お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと自作に関するブログです

自家製中華そば としおか@早稲田の『つけめん』5

IMG_1753

旨いつけ麺食べたいな〜
とメジマルに向かう途中で
としおかの夏季休業明けを知り
飯田橋で進路変更して急遽早稲田へ

IMG_1747

12:30到着 15人待ち


木陰に吹く風が涼しく
快適な待ち

DSC00441

引き戸にストッパーが設置され
イチゲントラップ解消

IMG_1754

1時間ちょっとで着席

DSC00447

いつもの

DSC00444

隣のおっさんが気を利かせたつもりで
俺氏用のコップを出してくれたが
ラーメン店では基本的に水を飲まないので
正直大きなお世話である
(若い女性だったら正反対の感想になりますw)

DSC_6604

辛味はつまみに使うだけなので
半分にしてもらいました

DSC_6607

辛味を半分にしたからか
おつまみメンマチャーシューの盛りが
若干多い気がする

DSC_6636

つけ麺 (中盛) 850円
+のり50円 +生玉子50円 +辛味100円(半分)
AJTM&RYAZMS!


店主ひとりのゆっくりオペレーションなので
bntnのようにロット進行を注視しながら
ビーリを飲むスピードを調節するという
こうどなのうりょくを使わずに済みます

DSC_6665

卵黄の盛り上がり方がエロい

DSC_6673

麺ウマー(゜Д゜)

DSC_6623

休業明けだからライトかと思ったけど
旨味が強くて
ちょっと旨味過多かなと感じたほど
(無化調でこの旨味の強さは凄いと思うけど)


塩ラーメンだと
印象が変わりそう・・・

DSC_6683

うおォン!

DSC_6706

撃沈一歩手前だったので
スープ割りせずに
つけ汁ダイレクト飲みフィニッシュ


ごちそうさまでした

【山と温泉】 富士登山記(御殿場ルート)5

fuji_routes2

7月初旬の飲み会で


「これからは山登りを趣味に加えたい」


と叩いた軽口が
Facebookで拡散され
富士登山ガチ勢4人パーティに
組み込まれてしまった俺氏


しかも
御殿場ルートという初心者には向かない
一番キツいルートで行くという事態に (; ̄Д ̄)

続きを読む

杭州飯店@西燕の『中華そば』5

IMG_1706

(実食日:2016/07/27)

富山・新潟ひとり旅 4日目


旅の最終日は
朝からサウナ&水風呂3セットの後
11時ごろホテルを出発


新潟駅→燕三条駅(上越新幹線)
→西燕駅(JR弥彦線)
合計運賃1700円


という経路で向かった先は・・・

DSC00422

昨年のクリスマス・イブにフラれたツラい記憶も新しい

杭州飯店

DSC00415

西燕駅から徒歩でINAKA道をトボトボ
12:40店頭着


お昼時なので6人ほどの行列ができていますが
席数が多いので回転は速いです

DSC00418

今週は月・火が店の定休日だったからか
平日にしては混んでいると
店員さんが話していました

DSC00419

平日は


地元民:観光客 = 8:2


くらいの客層でしょうか

DSC_6527

5年前に初めて訪れた時はクルマだったので
ビールが飲めず悔しい思いをしましたが
今回は電車なのでイケイケ(バブル用語)です


瓶ビール600円は大瓶
(老舗のビールは大瓶の法則)

DSC_6533

当然の如く相席になり
お向かいさんは観光客風のアベック

DSC_6539

餃子(2個) 400円


新潟の餃子はどこもデカい印象がありますが
ここの餃子もデカい!
(でもこまどりほどではない)

DSC_6541

皮はカリモチ
餡はお肉たっぷりジューシー旨し!


ビール大瓶なので
4個にしておけばよかったかな・・・

DSC_6561

中華そば 800円


ゆっくりビールを堪能した後に
ナイスタイミングで着丼

DSC_6570

細かい背脂がスープ表面を埋め尽くす
このヴィジュアル!

DSC_6583

脂っこそうに見えますが
油抜きが充分になされているようで
全くクドくありません


液体油の層も薄いので
煮干の風味もしっかり伝わってきます

DSC_6575

幅広極太麺は柔らかめの茹で加減で
テクスチャが凄い!これは芸術品!


スープとよく絡んで
飲み物のように喉を滑って行きます

DSC_6593

ここも飲ませるスープなのでKK


5年前に初めて食べた時ほどの
インパクトは無かったものの
念願のビールと餃子も堪能できたし
富山・新潟ひとり旅の締めとして
大満足の味わいでした


ごちそうさまです

記事検索
Categories
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ