塩維持のためNitrate+も添加開始することにした。
何なんだよ、それ。

AM11:00少し前にNitrate+を2.5ml添加。

AM11:30ごろから計測
NO3 = 1.50ppm
PO4 = 0.00ppm
PH = 7.8
KH = 9.1dKH
Ca = 531ppm
Mg = 1120ppm
塩分濃度 32ppt

流石に計測しないで毎日添加するのはリスクが高すぎる。とは言え何を基準にするべきか。1.00ppm程度なら8時間くらいで完全に消費され尽くす。とは言え苔が消費して繁茂しては何にもならない。朝添加したものが夜には完全に消費されているくらいが良いのではないか?

IMG_7849

気のせいかソフトコーラルが調子良さそうだ。
そう言うメリットもあるかも。
何ヶ月ぶりかでProbiotics Marine Formulaを添加。水換えしないでも入れるべきか。

▼炭素源添加による硝酸塩・リン酸塩の減少
https://www.redseafish.com/ja/blog/nitrate-and-phosphate-reduction-via-carbon-dosing/

追伸;
18時の測定で、NO3はゼロとなる。
1日の投与が2.00ppm以下ならリスクは小さいと言えそうだ。

  
Posted by morizo19601106 at 12:41Comments(0)

2020年12月30日

硝酸塩のゆくえ

IMG_7806
添加した硝酸塩が、どのように減衰していくかをトレースして見ようと思い立った。

12:00 添加前 0.00ppm
          NitratePulsを2.5ml添加
          添加後 1.00ppm
13:00 ほぼ変化なし
16:20 0.25ppm
18:00 0.10ppm(微量で測定出来ないが、ほんのり色が出ていた)
19:15 0.00ppm(完全に消失した)

13時の測定で油断してしまったが、添加後の6時間くらいで一気に窒素還元されていく模様だ。このパワーは凄い。
確かに、ある程度の硝酸塩を維持するには自動点滴は必須のようだ。

しかしどうなのだ、この究極のマッチポンプ。硝酸塩は危険な物質なので、野放図に添加出来ないが。。。

多少ナガレハナが弱った気がするのが懸念。  
Posted by morizo19601106 at 19:47Comments(0)