DSC_8246

(自習はじめ)


あれを勉強用に少し頂いたので
自習しました


あれのモノホンの生麺を目の当たりにすると
意外に細いことに驚きます


極太なイメージなのに
茹でる前は何故こんなに細いのか!?
いつ太くなるのだろうか!?


自家製麺を手がけるジサカーなら
誰でも不思議に思うことでしょう

DSC_8251

指定時間(4分30秒)茹で上げた直後


中までちゃんと火が通っていますが
生麺の時点から
そんなに膨らんではいません

せいぜい1.2倍ぐらいに
膨張したような感じです

DSC_8255

ということは
ドンブリに入ることで
スープを吸って
太く成長しているとしか
考えられません(多分)


茹で上げた後に
水をよく吸うのは
低加水麺の特徴です
(ただし茹で時間は多加水麺に比べて長い)


多加水麺の場合は逆に
茹で上げ後は伸びにくい
(ただし茹で時間は低加水麺に比べて短い)


まとめると
この麺は
低加水ながらも高偏平率の平打ち麺であるがゆえに
茹で時間は比較的短く抑えられ
ドンブリの中で短時間でスープを吸い膨張する
性質があるということになるかと思われます


(自習おわり)