お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

家系ラーメン 王道 いしい@浜野の『ラーメン+ライス+のり』5

DSC00858

ついに千葉市にも
王道家グループの家系ラーメン店が
進出したと聞いて
病み上がりの体で参上したワタクシ


住所は千葉市中央区なんですけど
ほどよいイナカです


ナビにインプットする住所はこちら
千葉県千葉市中央区村田町893-116


駐車場は
ブックオフや漫画喫茶等と共用なので
かなりキャパはあります

DSC00855

入口の両脇の花輪には
王道家店主の清水氏と
何故か石神氏の名前が・・・

DSC00858-2

営業時間はAM10:45〜PM23:00
(ラストオーダー22:30)
定休日 月曜


これから変更になる可能性もあるので
なんとかデータベースや
なんとかログを参照してください

DSC00839

メニューが多くて目移りしますが
塩ラーメンがあるところが
家系では珍しいですね

DSC00843

ライスにも力を入れているようで
卓上調味料によるアレンジ例の写真が
腹ぺこ諸君には堪らないのではなかろうか

DSC00846

初訪なので
家系では鉄板の組み合わせで


客の好みを店員さんが食券に
書き込むシステムのようで
天才記憶術なんて要らんかったんや!

DSC00847

卓上調味料の多さは
家系でもトップクラスですね

DSC00851

35mm単焦点の画角には微妙に収まらないので
2枚撮る必要が・・・


マヨネーズを使って
チャーマヨ丼作ったら楽しそうですね(←DEB)

DSC_8498

ラーメン 490円 +ライス100円 +のり100円
(好み=全部普通)


スープの濃度を
コンスタントに保つようにしているそうで
そのため回転は遅めです
(オペレーションがまだ安定していないのもあるかも)

DSC_8504

これから1年間は
ラーメンが490円という安さ!


安いけれど
量は普通の家系と変わらないです

DSC_8513

白っぽく見えるのは表面だけで
スープの下の方は
カエシが効いたしょっぱめの
王道家系列らしいインパクトのある味


チャーシューは薄切りモモ肉が2枚で
あまり燻香は感じなかったです

DSC_8521

王道家製の自家製麺でしょうか

つけ麺でも旨そうなモッチリ太麺


デフォで硬めに感じたので
次回は柔らかめにしようかな

DSC_8530

ライスの上には
豆板醤とライスニンニクで
地味アレンジしてみました


のりは厚手でしっかりしてて
ローリングライス最高!!


駐車場は共用だけどデカいし
店内はテーブル席もあって席数多いし
安くて旨くてメニュー多いし
接客も良いので
これは大人気店になりそうな予感・・・


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@品川店の『小ブタ+ネギ入り』5

IMG_2039

今週は出張続きで疲れたよパトラッシュ・・・

IMG_2040

これが真のエア行列というやつなのか・・・


金曜夜の部って
混んでるイメージがあるんだけど
17時台だからなのか空席すら有り

DSC_8462

小ブタ 800円 +ネギ入り100円
(コール=ニンニク)


ここのコールタイムは唐突に訪れるので
毎回緊張してしまいます


今回は
とん平さんの『どうぞ』が
コールの合図でした

DSC_8470

春キャベツを使っているようで
緑が鮮やかなヤサイ


そぎ切りにされたキャベツの茎に
意外な繊細さを感じさせるシナジー

DSC_8475

スープ表面は白っぽいけど
下の方は乳化度低く
優しい肉野菜スープ的な味わい

DSC_8477

以前小ブタを食べた時は
ブタの量が少ししか増えなかったけれど
今回は食べても食べても湧いてくるようで
これならブタ入り+100円も納得の量です


肉質も昔の出し殻チックなものではなく
ちゃんと肉の味がします(笑)

DSC_8487

前回ネギ入りを食べたときの教訓を生かし
今回は入念な天地返しを行い
ネギ分布の局在化を緩和することに成功


それでもやはり最後は
沢山のネギがスープに取り残されるので
レンゲを使ってサルベージ


まったりと二郎を食べられて
良かったです


ごちそうさまでした

ラーメン BooBoo太郎。@千葉中央の『小ラーメン汁なし+粉チーズ+生たまご』5

DSC00817

夜の部
開店15分後くらいに到着

DSC00815

連休期間中だから混んでるかな〜
と思ったけど
意外なことに中待ち1人のみ


ここは穴場なのか・・・?

DSC00823

満を持して粉チーズ100円が登場!

DSC00825

4枚のお札


厨房は店主と女性助手の2名体制で
前回見たシュッとした感じの男性助手はおらず

DSC_8415

小ラーメン 740円 +汁なし100円
+粉チーズ100円 +生たまご50円
(コール=ヤサイニンニク)


汁なしにはデフォで卵黄が乗るのですが
生たまご大好きおじさんなので
追加の生たまごも購入

DSC_8436

粉チーズは結構な量がトッピングされていて
100円という値段には納得

DSC_8426

厚切りフワトロ豚うまい!


混ぜてると自然に崩れてしまう柔らかさ

DSC_8440

たっぷりのブラックペッパーと粉チーズの相性は
間違いない!


あらかじめタレと麺が和えられているので
そこにチーズが絡まると
しょっぱすぎる感がありますが
慣れというのはおそろしいもので
だんだん平気になってきます

DSC_8447

中盤に追い生たまご


味が少しマイルドになって
いい感じです

DSC_8454

汁なしはスープ割りできるそうですが
厨房が忙しそうだったので
そのまま残り汁や細々とした具をレンゲで食べて
フィニッシュ


汁なし+粉チーズというジャンク度の高いメニューは
コーラとかの炭酸飲料と一緒に食べると
最高な予感がします


汁ありにも粉チーズは合うかもしれませんね
(関内で食べた時は相性良かったので)


ごちそうさまでした

記事検索
Categories
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ