お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと自作に関するブログです

丸長@勝田台の『チャーシューつけそば』5

DSC00716

今朝
コミュ障で電話恐怖症の僕が意を決して
勝田台丸長に電話をかけると
奇跡が起きました

DSC00710

なんと今日は営業するというのです!
(ちなみに留守電応答)

DSC00713

店内満席で
客層は勝田台丸長ジャンキーのご年配が中心といった感じ

DSC00721

前回訪れたのが2011年だから
6年ぶりかな


いや〜 長かった

DSC00723

回転が悪いというか
店主の麺締めが恐ろしく丁寧なので
缶ビール300円飲みながら
厨房の作業を見守ることに

DSC_8033

暇だったので麺を水で締める時間を計ったら
3分39秒でした


しかも麺をザルに上げた後の水切りも
恐ろしく丁寧で時間をかけています

DSC_8028

漆黒のつけ汁が先に到着

DSC_8047

チャーシューつけそば 900円
+大盛り100円


こいくちかノーマルかどっちにするか
相当迷った結果
今回はノーマルで

DSC_8056

表面が香ばしくローストされたチャーシューは
厨房のおばちゃんの職人技により切り分けられた逸品

DSC_8070

大盛りだと麺量は茹で前重量で300g近いので
食べ応え十分
(二郎やべんてんを食べ慣れている人なら多分余裕)

DSC_8075

うおォン!


そのまま何もつけずに食べても
しっかり旨い自家製麺は
偏平率高めの平打ち麺にもかかわらず
歯を押し返すかのような弾力を持っていて
驚かされます

DSC_8040

つけ汁に入っているチャーシューは
たまたまかもしれませんが
脂身の多い端っこのプルプルとした部分で
麺の上にトッピングされている部位とは
また違う味わいがあって良かったです

DSC_8085

うおォン! (←しつこい)


最後まで麺のとりこになり
啜る快感に夢中で浸ってしまいました

DSC_8094

スープ割りをすると
スパイシーさが強くなるのが意外
(多分底に溜まっていた?)

DSC_8099

久しぶりの勝田台丸長
堪能した!!


次回はこいくち食べたいッス!


ごちそうさまです

ラーメン二郎@品川店の『小+ネギ入り』5

DSC00704

約3年ぶりのシナジー

DSC00693

土曜日っていつも
こんなに空いてるの?!
(13:30頃)

DSC00697

さすがに3年もご無沙汰していると
券売機が新しくなっていたり
有料トッピングにネギが追加されていたり

DSC00702

カウンターも年季が入ってきていますが
昔の昼でも薄暗い阿片窟のようだった店内とは違い
清潔感があって明るいです

DSC_7976

700円 +ネギ入り100円
(コール=ニンニク)


とん平さん(通称)がアイコンタクトしてきて
軽く頷いたときがコールのタイミング

20170106080801


DSC_7981

ヤサイダブルコールしていた
隣の人のドンブリをチラ見すると
普通のヤサイマシにしか見えない

DSC_7986

品川店独特の豚は
以前の鉄砲漬けのような
異常なしょっぱさは無くなり
普通にしょっぱい


しばらくスープに沈めておくと
浸透圧でしょっぱさが和らぎます

DSC_7995

麺はオーソドックスな二郎テイストで
柔らかくもなく硬くもなく
中庸を行く万人向けの食感

DSC_8001

ヤサイの下を覗いても
天地返しをしても
ネギがちょろっとしか現れないので
100円にしては少ないな〜
ボッタクリかよ〜
と思っていたら

DSC_8013

終盤になって
これでもかっ!というほど大量のネギが出現ww
(どこに隠れていたの?)


普段は二郎でレンゲは使わないのですが
ネギをサルベージするためにレンゲを取り
チマチマ食べて完食


二郎とネギのシナジー効果・・・

あると思います!



ごちそうさまでした

中華ソバ 篤々@勝田台の『特製煮干しソバ』5

DSC00683

ラーメン不毛の地 勝田台に
2016年9月にオープンした期待の新店がこちら
中華ソバ 篤々(とくとく)

DSC00670

昨日は奇跡的に営業していたという
勝田台丸長をチェックすると
閉まっていました orz...

DSC00687

そんな丸長と同じく勝田台駅南口から近くの
篤々に着いたのが12:30頃


タイミングが良かったのか
半分ほど空席
(退店時には行列が出来ていました)

DSC00690

オペレーションが複雑そうで
店主さんはラーメン作りに集中し
奥様は接客および調理補助という
張りのある店内の空気感

DSC_7906

ビールはプレモル小瓶400円で
おつまみは付きません


安いスーパードライにしておつまみ付けたほうが

DSC_7917

特製煮干しソバ 950円 +あえ玉200円


ビールが残り少なくなった頃の
周到なタイミングでサーブされた
特製煮干しソバ


トッピングのたたみいわしが珍しい

DSC_7925

レアチャーシューは過度なレアではなく
ちゃんと火が通されていて柔らかく美味


厚みを感じるスープは
煮干しの風味が濃厚で
それでいてエグ味を感じさせないギリギリの煮干し感が
伊吹のような下品な煮干しスープとは一線を画しています

DSC_7938

麺はこの系統のラーメンに多い
パツパツとした歯ごたえの細麺で
スープをよく絡め取り
ズバズバとした啜り心地が堪んない

DSC_7953

ラーメンが残り少なくなった頃に
あえ玉を頼むと
2分くらいで出てきました


ドンブリの底にタレが入っていて
油そば風に混ぜて食べてもいいし
ラーメンの残ったスープに麺を入れてもいいし
食べ方は自由みたいです

DSC_7956

くぱぁ



ワタクシは
キープしていたラーメンの味玉を割り入れ
途中まで油そば風にしてビールと楽しんだ後に
ラーメンの残りスープを投入して〆ました


あえ玉 楽しい!

DSC_7963

生姜煮干しソバと
ニボだしごはんも旨そうで
勝田台に来る楽しみが増えました


ごちそうさまです

記事検索
Categories
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ