2007年06月21日

【6月21日】06年のCO2排出量、中国が米国抜いて世界一に

社会ニュース

偽装ミンチ問題、生協やスーパーが販売中止

 小売店は豚肉が混入していた「北海道加ト吉」の牛肉コロッケの販売中止や店頭からの撤去を始めた。

 コープこうべ(神戸市)など全国約80の生協は20日午前、「CO・OP 牛肉コロッケ」の販売を中止。コープしが(滋賀県野洲市)はカード会員の購買履歴から当該商品を購入した組合員を割り出し、購入代金を返還する方針だ。

 鹿児島県と宮崎県で「ファミリーマート」を運営する南九州ファミリーマート(鹿児島市)は、豚肉が混入していた牛肉コロッケを使ったサンドイッチを店頭から撤去した。ダイエーと西友、ローソンも豚肉の混入があったかどうかを確認中だが、「消費者の不安を払拭(ふっしょく)する」(ダイエー)ため同日、商品を撤去した。

(引用:日本経済新聞)

[PR]キャッシュカードでキャッシング

国際ニュース

06年のCO2排出量、中国が米国抜いて世界一に

 オランダの政府系研究機関「環境評価局」(MNP)は19日、温室効果ガスの大半を占める二酸化炭素(CO2)の排出量で、中国が2006年に米国を抜き、初めて世界でトップになったとする分析結果を発表した。

 英石油大手BPのエネルギー消費データなどをもとに、石油や石炭などの化石燃料を燃やして出るCO2と、工業生産の過程で生じるCO2の代表例であるセメント生産分のCO2とを合わせて算出した。

 それによると、中国の化石燃料分は約56億8000万トン、セメント分が約5億5000万トンで合計約62億3000万トン。一方、米国は計約58億トンで、中国が約4億3000万トン上回った。中国の化石燃料分の排出量が前年比で8・7%増えたのに対し、米国は1・4%減少しており、これが米中逆転につながった。

 温室効果ガスには、森林伐採に伴って出るメタンなども含まれるが、化石燃料によるCO2が主で、温室効果ガス全体の排出量でも中国が世界でトップになった可能性がある。国際エネルギー機関は、2010年ごろに中国のCO2排出量が米国を抜くとの見通しを示していた。

(引用:読売新聞)

経済ニュース

ガソリン、140円台確実

 新日本石油の渡文明会長(石油連盟会長)は20日の記者会見で、7月出荷分のガソリンなど石油製品の調達コストが、1リットル当たりで前月比1・8円上昇するとの見通しを示した。この結果、同社の7月卸値は2円以上引き上げられるとみられ、レギュラーガソリンの店頭価格の全国平均は、昨年10月以来9カ月ぶりに140円台に乗せることが確実な情勢となった。

 石油情報センターが20日発表した18日現在の同価格の全国平均は138・9円だった。都道府県別では、東京や九州を中心に既に140円を超えている。

 新日石の調達コストの上昇は、原油高と円安が原因で、原油価格の上昇で0・9円、円安進行で0・9円上昇する。他の石油元売り各社も事情は同じで、値上げに踏み切るとみられる。

 渡会長は、夏の行楽シーズンを前にガソリン店頭価格の上昇が見込まれることについて「個人消費に全く影響がないことはない」としながらも、「われわれだけではどうにもならず、ぜひご理解をいただきたい」と理解を求めた。

(引用:フジサンケイビジネスアイ)

政治ニュース

重要法案、なお綱渡り・国会12日間延長

 政府・与党は12日間の国会会期延長を固めたものの、野党が抵抗を強めるなか、国家公務員法改正案など重要法案の成立はなお楽観を許さない情勢だ。社会保険庁改革法案や年金時効撤廃特例法案の「出口」も延長後の来週にずれ込む可能性が高い。採決強行を連発するか、それとも野党との接点を探るのか。参院選への影響を計算しながら綱渡りの運営を迫られる。

 「会期を延長しても雇用ルール見直し法案の今国会成立は困難だ」。自民党の青木幹雄、公明党の草川昭三両参院議員会長らは20日の協議で、国会延長ですべての重要法案が通るわけではないとの認識で一致した。背景には、国会延長を織り込み、慎重論を押し切る形で公務員法改正案を参院に送った安倍晋三首相への不満がある。

(引用:日本経済新聞)

スポーツニュース

プロ・マー君に“甲子園の洗礼”

 【楽天0−5阪神】魔物は心の中にいる。母なる甲子園はそう教えた。田中が、高校時代8勝無敗の聖地でのプロ初登板で5回6安打3失点。この夜、田中らしかったのはこの言葉だけだった。「いつかは(黒星が)つくものなんじゃないですか。特別な気持ちはもちろんあったし、阪神の応援も大きかったから雰囲気も違ったけど、それで動揺はなかった」

 初回裏。足元の土に手を触れてから投球練習を始めた。感触は10カ月前と変わらない。しかし甲子園という舞台が平常心を奪ったのか。初回、赤星の盗塁と嶋の二塁悪送球から2死三塁とされ、金本に先制の右前打を浴びた。2回にも2点を失った。初回、150キロをマークしたが制球は乱れ変化球が高めに浮いた。

 「いつもより投げ急いでいた。タメがなかった。ズルズル行ってしまった感じはある」。観客席には兵庫・伊丹市から駆けつけた両親。空回り――。昨年8月21日、早実との決勝引き分け再試合以来のマウンドに自然と力が入った。打線も今季初の2戦連続零敗で5位転落。休日の予定だった21日の練習実施を決めた野村監督も「田中はどうしたんだ、2回は?」と不思議そうだ。「いいピッチャーは悪くても修正できる。次は修正してやっていきたい」。18歳は必死に前を向く。

 前日、球場入りした田中は高校時代に使わなかったロッカールームとベンチ裏の通路で迷った。。慣れ親しんだはずの甲子園。それでも知らないことはある。学びながら戦い、苦しみながら成長していく。

(引用:スポーツニッポン)

文化芸能ニュース

ビリーズブートキャンプがやってきた!

 ダイエットプログラム「ビリーズブートキャンプ」で人気の米インストラクター、ビリー・ブランクス(51)が20日、来日した。

 ロサンゼルスから10時間のフライトだったが「快適な旅だったよ」。娘シェリー(32)と、カメラマンのリクエストにこたえ、エクササイズするサービスも見せ「日本には10日間、滞在する。僕は2回目の日本。京都に行きたいね」と話していた。

(引用:日刊スポーツ)

morning_news at 08:02 この記事をクリップ!