株式会社マネジメント・オブ・スペース MOS*LOG
会社紹介 業務実績 お問い合わせ トップページ

実績紹介

職業病

久しぶりのブログです。
3年前の震災のころから、右手のひらにシコリがあるのは、気がついていたのですが、最近手のひらのシビレがひどくなり、肩の痛みもあったので、病院へ・・・・・・・・。
なんと、病名は手根幹症候群!!手術をしないと治らないみたいです。手首のあたりを、切って神経が通っている管を大きくするんですって・・・・・
今は、薬(B-12)とサポーターで様子を観ています。
P1000228
直接の原因はわからないのですが、やはり手の使いすぎ(マウスのクリック)のようです。
職業病です。

T邸構造検査

5月7日 T邸の構造体の監理者(私)の検査です。木造2階建なので、建築の審査機関による検査はないのですが、自主的に検査をします。
CIMG7047
通気の為の、パッキンが、正しく設置してあるか確認です。

CIMG7054
小屋火打の確認です。

CIMG7053
スジカイ金物の確認です。

CIMG7051
引き抜き金物(ホールダウン金物)の確認です。
昔の木造2階建では、なかった金物で、構造設計により、全ての柱にかかる、引き抜き力を計算(私は、N値法でやっています。)で、設置場所及び種類が決められています。
CIMG7050
羽子板ボルトです。大きな梁には、2本止めです。
CIMG7049
基礎と連結の引き寄せ金物。
全て設計通り、指摘事項なしです。

祝上棟

4月23日(月)大安
いよいよ上棟です。
何度も経験していますが、色々な事を考え、少し緊張気味で、現場に到着です。
CIMG7031
あいにくの、小雨模様ですが、順調に組みあがっているようです。
CIMG7032

CIMG7033

CIMG7034
無事に棟が上がり、組み立て作業は終了です。
CIMG7035

CIMG7035

CIMG7036
幣串があがり上棟式の準備完了です。
CIMG7043
上棟式とは、建主と棟梁(大工さん)、頭(鳶職さん)たちが、建物に災禍がおこることなく永遠に繁栄を祈願する儀式です。最近は、略式化して、建物の四隅に、お酒、お米、お塩、拍手で清めます。
その後、作業に参加した職人さんや、招待した人たちと、手締めです。
ここでは、十締め(トウジメ)と言って、3.3.3.最後に1と手を打ちます。これは3を3回で九です、最後に1を加えて丸になります。丸く治まりますように。

プレカット

木造の軸組工法ですが、近年は、大工さんが、墨つけ、キザミをせず、加工工場での、プレカット加工のため、その業者と、打ち合わせです。
CIMG7014
写真は、プレカット図です。私が描いた構造図を基に、納まり等を検討します(私のデスク。汚い!!)
意匠図通りに納まる事を確認し、発注書に押印して、工場で加工し、いよいよ上棟です。

T邸配筋検査

4月2日
監理者(私)と、瑕疵担保の保障の配筋検査です。
CIMG6991
耐圧盤部の、ピッチ確認。
CIMG6992

CIMG6993
タテ筋のピッチ確認。
CIMG6994
カブリ確認。
CIMG6995
耐圧盤の、定着長さ確認。
CIMG6996
タテ筋の定着長さ確認。
CIMG6997
何箇所か指摘がありましたが、すぐに対処してもらい、OKです。
CIMG6998
監理者の検査が終ったあと、瑕疵担保の検査です。
無事合格。
次は、上棟後の構造検査です。
カテゴリ別アーカイブ
LINK
http://ameblo.jp/gobylover/
野球少年4号のブログです
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ