京都大学大学院経済学研究科 エネルギー政策共同研究講座 電力市場の将来予測に係るシンポジウムのご案内

このたび、京都大学大学院経済学研究科 エネルギー政策共同研究講座では、下記要領にて、
シンポジウム「電力市場の将来予測:自由化後の発電コストシュミレーションを中心に」(仮題)を開催することとなりました。

本シンポの日程・会場としましては、12月9日(金)京都、12月16日(金)東京の2か所を予定しております。

年末のご多忙な時期ではございますが、電力自由化後の予測、そのシュミレーションの方法論等にご関心がおありの方は、
是非とも下記参加登録サイトよりご登録頂き、ご参集下さいますようご案内申し上げます。
なお、京都会場/東京会場それぞれ別の参加登録サイトを準備しておりますので、ご確認の上ご登録下さい。

◎12月9日(金)京都会場のお申込みはこちら→ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfu6wrDoerH0E9FZkSJ3ZlWbMBLdGO2AeIvo782tUdafhHVpA/viewform?c=0&w=1

◎12月16日(金)東京会場のお申込みはこちら→ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe5jmGtBEse6K1PXzxuQTaEsLZoQWdea7eJB16rLI-2ieOQrw/viewform?c=0&w=1


 記
1.シンポジウム日程
(1)京都
・日程:12月9日(金)午後13:30〜17:10
・場所:京都大学 楽友会館 (アクセスはこちら:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/rakuyu/access.html)
・住所:京都市左京区吉田二本松町(東大路通と近衛通の交差点を東に向かった北側)
(2)東京
・日程:12月16日(金)午後13:30〜17:10
・場所:イオンコンパス東京駅前会議室 3階 D会議室 (アクセスはこちら(入口が少し分かりにくくなっております。
ヤンマービルとの間の細い通りを外堀通りから10m程日本橋方向に入った右側に「日本酒類販売新八重洲ビル」の入口があります。)
http://www.aeoncompass-kaigishitsu.com/tokyoekimae/)
・住所:東京都中央区八重洲2丁目2−1日本酒類販売新八重洲口ビル3階

2.プログラム:京都・東京同一内容([ ]内は仮題)
13:30-13:35 開会挨拶:経済学研究科長 文 世一(京都会場のみ)
13:35-13:40 開催趣旨説明:京都大学経済学研究科教授 諸富 徹
13:40-13:50 研究会の背景・目的と取組みの概要:京都大学経済学研究科研究員 濱 真理
13:50-14:30 基調講演(40分)
[再エネ大量導入・脱炭素化に向けた電力システム改革]:京都大学経済学研究科教授 諸富 徹
14:30-15:30 講演(60分)
[電力市場の将来予測:自由化後の発電コストシュミレーションとその示唆]:A.T.カーニー株式会社 パートナー 笹俣弘志 
  マネージャー 筒井 慎介
15:30-15:40 休憩
15:40-16:00 報告
原発のコスト試算と今後の課題:京都大学経済学研究科特任教授 稲澤泉
16:00-16:20 報告
[再エネ大量導入に向けた政策課題−系統連系(柔軟性)と立地(受容性)に関する課題−]:京都大学経済学研究科特定助教 尾形 清一
16:20-16:40 報告
[エネルギー・環境政策の再構築−3E+Sの実現に向けてイノベーションが果たす役割]:京都大学経済学研究科講師 井上 恵美子
16:40-16:45 コメント スパークス・アセット・マネージメント株式会社 アソシエイト 吉田 唱
16:45-17:10 質疑応答
17:10 閉会                                 


なお、こちらの案内は、転送歓迎しております。
よろしくお願いいたします。


諸富 徹