DSC01255

今日のお昼は
忘年会という名の昼食会があり
懐石料理風のものを頂いたのだけれど
日ごろ食べなれないお上品なものを食べると
夜になって小腹が空く


ヨドバシ千葉店で
プリンターのインクを買ったついでに
11月末に新千葉にオープンした新店の
夜の部に伺ってみることに

DSC01258

JR千葉駅西口から歩いて
2分ほどの場所にあるこのお店
再開発地区のギリギリ端っこ(?)
というユニークな立地
(京成新千葉駅からも近い)

DSC01261

19時頃で先客2

私の後から
どんどん客が増え
オープン後ひと月で
既に客を掴んでいるようだ


つけ麺は開発中らしく
もう少し時間がかかりそう

DSC01264

カウンター上のうんちく


食べた後に気付いたのだけれど
トッピングの中では【揚げねぎ】が
イチオシのようだ

DSC01269

カウンターのみ10席ほどの店内は
真新しく非常に清潔感がある


厨房には店主さんと思しき男性と
若い女性店員2名の計3名がいらっしゃり
華やかさが感じられる

DSC01271

濃厚鶏そば(塩) 並盛 680円
+味玉100円 +海苔100円


デフォのトッピングは

  • 鶏チャーシュー
  • 穂先メンマ
  • 刻みタマネギ
  • 水菜
  • 揚げネギ

うんちく書きに
「味変アイテム」として書かれてあった
揚げネギがデフォで載っているのは
ちょっとヘンな気がしたけど
次回確認してみよう

DSC01278

追加トッピングとして注文した味玉は
黄身が琥珀色のゼリー状で
溶け出さない仕様


鶏チャーシューは
淡白な味だけど
スープに浸して食べることで
ジューシーさが加わり美味〜♪


「ラーメンに水菜はどうでもいい(むしろ不要)派」
なんだけど
こういう濃厚鶏白湯だと
水菜のサッパリ感&微かにビターな味に
箸休め的な存在意義を見出せて
少し勉強になった気がした

DSC01279

濃厚鶏白湯スープは
最初のうちは鶏さんの風味が
主張してくるのだけれど
しつこい感じは全くなく
クリーミーで実に深い味わい
(キャンベルのチキンクリームスープを
凄く美味しくした感じ)


長年に渡り
豚骨地獄と言われてきた千葉駅周辺に
こういう味のラーメンを出す店が出来ると
素直に嬉しく思えます^^

DSC01289

細めで少し縮れの入った麺は
濃厚なスープによく絡み
硬さも万人向けで
食べやすい

(自分的には個性の強い
自家製麺が好きなんだけど)

DSC01291

麺を食べ終わったので
卓上にあった壷を調べると
おろし生姜と山葵が入っていたので・・・

DSC01297

追加トッピングの海苔を
スープに浸し
その上に生姜と山葵を
仲良く乗っけて・・・

DSC01300

半ライス(100円)を
いつも家系でやるように
海苔で巻いて食べたら
すごく旨かったッス.。゚+.(・∀・)゚+.゚

でも
半ライスだと量が少ないので
男性なら並ライスが確実でしょう
(でもライス150円はちょっと高いんだよね)


近くに味のカブる競合店が無いですし
立地と味も申し分無いので
認知度が高まれば遠くない将来
行列店になるような予感がします


とりあえず未食の醤油と
つけ麺(いつ登場するか分からないけど)
も一通り食べたいナ

ごちそうさまでした