お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと自作に関するブログです

中華そば べんてん@成増の『ラーメン』5

DSC_6908

冷凍庫で凍らせたグラスに注がれる
世界一うまいスーパードライと
お通しのネギメンマチャーシュー


そこに至るまでの過程は
それほど困難な道のりではなかった

IMG_1796

僕が成増のべんてんに到着したのは13時ごろで
行列はタバコ屋を超えずに
店頭から10名程度の長さに収まっていた

IMG_1798

列の先頭に立つまで約25分


中待ちは禁止のようで
二人組の客でも
一人出たら一人入るルールを守らされている
(だが男同士でも連席できるよう
店側が配慮しているようだ)

DSC_6914

ラーメン 中 800円
+のり100円
AJTMAZMS!


ビールが出てからラーメン到着まで11分


肩ロースのチャーシューが馬場時代より
厚めになったかも

DSC_6929

べんてんをしっかり感じるスープ


旧店舗より塩味が弱めで節系の風味もマイルドなので
いきなりレンゲでスープを半分くらい飲んでしまうような
昔ほどの惹きは無いものの
柔らかさが心地よいお味


この塩味ならトッピングの「みそ」を追加しても問題無さそう

DSC_6923

ラーメンの麺は塩より数分長めに茹でられるので
結構柔らかい事が多いのだが
それほど柔らかくはなかった


僕自身の好みとして
べんてんの(正油)ラーメンは
麺を噛まずに飲みこめるほどの柔らかめが好きなので
これでも充分柔らかいと感じる人は多いと思う

DSC_6950

うおォン!


なめっこい麺は喉越し最高!!

DSC_6958

後味スッキリで
毎日でも食べたくなるラーメンでした


ごちそうさまです

中華そば べんてん@成増の『つけ麺』5

DSC00493

2014年6月28日をもって閉店した高田馬場のべんてん
2年3ヶ月の時を経て
大都会 成増に復活したと聞き
比較的に空いてそうな
平日午後の時間帯に訪問

DSC00467

行列はタバコ屋の自販機手前の
シャッターが下りている場所で
一旦交差点の向こう側のガードレール沿いに
ワープするというルール(2016/09/21現在)

DSC00466

歩道が狭いので
子供連れや老人が行列のせいで
車道側を歩いていて心が痛みます


これは早晩
店側がなんとかしなくちゃいけなくなる予感がします

DSC00490

45分並んで店の前まで到着

DSC00486

外から中の様子が見えないということは
中から外の様子も見えないということで
田中店主の息子さん(仮にジュニア氏と呼ぶことにします)
が頻繁に外の様子を確認しに出入りしています

DSC00475

食券方式になりました


馬場時代のホワイトボード方式が
良いと思うのですが・・・

DSC00477

べんてんロイヤルストレートフラッシュ!


食券確認のときに
麺の量(並 or 中)と
生玉子の仕様
((麺の上 or つけ汁の中) and (全卵 or 黄身だけ))
をジュニア氏から聞かれました

DSC00483

卓上調味料は馬場時代と同じですが
箸入れが箱型になり
ボックスティッシュが置かれています


それとカウンターの下に棚が無いので
デジカメを隠したい時などに
不便を感じるかもしれません

DSC_6792

世界一うまいスーパードライ

DSC_6796

ビールのお通しは
メンマとチャーシューの上に
ネギとラー油と辛味がかかっていて
辛味がかかっているという点が
自分的にはポイント高いです

DSC_6801

みそ200円は結構量があるので
同行者とシェアすることにしました

DSC_6876

同行者から頂いた辛味


ちょっと焦げてて
スモーキーなフレイバーがしますが
これから良くなっていくと思います

DSC_6838

つけ麺 中 850円
+生玉子50円 +みそ200円 +ビール550円
AJTMAZMS!


中盛りの麺量は茹で前300gだそうで
確かに見た目が馬場時代より明らかに少ないですが
ビール飲んで食べるには丁度良い量かも

DSC_6848

麺は若干細くなったような気がします

DSC_6819

つけ汁は表面の脂が少なくなったように見えますが
味は間違いなくべんてんそのもの

DSC_6862

永太としおかの麺と比べると柔らかめですが
麺の弾力と喉越しが最高で
つけ麺の旨さ爆発!

DSC_6855

写真を撮っている間に
表面にゼラチン質の膜が張ってきました

DSC_6881

うおォン!



300gの麺がどんどん無くなってゆく・・・

DSC_6895

最後に味噌を絡めて
自己流の味噌油そばを作製


これはなかなかイケます

DSC_6902

スープ割り


「これだよこれ〜!」
とコングラッチュレーションおやじが言いそうな
素晴らしいスープ割り


つけ麺に関しては
問題なく間違いなくべんてんだと思いましたが
ラーメンや塩はどうなのか
これからが楽しみです


ごちそうさまでした

麺屋 永太@蕨の『冷やし油そば』5

DSC00455
 
IMG_1765

新しく買った靴の慣らしに
ワラビスタンへ

IMG_1759

さいたま屈指の山岳地帯ワラビスタン


登山口から
いきなりの急登

IMG_1760

このような鎖場もあり
危険個所が多い

IMG_1761

避難小屋

IMG_1762

このトンネルを抜けると
ベースキャンプ「エ・イタ」まではもう少し

IMG_1763

ワラビスタンには中東系の住民が多い

DSC00457

やっと到着


おや?限定の冷やし油そばがあるお!(知ってた)

DSC00463

日曜日まで限定が残っているのは
この店では珍しいような気がします

IMG_1764

涼しくなってきたし
そろそろ夏も終わりかな〜
などとたそがれながら飲む赤星

DSC_6720

冷やし油そば (中盛り無料)850円
+海苔50円
AJTMAZMS!


tsokにも裏メニューで冷やし油そばがあるけれど
なんとなく頼みにくいんですよねー


その点
永太さんの限定は誰でも注文できるので偉い

DSC_6731

生卵をトッピングすると味が薄まりそうなので
今回はパス

DSC_6738

上からラー油がたっぷりかけられていますが
あまり辛くないタイプなので
辛さ耐性の無い人でも大丈夫だと思いますよ

DSC_6745

うおォン!



麺うまいよ麺!


麺のエッジが昔と比べて丸くなり
やたらと旨くなった感じがします


とうとうbntn超えてきましたね(感動した!)

DSC_6757

くぱぁ



具は埋蔵方式


モヤシと生姜とキュウリが清涼感を出しています
(特にキュウリの存在が突出した印象)

DSC_6763

まぜて食べると
味噌ベースのタレに
エスニック風味プラスなラー油が渾然一体となり
塩味も適度で
麺の旨さが更に光ります

DSC_6778

あっという間に残り2口ほどになったので
熱いスープを入れてもらって
プチ味噌ラーメン風に


こんなにペロっと行けるんなら
大盛り少なめにしておくべきだったかな・・・

DSC_6785

麺の旨さが強く印象に残った
素晴らしい油そばでした


ごちそうさまです

記事検索
Categories
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ