DSC04828

守谷二郎
夜の部へ

DSC04814

夜に来るのはこれが初めて

DSC04822

美園循環バスに乗って
夜の部開店前に到着すると
25人くらい開店待ちしている Σ( ̄ロ ̄|||)

DSC04825

近くのセブンで買った
グランドキリン ジ・アロマ
を飲みながら
店の周りを徘徊し
入店タイミングを伺う
怪しいおっさん (←おれ)

DSC04838

開店待ちをしていた人々が
店に吸い込まれた頃を見計らって入店

DSC04842

昨年9月
つけ麺を食べに来た頃と比べると
うずらの卵や
持ち帰り豚や
特保コーラが無くなり
いささか寂しくなった券売機


麺半分600円という券が
女性や小食な方には嬉しいかも

DSC04843

客層は
ファミリー
カップル
若者グループが多く
二郎の殺伐感が無いですね

DSC04846

給水器のところのテーブルには
レンゲの山や
塗り箸などがあり
そして・・・

DSC04849

これが噂に聞く
和風カレー粉か〜


あとで使おう

DSC04852

ここは席が空いても
勝手に座ってはいけないので
じっと松子

DSC_9452

そんなに待たずに着席の誘導あり

DSC_9464

小ラーメン 650円 +生卵50円
(コール=ヤサイニンニク)
※ セルフとうがらし



コールタイムの店主さんの言い方が


ニンニクふぁ〜?


とやたら柔らかく
京急川崎のスマイリー店主に
通ずるものを感じた

DSC_9462

3年前と比べると
量は減ったみたい


大は小の1.5倍なので
大でもよかったかな

DSC_9474

豚はあんまり印象に残らなかったけど
それだけ優等生的だったということか・・・

DSC_9479

麺はムチーっとして旨かった〜


これが
尋常でないほどアツアツ
なんですよ!

DSC_9481

猫の舌を持つ男



の異名を持つワタクシですので
辛抱たまらず
序盤から生卵で
冷却を試みました

DSC_9486

半分ほど食べたところで
給水器のところから
和風カレー粉
ゲトー! (←電子の妖精さんのパクリw)

DSC_9492

非常に細かいカレー粉で
確かに和な風味がする!


これはライスが欲しくなるお味でウマっ!



しかし
これをかけると
二郎ではないものに
変化してしまうので
いきなり最初からは
かけないほうがよろしいかと
思います^^;

DSC_9494

カレー汁と化したプースーは
少なめなので
サクっと飲めて・・・

DSC_9505

ごちそうさまでした



店を出てバス停に行くと
18:59の最終バスに
ギリギリで間に合い
胸を撫で下ろしたのでした(´▽`)ホッ