DSC_0265[1]

『あぁ、荒野』 寺山修司 森山大道

1966年に単行本として出版、1993年に文庫本、そして、2005年にPARCO出版より再び単行本として出版。

ボキが持っているのは3.500円(!)のPARCO出版バージョン。

最初の単行本バージョンでは、表紙写真を森山が担当しているらしいです。

このPARCO出版バージョンがすごいのは、表紙だけでなく森山の写真が多く掲載されているということ。

おそらくページの半分は森山の写真。

寺山の初めてにして、唯一の長編(そんなに長くないけど)小説である本書は、ボクシング小説というよりは、1960年代の歌舞伎町で暮らす若者のお話し、というのがメイン。

寺山があとがきで言っているように、かなり実験的な執筆スタイルなので、読みづらいと感じる人も多いでしょう。

このへんはまさに1960年代、という感じ。


それにしても、本書に森山の写真をたくさん掲載しようと判断した編集者の判断がすごい。

ボクなんか正直言って、物語よりも、森山の写真に圧倒されました。


アマゾンで検索するとこのPARCO出版は表示されません。

もしかするともう絶版かもしれませんね。

現在はKADOKAWAや小学館などから文庫で出ているようです。

そういえば、最近、映画化されたんですよね。



映画、どうなんでしょう?


↓「ブヒー!」 でポチしてね♪↓↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字