DSC04271

明日のカレー部活動の前に
前夜祭をやろうということで
飲み歩きの達人me類さん
勝どきの「かねます」で0次会
マダラさんは仕事の都合で1次会から合流)


オフィシャルには16:00開店だけど
15:20くらいに開店しました(早っ!)

DSC04264

でいるすさんの記事を見て
以前から来たかった店です


飲み物メニューは出ていないけど

  • 瓶ビール(エビス)
  • 生ビール(エビス黒生)
  • 獺祭
  • ハイボール

は存在確認しました

DSC04258

メニューは黒板に書かれてあるものを
なんとか解読して注文します


立ち飲みとは思えない豪華そうなお料理

DSC_8157

毛蟹サラダ 1800円


注文すると数秒で出てきたので
これをつまみながら他の品の出来上がりを待つ
という流れが良さげ
(他の品もそんなに待たないけど)

DSC_8162

毛蟹の甲羅にサラダとカニの身が
ギッシリ詰まっていて
さすが名物メニューだけあります

DSC_8167

甲羅の奥には
カニ味噌がシッカリ入っていて
カニ好きな方は悶絶すること間違いなし!

DSC_8181

生うに牛巻き 2000円


生ウニを霜降り牛肉で巻いたという
なんともクレイジーで
ハイパー豪華な軍艦巻


例の生肉規制の影響で
以前は生肉だったものが
今は少し火が入れられているようです

DSC_8187

新鮮な生ウニの存在感は絶大で
ウニ好きには堪らない一品


生きてて良かったと思えるもの

DSC_8196

しめサバ 1500円


久しぶりに
しめ鯖食べました


酢の効きが弱めでフレッシュ


サバ好きには堪らんでしょう
(自分は大人になってからサバに目覚めました)

DSC_8211

なかおち 1500円


旨味の濃いマグロの赤身

ご飯が欲しくなる

DSC_8218

箱すし 1200円


シャリがほとんど見えない(笑)


日によって内容が変わるそうです

DSC_8221

乗せるのを忘れていたとかで
後から別皿で運ばれてきた
生牡蠣も乗っけてみました

DSC_8235

生牡蠣デカっ!ウマっ!

DSC_8243

あなご焼 1500円


うなぎかと思うようなデカあなご

DSC_8252

脂乗りが良く
甘辛いタレが染みた
ふんわりと柔らかいあなごは
ライスが恋しくなる味

DSC_8270

厨房の上で干されているキンキが
つぶらな瞳でこちらを見ている^^;

DSC_8255

どびんむし 1800円


アツアツで提供されるので
しばらく放置

DSC_8275

どびんむしの汁は
カツオ出汁が凄く効いていて
永谷園のお吸い物を超豪華にしたような味

DSC_8284

松茸や海老がギッシリ


日本に住んでて良かったと心から思えるもの

DSC_8304

生ゆば 1200円


入店して1時間ほど経ち
そろそろお腹いっぱいなので
最後に生ゆばを注文

DSC_8323

口に含むと
大豆の豊かで濃い風味が
ぶわっと広がります

DSC_8328

厚切りのアワビも入っていて
【なんちゅうもんを食わせてくれたんや】状態

DSC_8335

超食った〜
思い切り食ったった〜
最後の晩餐はこうあるべき(キリッ!

みたいな感慨に包まれ
ごちそうさま



この内容で食って飲んで一人約7000円というのは
あの口うるさい【にしおかすみこ】ですら
沈黙してしまうほどのコストパフォーマンスなのではないかと
ワタクシは思うのです


この後マダラさんと新橋で合流し
1次会2次会へと進んだのですが
その様子は
いずれ記事化したいと思います^^