DSC_3171

花粉症で目がかゆいよー (´Д⊂)
目ん玉を取り出して洗いたいよー
柴漬け食べたいヨー!
ショッパイもんが食べたいヨー!!


ピコ(゚∀゚)ーン!


そうだ 二郎 行こう

DSC_3102

千住大橋駅改札口から
ホップステップジャンプで
届くんじゃないかと思われるほど近い
ラーメン二郎 千住大橋駅前店


前回から1年以上
ご無沙汰していました


19:30ごろ店頭に着くと
並びは3〜4名といったところで
入店してからも
外待ちが無くなったり
数人並んだりと
そんなに混んでいない
穴場的な二郎ですが
空席が出来ることはなく
常に回転している状態


ここって券を買ってから並ぶんだったかなあ?
と思いつつも
券を買わないで並んでいたら
助手さんが出てきて
券を買ってくださいと言われました


券を買って列に戻るとき
誰の後ろに並んでいたか
うろ覚えで適当に復帰したんですが
どなたかの順番をすっ飛ばしていましたら
どうかお許しください^^;

DSC_3103

券売機には
例のラーメン二郎公認ステッカーが貼ってあり
生たまご50円のボタンが増えていました


店主さんは
前回拝見したときよりも
少し貫禄が出てきた感じです^^

DSC_3106

生たまご50円は
味噌汁のお椀(?)に入って出てきます


これくらいの大きさの器だと
スキヤキ二郎がやりやすくて
とても助かります


割った卵の殻をどこに置こうか迷いましたが
ティッシュの上に置いておき
食べ終わったら
お椀の中に殻を戻す作戦で
事無きを得ました

DSC_3108

小ラーメン 650円 (コール=ヤサイニンニク)


改めて見ると
このボリュームで650円は
凄いコストパフォーマンスです^^

DSC_3117

ヤサイはシャキ感が残る絶妙な茹で具合


店主さん
盛り付けの時に
ヤサイをグワシ!と掴んで盛るんですが
たまに一瞬 「これくらいかなー?」 って感じで
悩んでいるような仕草が
相変わらずだ

DSC_3121

着丼時(ラヲタかっ!?)のスープ表面は
液体アブラに覆われていて
透明感を感じます


でも底の方からかき混ぜると
この店の特徴である
乳化度低めでカラメのスープと
大粒プカプカアブラが
存分に味わえます

DSC_3126

過去の印象だと
この店の豚さんは
歯ごたえがある感じの
ガチムチ野郎が多かったんですが
今回の豚さんは
柔らかくジューシーさもあって
なかなか好印象


プチ・ダイエッツ中なので
豚マシは自粛中ですけどね^^;

DSC_3129

ちょい柔らかめの麵は
三田本店にかなり近いルック&フィール

DSC_3145

天地返しの画


千住大橋駅前店の二郎を食べると
麵が飲み物だったことを
思い出させてくれます


この思わず飲み込んでしまう麵のノド越しは
最高ですね〜

DSC_3152

猫舌なので
中盤からは
スキヤキ二郎で
麵を冷まして
一気にペースアップ


自分と同じロットに居た年配の親父さんが
新聞を読みながら
小ラーメン(全マシ)を食べていたので

「ちょっ!(笑)
新聞なんか読みながら食ってるとロット乱れるよ!
ギルティ呼ばわりされるよ!!」

と内心ドキドキしながら見ていたんですが
なんとその親父さん
ブッチギリのロット最速で
汁まで完食していきましたね(笑)

DSC_3157

そんなこともあったりして
自分はロット標準スピードで食べ終わり
汁は思わず完飲しそうになりながらも
必死で1/4ほど残して
ごちそうさま


千住大橋駅前店って
自分の好みに合ってるカモ!
もうちょっと頻度を上げて
食べに来たいなあ・・・

DSC_3159

帰り際の行列も3名ぐらい

やっぱりここは
穴場的二郎だなあ