牝馬マニアのモロコシです。





阪急杯の有力各馬の1週前評価です。






ダイアトニック   
前走は休み明けでトップハンデを背負わされる厳しい条件でしたが、プラス12キロの太目残りの馬体でも切れ味劣ることなく2着入線と改めて実力を証明する結果でした。
GⅠ初参戦のマイルCSでは力及ばなかったものの、しっかり前走で巻き返しを図れたのは好感が持てますし、叩き2走目となる今回は更に上積みが期待できるところでしょう。
阪神は新馬以来久々となりますが、その新馬以外では全て勝ち星を1400mで上げている巧者ですから、今回も人気相応の走りを見せてくれるのではと思います。




フィアーノロマーノ   
前走の阪神Cでは鞍上が完璧に乗ったものの2着と及びませんでしたが、相手は化け物でしたから十分に力を発揮できた1戦であったと評価を置けますね。
昨年はGⅠ戦線では通用してこれなかった馬でしたが、GⅡGⅢのマイル重賞では結果を残してきているように、このクラスであれば実力は上位でしょう。
ただ、阪神コースは連対率100%の相性を持つ舞台で一見巧者とも思えますが、全てが暮れのタフな馬場であったのは気になるところ。
今回は開幕の早い馬場での1戦なのでどこまで持ち味を発揮できるかが焦点ですが、脚質に自在性のある馬で急坂も得意としていますから、スタートからポジションを取っていけるのであればチャンスはあるでしょう。
ただ、最大の不安要素は最近あまりにも乗れていない鞍上に変わることですね。




ステルヴィオ   
昨年の安田記念8着から体勢整わず長期休養を挟む形になり、ようやく復帰してきましたね。
一昨年のマイルCSを制していたように、若いころからマイラーとしての実力を開花させていましたが、昨年思うように使ってこれなかったのは痛手ですね。
古馬になってからのこの馬の真の実力を見られていないので他の馬との比較が難しいところなのですが、少なくとも今回は無理をしてこないでしょう。
ただ、天永仕上げなので休み明けから普通に走ってきてもおかしくはないというのが怖いところですよね。




マイスタイル   
ムラ駆けするタイプで買い時が非常に難しい1頭なのですが、実力的にはどうなんでしょうね。
2走前のマイルCSで崩れていてくれれば、GⅢ巧者としてハッキリするんですが、直近のGⅠで4着にったという事実が迷わせますね。
古馬になってから控える競馬も型についてきた印象もありますが、持ち味を活かすにはやはりペースを握っていかないといけないと思いますので、今回は枠順次第では逃げの手に出るのではと思います。
タフな馬場でも結果を残していますが、前半から淡々と流れる速い馬場の方が良いと思いますし、今回の条件はマッチしてきそうな印象はありますね。




クリノガウディー   
マイル重賞で2連対・3着1回と実績としては上位ではありますが、全てがタフな状況下でのレースであったように、力のいる馬場でこそ力を発揮するパワー型マイラーですね。
輸送にも弱く、脚が長く使えないので小回りコースでこそという馬ですが、前走の東京新聞杯では外枠から最後の直線で空いた内を突く好騎乗を見せて3着に入ったように、負けて強しという内容でした。
それもあって今回は評価を上げてきそうな1頭ではありますが、輸送のない阪神変わりはプラス材料になってきますが、開幕の早い馬場はあまり歓迎材料ではないですね。
週末に一雨降って馬場がタフになればチャンスはあると思いますが、速い馬場で時計が求められる状況だと少々厳しい競馬を強いられてきそうですね。
ただ、叩き2走目で状態面は上げてくると思いますので、仕上がり具合を見て取捨を決めていきたいところ。




ここまでが上位人気想定の各馬。

想定オッズでは上記5頭が一桁台のオッズで人気を分け合う形で、以下の人気の馬は20倍以上と少し差のある感じになっていますね。

実際はここまで開かないとは思いますが、人気は割れ加減の上位混戦にはなってくるでしょう。

ここも上位人気馬にとっては叩きの1戦なのでどれほど仕上げてくるかが焦点になりますが、中山記念と違って多頭数でそれほど実力に差はない印象はありますから、波乱の可能性も十分に考えられますね。

このレースを見据えてメイチで作ってくる馬もいますから、その辺りが馬券の肝にはなってくるので、各馬仕上がり具合を要チェックしていきたいところ。

後は開幕の阪神ですから、枠順や脚質も大きく影響してきそうですね。



実績馬から狙うか穴馬から狙うかとどちらでも考えられる戦力図なので難しい1戦にはなりそうですが、ひとまず週前時点での軸候補を2頭紹介しておきますね。


まず、人気どころではダイアトニックですね。

叩き2走目でこの条件ならば大崩れまでは考えにくいでしょう。


そして、もう1頭は人気薄から!



人気ブログランキングへ
明け6歳になってようやくOP昇格を果たしたレベルですが、1400m戦に関しては(5-1-1-2)と抜群の相性を持っている1頭。
2走前はルメールJの見事な騎乗で先行押し切り勝ち、前走は内枠からスタート出れずでしたが武Jが機転を利かせての追い込み競馬がドハマりと、全く違う競馬で勝ち切ったというのは評価が置けるところですね。
今回は初重賞で初の右回りと未知な部分は多い馬ですが、脚質の自在性があってかなり器用な馬なので、小回り急坂の阪神は合うと思います。
まあ、実力的には過大な評価は置けませんが、近2走の競馬は決して弱い馬ではないと思いますので、OPクラス馬相手でも十分やり合っていけるのではと思います。




※馬名はランキング内のブログ説明欄に記載されてます!
皆様のアクセスを励みに頑張っていきますので、
どうぞ宜しくお願いします!






記事にできなかった重賞や、当日の状況を見ての穴馬などもLINE@にて公開していますので、ぜひ登録お願いします!

友だち追加