DSC_4295

先日の
新店主を迎えたラーメン二郎松戸駅前店への訪問により
いわゆる二郎界の四大峰


歌舞伎町 池袋 新橋 小滝橋店


を攻略するための
足がかりをつかんだのでございました

DSC_4233

そこで本日は
眠らない街 新宿の
ラーメン二郎2店舗を一気に攻略へ


まず最初は
新宿小滝橋通り店から


麺屋武蔵新宿本店のすぐ近くですが
あっちは行列も無く
ラーメンブームの時の大行列が
幻だったかのように思えてきます

DSC_4292

元日以外は年中無休で
お昼時から深夜まで
中休み無しの通し営業という
直系二郎らしからぬ
営業時間

DSC_4235

メンマやネギや海苔のトッピングがあるのが
二郎にしては珍しいですね


ビール中瓶
(おつまみ付500円)
を飲みたかったけど
家で飲んできたし(笑)
この後に歌舞伎町も攻略するので
今回はやめておきました

DSC_4249

ニンニクやヤサイなどの
無料トッピングは
食券を出した時に聞いてくるので
キョドらないよう
心の準備をしておいたほうが良いです



ここは他の二郎とは違い
「ニンニク入れますか?」ではなく
「トッピングは?」と聞かれるので
必ずニンニクの有・無は伝える必要があります

それと
非液体アブラのトッピング希望の場合は
「固形」と伝える必要があるようです

DSC_4250

卓上の調味料は

  • 一味唐辛子
  • 胡椒
  • 醤油ダレ(壷に入っている)


があります


座席は
カウンター席が8〜10席ほどと
4人掛けテーブル席2卓



店員さんは4〜5名と
二郎にしては多めなのは
通し営業で
シフトが重なっているからなんでしょうかね?

店員さん同士は
和気藹々とした雰囲気で
某店のような殺伐さは
全くありません

DSC_4254

小つけ麺 800円 コール=ニンニク


つけ麺は
麺の茹で時間が
ラーメンよりも長いため
同ロットでは
一番最後に着丼(←ラヲタかっ!?)

DSC_4264

トッピングは

  • 豚3枚
  • ゆで卵ハーフ
  • ヤサイ(モヤシ約90% キャベツ約10%)
  • メンマ


メンマが自家製のようで
なかなか旨いです
(ビールのつまみにも出るとか?)


つけ汁は
醤油ダレがキリッと主張していて
細かい背脂が浮き
酢の味も程よく効いています
(グルも当然効いてる^^;)

DSC_4272

平打ちの太麺の上に
刻み海苔が載せられ
平皿に盛られて出てきます




麺の量は
茹で上がり重量で
350〜400gほどでしょうか

ハッキリ言って少なめです

べんてん等のつけ麺を
食べ慣れている人なら
大(小×1.5?)じゃないと物足りないでしょう

自分の場合
これから連食するので
丁度良かったですけどね^^

DSC_4285

この麺

ツルっとしたノド越しで
茹で加減もバッチリで
つけ麺で食べるのには
かなり向いているように思います


旨い 旨いなあ!(´∀`*)


三田本店系列のものからは
かなり外れた麺ですが
つけ麺を食べた限りでは
結構イケるお味ですネ


逆に
この麺でラーメンだと
インスパ系みたいで
本店系の二郎麺を期待すると
ガッカリするのかも^^;


食べログとかの口コミでは
接客がどうのこうのとか
味が残念とか
かなりネガティブな評価が散見されますが
実際来てみると意外に好印象でした



賛否両論あるかと思いますが
私はココのつけ麺は
大いにアリだと思います

ごちそうさまでしたー