November 14, 2017

久しぶりのゴルフ!!

DSCN4671















第30回大会グリーンクラブのゴルフコンペに参加する。
あんなに熱中したゴルフだが最近どうも遠ざかっている。
しかし、こんな機会を逃すなと他のことを忘れて参加する。
鳩山にある「石坂ゴルフ倶楽部」、自宅を7時、ナビによると一般道を走って50分、20キロと案内が出る。
ほぼ予定通りに到着する。
 本日の参加者21名、6組である。このゴルフ場には、初めて訪れるが素晴らしい気品あるコースである。
プレイ中は雨にも会わずラッキー、だけどスコアーは、練習不足と言い訳するがこんなはずではないがと・・。
「最近ゴルフ人口が減っている。」そして、雨でも降ればほどんどの人はプレーしないでキャンセルだと。
昔は雨ぐらいと思ってプレーしたが、そして車を持たない若者も多い昨今、ゴルフ人口が減っている理由をキャディーさんは語る。
紅葉の中、極力カートに乗らず芝生の上を歩き、気持ち良い一日となる。


SSCCグリーンクラブ記念大会DSCN4676










DSCN4677DSCN4678


moroi at 21:05|PermalinkComments(0)GOLF | さやま市民大学同窓会

November 11, 2017

今期既に第19回目となる入門英会話講座!!

本日は、ゴロの良い11月11日であり、この11を電柱に例えて、電線などを地中 に埋めて電柱をなくす「無電柱化」の推進日とのこと。先進国では、電柱を見かけないと冒頭の挨拶をする。

DSCN4624























 さて、本日の英会話は、買い物、衣類、身に着けるものがテーマである。
まず漫画のイラストの名称を問うものである。両足、両腕を通すものは、複数のSが付くが、なかなか難しい。(Jeans,Socks,Slippers......)

そして、買い物が好きか?、今までに一番高価な買い物は、なんだったか?、もしたくさんのお金があったら何を買いたいか?など。質問する相手を順次替えての会話、スタッフも出番である。
そして今度は、全員を前に整列、尻とりゲーム、スペルも言わせるが、これも難問である。
本日は、テキストを使わず、ゲーム感覚の英会話講座に皆さん満足のようだ。
学園祭など学校行事も一段落、講座終了後、忘年会シーズンを迎えその計画もあり楽しみである。

DSCN4626DSCN4619DSCN4616


moroi at 17:48|PermalinkComments(0)

October 30, 2017

第30回奥富かかし祭りに参加!!

このところ毎週末、台風の影響で大雨となる。しかし、今年で第30回となる奥富かかし祭りに「さやま市民大学広報室」として、初参加する。小雨の中、水たまりある田んぼの中長靴を履いての作業で苦労して設置する。

集合写真

IMG_4021-2













日曜日は、雨の中の開会式など多くのイベントがあったとのこと。
そして、月曜日の朝、会議の前に会場に行くと快晴のブルースカイにマッチした赤いタコ、素晴らしい。しかし昨日までの大雨でダメッジあり。
しかし、「狭山市議会議長賞」のゴールドのラベルが既に添付されており、微笑む。
そして、ここに立ち寄ったあと市民大学運営委員会があり報告するが、その会議の途中、電話を受ける。

残念にもこの強風で倒れたようで、明日早朝に応急手当をしていただく予定をしている。

DSCN4523DSCN4522



moroi at 20:05|PermalinkComments(0)さやま市民大学 | イベント

October 26, 2017

フォートレッスンin赤城自然園に参加!!

DSCN4492

















KENドリーム主催の「女流作家によるフォートレッスン」に参加する。
所沢駅東口集合、小雨降るなか30人ほどが大型バスに乗り込む。
申し込み順のようで、座席が決めらており、運転席のすぐ後ろの席、ラッキーである。
関越道を一路北上、赤城インターで降り、10分ほど山道を走る。
西武セゾングループの堤さんが子供たちにとって、自然を浸しむことが大事とオープンしたようである。
 先生は、前日より来られ散策して撮影、テーマに合わせた写真を前に講義が始まる。
写真は、相手に伝えること、感動も必要となるほどと思う説明である。
今までの撮影は、全て自動設定で撮影していたが、露出補正、ホワイトバランスの調整を教えていただく。
そして、歩きながら実践の説明、アドバイスをもらう。

DSCN4430





















DSCN4431DSCN4433








遅い昼食後、各人の撮影した写真を皆さんにご披露、先生の評価を頂く。
とても有意義一日である。


DSCN4444DSCN4487


moroi at 20:55|PermalinkComments(0)イベント | 

October 17, 2017

大林組、東京機械工場の見学!! 

DSCN4304DSCN4305











環境ネットの年間行事とのこと、公民館、教育委員会の共催で、大林組の工場見学会に参加する。
川越、狭山工業団地内にあり、ホンダ狭山工場の隣でもある。
建設業界ナンバーワン、創業125年、売り上げは、1兆9千万円の規模である。
本日の参加者は39名とのこと、主催者、工場長の挨拶より始まる。
会社概要、環境の取り組みについての詳細な説明がある。
我々の身近な建造物の工事は、アクアライン、関空とか、高速道路、スカイツリーなど大きな工事をしている。
また、
熊本城復旧工事も手掛けており、飯田丸の映像もあり、克明に難工事を説明してもらう。

DSCN4311DSCN4309










全員がヘルメットをかぶり、耳にイヤホンを付けて、工場見学。
スカイツリーの建設で使った重機など、特殊な工事マシンも見せていただく。
風力発電も大変な工事のようだが、最後に7階建ほどの屋上、100の階段を上りソーラー設備を見せてもらう。

DSCN4312DSCN4318


moroi at 19:38|PermalinkComments(0)教育委員会 | 地域社会

October 05, 2017

ホンダ過剰生産能力を解消EV開発競争に対応!!

狭山工場A















       (写真は狭山工場の正面玄関)

==ホンダ過剰生産能力を解消EV開発競争に対応==

2017.10.4 中秋の名月。
この日3時半、社長記者発表から、各社一斉に報道するが下記の記事は、うまくまとめている。
10.5(Fri.)、川越プリンスホテルにて、OBと現役との交流会、話題は、この狭山工場閉鎖に尽きる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ホンダが、狭山工場(埼玉県狭山市)の車両生産を寄居工場(同県寄居町)に全面的に移すなど生産体制を抜本的に見直す。かねて課題だった過剰な生産能力を解消するとともに、激化する電気自動車(EV)や自動運転車など次世代車の開発強化も進める狙いだ。

 ホンダは伊東孝紳・前社長時代に「2016年度に世界販売600万台」の目標を掲げ、日本▽北米▽欧州▽中国▽アジア・大洋州▽南米−−の地域ごとに開発から生産、販売まで担う「6極体制」を推し進め、販売台数の拡大を図ってきた。

 だが、国内では販売と輸出を合わせた台数が生産能力を下回る状況が続き、低い稼働率が採算を悪くする悪循環に陥っていた。14年には、小型車「フィット」が発売から1年で5回のリコール(回収・無償修理)を行うなど品質低下も問題となった。 こうした中、15年に就任した八郷隆弘社長は6極体制を見直す方針を表明し、生産能力の適正化を進めてきた。それでも世界の生産能力は足元で約540万台あるのに対し、16年度の生産は506万台にとどまる。中でも国内の生産能力と実績のギャップは25万台と大きい。

 また、自動車業界では、少子高齢化やカーシェアリングの進展など事業環境の変化に伴う市場縮小への危機感が強まっている。八郷社長は4日の記者会見で「国内販売が想定より伸びなかった。輸出を増やすことも難しい状況にある」と述べ、国内の生産能力の縮小がやむを得ない判断だったとの認識を示した。

 一方で、八郷社長は「自動車産業は過去にない大転換期を迎えている。
電動化や自動運転など新技術の商品化には製造現場も大きく進化しないといけない」とも述べ、今回の拠点再編が単なる規模の縮小でなく、今後の競争を見据えた布石であることを強調した。

 寄居工場には、電動化などの新技術を生産工程に落とし込む際の実証を行う製造ラインも新設。
世界各地の生産現場を担う技術者が集まり、新しい生産のノウハウを効率的に共有し、各拠点で展開するための足場とする計画。「ホンダの四輪事業全体が成長するためには、今後も日本の製造現場が世界の車造りをリードすることが不可欠」(八郷社長)との理由からだ。過剰生産能力の解消と新技術への対応を両立し、抜本的な収益改善につなげられるか、これから真価が問われる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「操業50年余の狭山工場停止、寄居に集約 狭山に大きな衝撃」こんな見出しもあるが
跡地の活用が気になるところ。



moroi at 08:13|PermalinkComments(0)HONDA | 地域社会

September 09, 2017

英会話受講生夏休みの思い出を語る!!

一カ月以上の夏休みが明け、本日より、再スタートである。
今年の夏は、異常気象でしたが、この夏休みを皆さんエンジョイされたようでその思い出を語る。
講師マイケルもイギリスに帰国、娘さんのアレンジで、ANAビジネスクラスのサービスを堪能したようだ。

DSCN3490DSCN3498











ガーデニングも楽しんだようだが「パンプキンのこと」、あまり広くない庭で、隣まで伸びる南瓜のツル、そこで工夫が、木の枝で生育させたとのこと、これが実りおいしくいただいたようで、このアイディアに皆さん驚いたようだ。

DSCN3486DSCN3488











北海道旅行、東北の夏祭りを回る旅は、走行距離1800KMをドライブしたとのこと、まだ若い。
ヨーロッパ旅行、クロアチアが最近人気のようだ。奈良、京都が大好きで、1週間滞在。富士登山も天候悪いので途中まで。ライオンズファンで西武球場にグローブを持参するが、負け試合だっと。
これから絶好のシーズン到来、皆さんすこぶる元気、多くの場面で大いに頑張るだろうと期待です。

DSCN3492DSCN3494DSCN3491


moroi at 21:28|PermalinkComments(0)英会話学科 | さやま市民大学

September 03, 2017

二学期が始まる!!

DSCN3448



















今年の夏は天候不順でしたが、9月に入り、秋の気配である。これからスポーツ、読書と絶好のシーズン到来である。そして、本日の週末より始まった「茶レンジスクール」、生徒の集まりを心配して学校に出向くが、9人ほど。N中学校の生徒であるが、この二学期より、新たに募集をした1年生である。
本日の支援員は、3名。この支援員の主の科目は、英語担当であるがためか不思議である。
この生徒9名は、全員が英語の教科書、夏休みの英語の宿題を机の上にひろげる。
明日より、このテストがあるようで、その為にも一生懸命である。今年の3月までは、小学生だった中学1年生、まだ英語も始まったばかりで、英語に少しでも興味を持ってもらえるようなアドバイスを与えたいと思っての2時間である。

DSCN3449DSCN3451


moroi at 17:06|PermalinkComments(0)学校支援 | SSVC

August 02, 2017

小学校外国語(英語)研修会に参加する!!

DSCN3281























従来の小学校英語は、外国語活動でしたが、今後英語科へ向う道程が示され、東京家政大学で開催された研修会に終日参加する。

講師の先生は、前にお世話になった酒井準教授、ジョージ先生である。
参加者は、45名、多くは小学校の先生方、神奈川県あたりの遠方からの参加もおり、関心の深さが伺われる。
内容は、評価、考えさせる、何ができるようようになるか目標を持たせるなど
ワークショップもあり、大変疲れるが、「修了証書」もいただき有意義な研修会である。

・外国語学習指導要領では、「4 領域」から「五つの領域」へ

従来の指導目標は、「聞く・話す・読む・書く」の4技能でした。
今回の学習指導要領では、5領域となる。
「話す」の中には「発表」と「 やりとり」の五つの領域別に設定する、
つまり、「話すこと」に重きを置いた内容になっている。
この話すことの[やり取り]」は、相手との会話でスムーズに言葉のキャッチボールができる能力を求めたものです。数回のキャッチボールで留まらず、継続した会話ができるようにすることが大切です。
(・Listening ・Reading ・Writing ・Speaking(・Presentation ・Interactive)

領域が5つになる理由は,今回の改訂において,外国語・外国語活動では,国際的な基準である「外国語の学習・教授・評価のため
のヨーロッパ共通参照枠(Common European Framework of Reference for Languages, 略称:CEFR)」
を極めて重視しており,そのCEFR が言語能力を上記の5つの領域で記述しているからである。

来年度より徐々に移行される方針で、SSVCの出番もあると思われる。

DSCN3283DSCN3284



moroi at 23:00|PermalinkComments(0)学校支援 | 地域社会

July 22, 2017

夏休み前最終日の英会話講座プレゼン!!

さやま市民大学の入門英会話講座、夏休み前の最終日である。
皆さんの前で、テーマ「自分の気に入った品物を持参して」その品物生い立ちななどをご披露するものである。
DSCN3095























 2、3週間ほど前より皆さん準備をして、メモ、話す内容を記述する。
それを英語講師マイケルに添削して、その結果である。
一番目立ったのは皆さん、お寺を回った記念の御朱印などを大事に持参する。
その次に多いのは、海外旅行のお土産、グラス類等である。鉢植え、カエルの置物、貴重な砂の収集もある。
不思議なグラスだと坂本龍馬の大きな杯もご自慢のものである。
皆さんの人柄にも触れた夏の最後の授業、来週は、暑気払いで締める。
9月の初日の授業には、サマーバケーションの思い出を語っていただくことも最後にお願いする。


DSCN3066DSCN3067DSCN3070







DSCN3072DSCN3077DSCN3079







DSCN3081DSCN3084DSCN3085







DSCN3088DSCN3092


moroi at 23:00|PermalinkComments(0)英会話学科 | さやま市民大学