牝馬マニアのモロコシです。





中山記念の有力各馬の1週前評価です。







ラッキーライラック   
一時は終わった馬とも言われていた馬でしたが、昨年末の巻き返しはホントに見事なものでしたよね。
スミヨンJの神騎乗の恩恵もありましたが、エリ女では完全な前残りの中で最内を突く完璧な競馬での勝利。
前走の香港ヴァーズでもグローリーウェイズに離されたものの、3着以下に差を付けての2着ですから、世界的に見てもトップクラスの実力馬になりましたね。
今年もこのレースから始動ということになりますが、昨年はウインブライトと僅差の2着に付けているように、休み明けから走れる馬なので状態面さえ整っていれば力は出せるでしょう。
ただ、今年は海外帰り初戦なので、追切の気配面は注意して見ていかないとですね。
勝負根性のある馬なのでガシガシ追ってくれる外国人Jとは相性が良いですから、デムーロJへの乗り替わりも決してマイナス材料にはなってこないと思います。




ダノンキングリー   
昨年は皐月賞3着・ダービー2着と世代トップクラスの実力を見せてきましたが、前走のマイルCSでは一流の古馬相手に5着と悔しい結果に終わりましたね。
まあ、我らが戸崎のお手馬だっただけに、乗り替わりの横ノリさんが乗り切れていなかったこともありましたから不完全燃焼といった内容でしたね。
それでも5着という成績は立派なものですし悲観視することは無いと思いますが、今回も少頭数ながらGⅠ級のメンバーが揃っていますから、この休養期間にどれだけ成長出来ているかが焦点となるでしょう。




ウインブライト   
昨年は香港GⅠを2勝と世界的にも大いに存在感を示した1年となりましたが、今年もここから始動ですね。
中山記念は去年・一昨年と2連覇を含む4戦4勝の絶好の相性を持つ舞台で、3連覇の偉業を成し遂げるかが注目ですね。
基本的に使ってからの叩き良化型なので、初戦からは過度な期待は置けませんが、中山の舞台であれば多少の余裕残しでも結果を残してきているので仕上がり次第では要注意となってくるでしょう。
ただ、昨年は叩きを使ってからこのレースに挑んでいただけに、海外帰り初戦の今年はあまり無理をしてこない可能性が高いかもしれませんね。




インディチャンプ   
昨年は春秋マイルGⅠ連覇の偉業を成し遂げ、文句なしで現役最強マイラーと呼べる実力馬ですね。
前走の香港マイルでは7着と敗れていますが、マイルCSの激走後でもあり、慣れない地でのレースで直線でも不利を受ける形になったものですので、度外視して良いものだと思います。
ここまで国内では掲示板を外したことのない安定感を見せてきている馬ですから、改めて立て直された今回は初戦からでも力を発揮できる可能性はありますね。
意外にも中山は初になりますが、立ち回りの器用な馬で小回りコースは苦にしないタイプなので、問題なくこなしてくれると思います。




ペルシアンナイト   
この馬もGⅠで度々好走を見せている実力馬ですが、買い時はハッキリしているタイプですね。
キャリアを見ての通りで、休み明けは馬券内に入ったことがない馬で、叩きは叩きとハッキリさせるタイプ。
ここは大阪杯に向けたステップレースでしかないですから、この馬を狙うなら次以降ですね。






ここまでが上位人気想定の各馬。



このレースは例年春のGⅠ戦線を見据えた各馬が始動戦に使うので、各下馬は避けてきますから少頭数になりがちなレース。

今年もより豪華なメンバーが揃ったこともあって、そこ以外の出走はほとんどなく一層少ない頭数でのレースになってしまいましたね。

登録メンバーを見ての通りで見ての通りで実力差はハッキリしていますから、それぞれ叩きとはいえ上位馬での決着は濃厚ですかね。

叩きの中でも仕上げてきている馬を選んでいかないといけないので、メイチ重視の私にとっては非常に難しい1戦です(笑)

なので、主軸選びに関しては各馬最終追切までしっかり見てから決めていきたいところですが、人気薄4頭の中に1頭だけ気になる馬がいるんですよね。

恐らく上位人気馬同士の争いになると思うので、あくまで可能性ですが、その気になる1頭を週前時点での穴馬候補として紹介しておきます。



人気ブログランキングへ
馬柱を見ても年齢的にも既にピークは過ぎているので、今更上積みというのは当然ありませんが、中山1800だけ大崩れしていないんですよね。
昨年のこのレースは7着と敗れていますが、6着以上の馬はGⅠ級の有力馬で着差を見れば大崩れとは言い難い。
一昨年に関しては3着と結果を残していますし、かつては中山マイルを得意としていましたから、この舞台は非常に相性が良い1頭ですね。
今年の中山記念は例年以上に少頭数でほとんどが海外帰りという状況ですから、この馬は年齢的な衰えは否めないものの先行力はまだまだあるので、開幕の中山であればチャンスは0ではないと思います。



※馬名はランキング内のブログ説明欄に記載されてます!
皆様のアクセスを励みに頑張っていきますので、
どうぞ宜しくお願いします!





記事にできなかった重賞や、当日の状況を見ての穴馬などもLINE@にて公開していますので、ぜひ登録お願いします!

友だち追加