4月21日より家庭保育の要請を受け5月6日までとなっていた期間が10日まで、13日までと
延長が繰り返されましたが、ここにきてコロナウイルスの広がりが少し落ち着きをみせてきた?
のか、14日から佐賀県では学校関係、施設関係、も再開されることとなりました。

佐賀市でも県に従い14日から同様の措置が取られることとなりました。

夏休み・冬休み・等の長期休業日は、希望を持って、喜びを持って休業日に入っていき、
長期休業日ならではの、大きな成長が見られて、長期休業の必要性
も感じます。
しかし、今回の臨時休園は、何の準備もできないまま、ただただ不安の中でのお休み
となってしまい、子供たちにどんな影響があるのか、少々心配なところではあります。

4月・5月の大切な行事や毎日の保育教育がたくさん中止となり、そこで身に付くものが
できなかった分をどう挽回していこうか、私も長年の経験の中での初めての出来事です、
見当がつきません。
今度はどう子供たちを迎えるのか、コロナ対策をどうしていこうか問題は山積みです。

しかし子供たちはきっと元気に、登園してくることでしょう。
いっぱいの笑顔を浮かべて。(楽しみでもあります)

コロナウイルス対策を整え、元気よくやってくるであろう子供たちを笑顔で迎えようと
来週早々からは準備が大変になりそうです。

青い5月の空、さわやかな風の元、園庭の木々も、木陰をたくさん作って子供たちを待って。
こんな青い空、さわやかな5月の季節を感じさせることができないのは子供たちの教育には
大きな損失です。   本当に もったいない!!
でも来週には子供たちが元気に歓喜の声を上げて遊んでくれていることでしょう。
さわやかな風を感じながら。
CIMG6028

にこにこ広場のくろーばー山、クローバーの白い花が咲き誇っています。
冠作ったり、首飾り作ったり、この花でも楽しい遊びが待っていましたが・・・残念。
14日にはもう過ぎてしまって枯れかかっているかも。 やっぱり季節は待たずに
過ぎていきますね。
子供たちが登らないので、クローバーが元気元気。
CIMG6030

奥にはジャガイモとソラマメが、ぐんぐん青い空に向かって伸びています。
ソラマメは、収穫時。 
年長さんが収穫して、塩湯がきして皆におすそ分けして、空の青さを食べるはずだったのに
またまた、教育の場を逃してしまいそう。
昨年末、今の年長さんが、期待して植えたのに何とかならないものか。
14日まで固くならないで、もつかなー?
CIMG6031

ジャガイモに期待しよう。
CIMG6032

池でも水遊びができる季節になりました。
子供たちの、とび切りの笑顔を想像しただけでも、わくわくしてきます
CIMG6033

鯉のぼりも、子供たちの歓声や笑い声を聞くこともなく、何となく寂しそう。
でも14日には元気な子供たちがやってくるはずです。きっと元気に泳いで
くれることでしょう。
CIMG6034

ずいぶん教育の場・時・を逃してしまいましたが、まだまだ挽回できそう。
でも、再びコロナウイルスが猛威を振るいだしたら大変。
乳幼児は大人が気を付けることで、感染しないと思います。

人の多いところへは連れて行かない。
家へウイルスを侵入させないように大人が気を付ける。
大人が手洗、うがい、を励行することをみせ一緒にやる。
などなど、もっとあるかと思います。
子供たちを守りましょう。

また園でも、オゾン発生器で、夜のうちに部屋、おもちゃ等消毒が十分に
なされています。
昼間も、うがい手洗いを徹底します。
子供たちのお昼寝時にも換気をし、離れて眠ります。
職員にも、仕事柄子供たちのことを考え、3密の所へはいかないようにお
願いしています。
とにかく大人が気を付けることで、子供たちを守ることができます。
頑張りましょう。




今日は、初めて真新しい園児服を着ての年少組さんの登園日。
お始まりの後、ホールに集まり、神妙な顔で席に着きました。
まず美絵先生からの、「お祝い会」を始めますの声に、緊張の中に耳を傾けました。
IMG_0757

お祝いの話の中には、手遊びが入った「ブラックさんとブラウンさん」も入り
園長先生のお話を、集中しよく聞いていました。よく聞いていました
IMG_5550
年長さんの歌のプレゼントもしっかり聞いて一緒に動きます。

IMG_5571

IMG_5577

DSC00314

年長さんから、お祝いのプレゼント。
「おめでとう、一緒に遊ぼうね」「ありがとう」
IMG_5583

IMG_5580
祝いの、お餅も、代表でいただきマース。
IMG_5552

一連の式が終わったら、お祝いのパーティが始まりました。お花を飾って「おめでとう、カンパーィ」
DSC00320

DSC00318

DSC00319

DSC00322

園長先生の「ぼくほし坊」のお話があってみんな大喜びでした。
DSC00321

みんな仲良くなれたところで、集合写真を撮りましたがカメラが悪かったかなー?
少々ぼけていますね。

ほしぐみです。よろしく
DSC00325
年少さんの集合写真。「ちょっとーみんなあーカメラみてよー」
IMG_0787

にじぐみです。よろしく                                     
IMG_0824

お兄ちゃんお姉ちゃんと幼稚園生の仲間いり。一緒に大きくなろうね。

コロナの心配で入園式が中止になり、何とか子供たちだけでも 「保育から幼児教育への節目となる式」 をやってあげたいと思い、お祝いの式をやりました。

緊張して臨んだ、「お祝い会の式」。
お兄ちゃんお姉ちゃんと仲良くなれたパーティ。 2部構成で楽しく過ごすことができました。

いつ終息してくれるのかわからないコロナウイルス。
何となく気が晴れませんが、子供たちはいつもと変わりなくとっても元気。
コロナの脅威が子供たちに降りかからないように、大人の方が、気を付けていきましょう。
ウイルスは大人が持ち込みます。
大人が持ち込まない限り子供たちは大丈夫。でも園でも細心の注意を払っていきます。
















入学式、や、入園式、子供たちの晴れの門出を祝ってあげようと、毎年この時期は気持ちがうきうき、
足取りも軽く、たのしい雰囲気でいっぱいでした。
しかし今年はコロナウイルスで、何をするにも、集まっていいのやらいけないのやら、やりたいけどやらない方がいいのか、本当に悩ませることの多い春になってしまいました。

諸富北幼稚園は昨日、20分間だけの入園式が終わりました。
在園児は、歓迎の歌と言葉の時だけ参加して退場、来賓もなく、記念撮影もない、いつもよりちょっとさみしい入園式でした。
でも 真新しい園児服 と 帽子 、 クラスの名前札 をつけて、保護者とならんで席に着く姿は、一つ大きくなった、幼稚園生だという喜びにあふれたしっかりした顔になっていました。
CIMG9249

CIMG9253

CIMG9245


諸富南幼稚園は明日が入園式となっておりましたが、諸事情で中止となり、今回は悔しいのですがコロナウイルスに席を譲ってあげました。

入園式には意味がありまして、「基本的生活習慣を身につけ保育を必要とする時期」、から 「社会性を育て」「学ぶ心を育てる」幼児教育に徐々に移行していくときの、大切な 「節目」 で、これを体験させる意味で、進級児も新入園児も今まで入園式に参加していましたが本当に残念です。

でも、月曜日には、園児たちのみで幼稚園部への「進級の祝いの式」行うようにしました。
年長さんたちが入園式にあげようと作ってくれたプレゼントや、年長年中さんの歌のプレゼント、皆でクラス写真撮影をしたりして、お祝いをしたいと思っています。

またこの画面で南幼稚園の「進級の祝い」の式を載せますので、楽しみにしてください。

コロナウイルスが早く終息してくれることを願うばかりです。






↑このページのトップヘ