いいドキュメンタリー♪



そうなんですよね。

ほとんどの選手が敗北を経験して成長していくんです。

ただボクシングの場合、敗北が選手に与えるショックが他の競技とは比較にならないほど大きいということですね。

でも、花形会長は何度も敗北を経験し、世界チャンピオンまで上り詰めたわけですからね。




それにしても須山選手の「リングに上がったことのない人に言われたことなんて気にならない」という言葉は、ドキッとしますね。