【今日の論語】
子曰く、故きを温めて新しきを知る、以って師と為すべし。

【現代語訳】
孔子「海外で流行ってるビジネスをパクって多少日本向けにちゃっちゃっとローカライズして成功させれば『日本人はリスクをとって起業すべきとか』ドヤ顔で起業風吹かせて起業論語れちゃうからマジオススメ。」

【解説】

スタートアップ(笑) ベンチャー(笑)と、起業を揶揄するような言葉ではありますが、ある種日本のベンチャー論の本質をついている孔子の言葉です。

このパクるという発想はビジネスにおいてでなく人生においても非常に大事だと思います。

いわゆる要領の良いと呼ばれる人たちは、すでにある物を自分の所へもってきてちょっとぐらいルールから外れても適当に書き換えてまるで自分が発明したかのように成果を出します。

逆に要領の悪い人は、自分の考えにこだわりゼロから自分で考えて、教科書やルールからは絶対はみ出さず努力に努力を重ねて、結果すでに誰かが作ったような物の劣化版を持ってきます。パクることは悪だ、コツコツ努力を積み重ねた方が評価されるべきという日本人的な思想から抜けきれないのです。

要領の良い人はコピー元が非常に豊富なので(例えば、同じ業界からはもってこないで、趣味や遊びから持ってくるとか)特に法に触れるとか、悪いことをするわけでもなくぱっと見にはばれにくい、すばらしいパクリができます。

そしてこのパクリが組み合わさって、一定の水準まで高まった時、人はそれをイノベーションや天才と持て囃すのでしょう。

例えば、日本を代表するキャラクターのスーパーマリオを世に生み出した任天堂の宮本茂はスーパーマリオを「これまでのいろんなゲームのいいとこどり」と言いましたが、それはつまりコピーの組み合わせでオリジナルを作ったわけで、ゼロから1を生み出した訳ではありません。

漫画文化の草分けである手塚治虫も映画やアニメや文学、写真、イラストのコピーをマンガに落とし込んだのであり、

映画史上にひとつの金字塔を打ち立てたスピルバーグやジョージルーカスでさえも日本の黒澤明をうまく組み合わせて作品をつくり、また黒澤明もドフトエフスキーやシェイクスピアを組み合わて作品をつくっています。

そして今や世界に其の名を轟かせる、Googleや、スティーブジョブスも、ビルゲイツでもみんなパクり組み合わせの天才だったのです。
(Googleは他者のサービスを買収して組み合わせ、WindowsはMacのコピー、Macはパロアルト研究所の発明をコピー)

また人類史をひもといてみても、その傾向は明らかです。

かのニュートンや、エジソンは他の学者のコピーを先に特許にしたような人達で、アインシュタインに至ってはその特許庁につとめていたような人です。

結局のところ人類の歴史は常にパクりによって生み出されてきたといっても過言ではないでしょう。

もちろんパクリをすればパクられた側はいい気はしません。

日本人は「わかる人はきっとわかってくれる」「本物はきっと評価される」なんていう、甘えた気質をどこか持っています。

だからパクられてもそれに反論するのを是としない文化があります。だからこそその参入障壁が世界でも最もパクりビジネスが成功しやすい土壌をつくっているのだと思います。

パクったところで大多数の人間はいちいちその真偽の出自を確認してから判断するほど暇ではありません。自分にとって目の前にあるものがプラスであればそれがパクリだろうがなんだろうがどうでもいいのです。

それがビジネス、そして人生に於ける真理なのでしょう。