10月1日、;親子で秋祭り;のテーマで南幼稚園の運動会が始まりました。

もちろん、オープニングはお神輿で登場です。
とっても威勢のいい太鼓と、ワッショイワッショイの掛け声で元気一杯でした。
IMG_0004


IMG_0005
手作りの龍の登場です。子供たちの真剣な表情が素敵でした。
IMG_0006

IMG_0007


IMG_0011

今年は年長さんと先生たちの手作りの龍でオープニングに花をそえて舞いました。

開会式の後は、全園児のかけっこ。年長さんが特に成長を見せてくれました。
そしてひよこ組さんによる親子の競技。
IMG_0022


IMG_0030


IMG_0026
なかなか動かないひよこ組さん、何とか踊ってほしいと頑張ったのですが。(先日まではもっとノリノリで踊っていた子もいたのですが)動かなくてもかわいい、ひよこ組でした。    

南幼稚園恒例の、チェケマッチョ玉入れでは、役員のお父さんたちにシックスパックの衣装を着けてもらい玉入れに参加していただきました。音楽もノリノリで楽しい玉入れでした。
IMG_0044

狙い定めてー えいっ!
IMG_0055

結果よりも子供たちの玉入れを楽しむ姿が最高でした。


次は年中さんのお祭りワンダーランド。お祭りの雰囲気満載のお遊戯でした。
IMG_0099
IMG_0096

これも恒例親子でロードレース。

IMG_0087

IMG_0090
みんな頑張って走ってきました。メダルは全員にありました。
IMG_0094

年長さんの;よさこいソーラン、今年は11人のお友達で踊ってくれました。
人数が少なかったのですが気合十分。
大漁旗に、より元気をもらって踊れました。
IMG_0109


IMG_0122

IMG_0124

次は仲良しクラス対抗(にじ組)(ほし組)対抗の綱引き
お父さんお母さんたちにも参加していただいて、頑張りました。
楽しそうな表情が何とも言えず、やはり子供の笑顔は癒されます。
IMG_0127

IMG_0134

IMG_0140
IMG_0138

お父さんお母さんも、本気で頑張ってくれました。子供たちは大人の本気を一家里見ていましたよ。

次も仲良し対抗、大玉コロコロです。
おっとっと!こちだよ。なかなか前に行ってくれません。

IMG_0145

     IMG_0141
紅玉が勝っていたのですが、ラストの先生のところで油断してしまったかなー。あっという間に白
玉が勝ってしまいました。彰先生が子供たちに「ごめんなさい」と謝る姿もかわいかったですよ。

IMG_0149

そして年中・年長のスーパーリレー。「負けないぞ」「負けないわよ」デッドヒートです。
IMG_0152
差がついたけど追いあげています。
IMG_0153
年長さんの姿がとれていなくて残念。年長さんは、やはり体力でも気力でも、一つ上の貫録を見せて走っていました。成長していました。(さすがはみんな速くなったねー)
IMG_0155
ばんざいも年長さんは意味がしっかり解っての喜びでした。
IMG_0158
IMG_0156


最後は、にんに忍玉音頭 でフィナーレ。
お母さんお父さん先生たちも全員参加で踊りに加わりました。

子どもたちの人数が今年は少なかったので、どう盛り上げていこうと考え、秋祭りをテーマにしました。
お神輿や龍の登場、太鼓の音に、ハッピ姿やタスキをかけてのオープニングや演技に盛り上がったようです。
子どもたちの笑顔が最高でした。
ご協力ありがとうございました。



明日は中秋の名月。
暦の上では、すっかり秋ですね。コオロギも元気一杯泣き出しました。
夜はそろそろエアコンもいらなくなってきましたが、日中はまだまだ夏の日差しが
残っているようです。

諸富北幼稚園では、中秋の名月を園の中で味わいます。
お団子を作って、ススキを飾って、先生のお話に耳を傾けます。
毎年、毎年行う行事で年長さんになる頃には、お団子とススキと中秋の名月
のお話がきっと心に残っていることでしょう。(ご家族でお月様をこの時期に
眺めている子は、もっとしっかり心に残ることでしょう)

たんぽぽ組雄大先生が、お月さまの絵を描きながらお話をしていました。
「うさぎがいるよね」「お餅ついているよね」と声が上がっていました。
月にロケットが行く時代ですが、幼児期は夢を与えることが大切ですね。
イメージが膨らんでいるようです。
IMG_6110

IMG_6111


明日は晴れの予報です、ご家族で名月を見上げましょう。
出来れば、ススキを飾ってお団子飾ってゆったりしてみませんか、
毎年、毎年やってくる秋の行事です。
子どもたちと素晴らしい日本の四季を毎年味わってみてください。
大人になっても家族で見上げたお月様が、温かく思い出されますよ。

見事なススキにお月様、と羊毛のうさぎたち、子供たちのイメージが膨らみます。
IMG_6115

先生が目の前で作ってくれたお団子「中秋の名月」の味です。IMG_6984

この笑顔いいですね。見ている私たちが幸せになります。
天使の笑顔です。
IMG_6987

幼児期に愛情いっぱいで育てられた子は、幸せになりますよ。
愛情いっぱいもらっている笑顔ですね。



福岡の保育園での、バスからの[園児おろし忘れ]事件以来気を付けているはずの
事件がまた静岡で起こってしまいました。
いつも幼い子が様々な事件に巻き込まれると、胸が痛くなってしまいます。
それも、ちょっとした大人の油断で起きてしまっています。

わが園でも、さっそくバスの運転手さん添乗員さんにくれぐれも、乗降者時の確認と
チエック票の確認、そして降りた後の確認等をお願いしました。
わが園のバスの運転手さんには、子どもたちがおりた後は座席の忘れ物や
清掃、乗る前にオソン発生器でのバス内の除菌等いつも行っていることを
再確認してもらいました

 また職員会でも、
  ・ 園児の出欠の確認(タブレットで) 
  ・ 保護者からの欠席連絡等の確認(職員室へで)
  ・ 出欠確認ができない場合はすぐに保護者への連絡をする。
 等を再確認しました。

わが園では3台のバスで送迎しています。
2台でも十分ですが、なるべく子ども達がバスに乗っている時間を短縮して
事故のリスクを減らし、園でゆっくり朝の準備や遊びができるようにと
3台のバスを運行しています。

とっても優しい新ケ江運転手さん。市営バス勤務を、20代から定年までを続けて
来られた方です。運転がとっても叮嚀(添乗の先生の言葉)だそうです。

IMG_6127

もう1人は幼稚園の事務局の、野木さんもう一人は江頭運転手さんです。
江頭運転手さんは大型免許をとって、何十年も無事故、無違反の
模範運転手です。

IMG_6125

たまに、運転手さんがお休みだったりすると、一昨年まで運転手をして
子ども達から「江島のおじちゃん」と慕われていた、江島さんが乗られ
ることもあります。

バスのことでもなんでも、不安やお気ずきがありましたら、遠慮なくお申し出ください。
子どもたちの為に真摯に対応していきたいと思っております。
 
                             園長  熊 丸
 






↑このページのトップヘ