あなたはそのままでいい 〜自愛〜

たんじゅんに、じぶんをだいじに

カルマ

梅雨入りマジなのかな拍手ありがとうございます!
更新遅れております・・・


さて昨日行われました、新日本プロレス大阪城ホール大会!
満員御礼で超盛り上がっていましたね!
リアルタイム配信を観ていましたが、用事があり途中で出かけ、
結果はスマホで見てしまいました・・・w

不思議だな・・・といつも思うのは、
たくさんの選手が出場しているのに、その中で特定の選手を
応援したくなる気持ちです。
僕は棚橋選手、KUSHIDA選手のファンなので、彼らの
選手権試合などはドキドキがとまりませんw

これはその推察ですが、
プロレスというスポーツ・格闘技であるなかで、
それを生業にして生活しているところ。
つまり、「仕事」をしている中で、「何か」を懸けている気がするのです。
その「何か」に共鳴しているんじゃないかと・・・

いつか「何か」を知りたいもろこしです。

どうもおはようございます。

カルマという言葉をご存知でしょうか。
日本語だと「業(ごう)」になります。
自業自得という四文字熟語もおなじみですね。

イメージ的には「行い」という感じでしょうか。
ここでこのブログでも何度か書いている、
高橋信次さんの著書よりカルマの説明の引用です。

ーーーーーー
業というと悪が連想されます。ところが業は必ずしも悪だけでは
ないのです。善も実は業なのです。教育者の家庭に
想像もつかないような悪が芽生えるのも、善の意識が強く働き、
家庭をしばりつけてしまうからです。

「ああしてはいけない」「こうしなければならない」というように、
善への執着も業をつくります。

要するに業とは、五官六根にもとづく執着の想念が作り出した
黒い循環の想念、観念、換言すれば、とらわれた心、
これを業というのです。
ーーーーーー

自分は今、どんな業を抱えているのか、一度客観的に観てみると
いろいろなことがわかると思います。

僕がこのブログを書き始めたのも、端的に言って
願望実現のためです。
その我欲、その執着たるや相当なものでした。
その表面だけ、綺麗事で取り繕っていました。
そこには安心なんてないんですよね。

人は誰しも、自分が今まで通って来た道が
正しかったのだと信じたいものです。

ですがその業を捨てて、
自分の業に振り回されていないか、
同じ過ちを繰り返さないよう、自分の心としっかり向き合う。
それは他の誰かにできることではありません。
自分だけができること、です。



只者じゃない・・・!


深淵

新緑香ばしい拍手ありがとうございます!

そこそこプレイしていますドラクエ10!
先月より、ハイエンド向けバトルコンテンツである
聖守護者の闘戦記」が配信になりました。

僕もメイン職である僧侶で出陣!
普段は回復に蘇生に頑張るのが僧侶ですが、
今回のバトルは、盾役や囮役にもなるまさかのゾンビw
当然その中での蘇生や補助もやりつつで・・・
ドラクエ10、奥が深い!

強さ三段階中、二番目までクリア!
今度は最強倒します!

ウォーキングデッドもろこしです。

どうもおはようございます。 

哲学者ニーチェの言葉に、このようなものがあります。

深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ

当然深すぎて完璧な解釈は難しいですが、どうも気になって
ずっと覚えている言葉なので紹介しました。
僕としては、深淵=心の中と解釈しています。

人の心は三千世界というように、心とはものすごい広大なものです。
ただその中には様々なものが混在しています。
大きく分ければ光と闇、明と暗ですね。

ポイントは、その心の闇の部分とどう向き合っていくか、
勇気をもって見つめることができるのか、
というところだと思います。

他人との比較、底知れぬ欲望、自分さえ良ければいいという我儘、
批判、悪口、ねたみ、挫折・・・
数え上げればキリがありません。枚挙に遑(いとま)がないってやつです。

まずはきっちりと光の部分を認識し、忘れないことです。
僕たちは、他の生命をもらって生きているし、生かされているんです。
その感謝を忘れてはいけませんよね。
そして闇の部分を少しずつでも修正していく。

心の安らぎは、その先にあると思います。




ドライブにうってつけ


プロフィール

morokoshi33

プロフィール
■中の人:もろこし

■特徴:痔愛ならぬ自愛系男子

■主旨:簡単にいうと自分を大事にしましょうってことです

■内容:自愛を通じて半生を語ります

■連絡:am5ilove358☆gmail.com     (☆→@)

■当ブログはリンクフリーでございま
自愛的動画つくりました!
最新コメント
広告スペース
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ