お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2008年11月

ラーメン二郎 松戸店 で 「 ぶた入りラーメン 」

jiro6_30Nov2008 jiro1_30Nov2008
jiro2_30Nov2008 jiro3_30Nov2008 jiro4_30Nov2008 jiro5_30Nov2008

ぶた入りラーメン(小)

(ヤサイニンニク) 750円

今朝は「ラーメン二郎聖地巡礼の旅」の第二弾として、「汁なし」の聖地であるラーメン二郎横浜関内店に行こうと思っていたのですが、起きたら11時を過ぎていました(汗)。しばらく逡巡した後、前から行きたいと思っていたラーメン二郎松戸店に出かけることにしました。

到着したのが14時半を過ぎていたので、今月初めから提供されている味噌ラーメンの食券は売り切れ。「ぶた入りラーメン(小)」の食券を買い、5分ほどで着席できました。

ここは他の二郎とは異なり、着席と同時にコールがあります。「ヤサイ多め、ニンニク」と言うと、助手さんから「ヤサイ多いですけど大丈夫ですか?」と聞かれたので、キョドらずに落ち着いて「はい」と答えました。

店主さんの作る姿は真剣そのもので、食べる方も気合が入ります。

程なくしてドンブリが登場。美しい盛りです。スープの表面は液体アブラで覆われ、その下には背アブラの小さな塊が広がっています。豚はホロリとほぐれるような特徴があり、カネシをしっかり吸い込んで若干しょっぱめでした。自分的にはカラメにしないでも十分でした。ヤサイは見た目よりボリュームがあります。麺の太さは標準的な二郎という感じで、茹で加減は申し分なく、小麦の香りも素晴らしいです。グルの使用量が標準的な二郎と比べて少なめと聞いていたのですが、確かにそんな気がしました。うまけりゃいいんですけどね。

本日も「うまいうまい」とスープまで完飲しました。今日もお見事な二郎が堪能でき、幸せになりました。ごちそうさまでした。

帰りは数駅手前で降りて2時間ほどウォーキングをしてカロリー消費に励みました。

ラーメン二郎 三田本店 で 「小豚」

jiro4_29Nov2008
jiro1_29Nov2008 jiro2_29Nov2008 jiro3_29Nov2008

小豚 (ヤサイニンニク) 600円

先日ラーメン二郎神田神保町店に行ってきたときの余韻がまだ続いていたため、今日は年に一、二度の私的恒例行事となっている

「ラーメン二郎聖地巡礼」

の旅に出かけることにしました。

JR田町駅からトボトボ歩いて10時30分ごろラーメン二郎三田本店前に到着。丁度コーナーのあたりまで列が出来ていました。20人ほどでしょうか。それでもこの店は回転が速いので、15分ほどで着席することができました。

先読みしていたのか、着席してから2分くらいでコールが来ましたので、「ヤサイニンニク」と唱えます。このあたりの回転率を上げるための技術が二郎の凄さの一つだと感じ入ります。

座った場所が丁度券売機のそばのコーナーになっているところで、直射日光がガンガン当たるため、写真を撮るのが至難のワザでした(白飛びしまくり)。

豚入りにしたので、ゴロンゴロンとした豚が乗っていて圧巻です。とぅるんとぅるんの脂身が旨すぎます。ヤサイがクタクタでしたが、これも三田本店らしいということで(笑)。 スープは微妙に乳化(美乳化とも言う)していて朝から食べるにはかなりヘヴィーな二郎となっております。 量もかなりあるので若干しんどかったのですが、同ロットの他の方々に遅れをとることなくサクっと完食することができました。

親父さんは常連さんと面白そうな話題で盛り上がっていて、「イーヒッヒッヒ!」と笑いを連発していました。 お元気そうでなによりです。ごちそうさまでした。

※ この後ウォーキングをしてからべんてんに行こうと企んでいたのですが、予想以上にお腹にきたので、今日はこれでラーメン行脚を終了しました。

walking5_29Nov2008
walking3_29Nov2008
walking4_29Nov2008
walking1_29Nov2008 walking2_29Nov2008 walking6_29Nov2008

ラーメン二郎三田本店を後にし、カロリー消費のためにウォーキングの旅に出ました。

芝公園を横切り、東京タワーのそばを通って虎ノ門から霞ヶ関を歩くコースで日比谷公園に着きました。銀杏の黄葉とモミジの紅葉が美しいですね。

日比谷公園でしばらくブラブラした後は、お壕沿いに大手町方面に進み、神田→御茶ノ水→秋葉原というコースで歩きました。

アキバで目的のブツを購入した後ブラブラ歩いていると、ヨドバシカメラ秋葉原店の向かいに「甘栗太郎」を発見しました。新栗という文字に惹かれて1050円分の甘栗を購入。

この時点で15時近くになったので、べんてんに行こうかと思ったのですが、消化のペースが遅いので今日はこれにて帰宅の途につくことにしました。

ラーメン二郎 神田神保町店 で 「 小豚 」

jiro6_27Nov2008

今朝は九段下で緊急脱出し、一路
ラーメン二郎神田神保町店

jiro5_27Nov2008
jiro1_27Nov2008

小雨の降る中、10時35分に到着。前の方が順番を譲ってくれたので、1stロットに滑り込むことができました。11時5分過ぎに開店。

お箸がエコ箸になっていました。割り箸に比べると麺がたぐりづらいですが、慣れれば大丈夫でした。

jiro2_27Nov2008
jiro4_27Nov2008 jiro3_27Nov2008

小豚(ヤサイニンニク) 750円

全体的にボリューム感たっぷりで、小でも某二郎の大より多いと思います。 麺がギッシリ詰まっていて、非常に食べ甲斐があります。ヤサイマシにしたので、プチタワー状態です(汗

豚は脂身がフワフワとろけるような柔らかさで、「うまいうまい」と心の中で連呼してしまいました。

麺は強力小麦(オーション)の香りが強く感じられます。食べても食べてもドンブリから現れてくる麺に小さな幸せを感じました。

スープはそれほどしょっぱくなく、良いカネシ加減です。香りも素晴らしく、 思わず完飲してしまいました。

ラーメン二郎神田神保町店はやはり只者ではありません。毎日長蛇の列が出来るワケです。

べんてん で 「 メンマラーメン 」

benten1_24Nov2008
benten2_24Nov2008 benten3_24Nov2008 benten4_24Nov2008

メンマラーメン

今朝は完全に出遅れて、べんてんの行列に接続したのが開店直前でした。10時10分ごろ開店しました。

おとといに比べると風は弱く、予想より待つのは苦になりませんでしたが、何年かぶりにビルのゴミ捨て場近くから並びました。開店時で40人弱の並びだったでしょうか。

約1時間ほど並んで4巡目くらいで入店。今日は久しぶりにラーメンを食べることにしました。大好きなメンマもトッピングで注文。

マスターが盛るメンマはいつ見ても気前がいいですねぇ。ラーメンに使われているカエシとメンマの味付けは同じ系統のようで、そのせいでメンマとラーメンは非常に相性が良いんだと思います。

今日は大幅に出遅れたのにもかかわらず、サービスで肉団子を乗せてくださいました。 いつもありがとうございます。この肉団子、鍋料理に入っている肉団子みたいにジューシーなのですが、しっかりした味付けがされています。レンゲに乗せてスープと一緒に口に入れると、小籠包を食べているかのような錯覚を覚えました。ごちそうさまでした。

店を出ると、まだ20人近い行列が続いていました。祝日恐るべしです。

手賀沼フィッシングセンター

teganuma_fishingcenter

たまにはラーメン以外の事も書いたりして…

この日は千葉県我孫子市の手賀沼のほとりにある手賀沼フィッシングセンターという所に行ってきました。クチコミでは、ここは結構穴場とのことで、三連休中日でも午前中はほとんど人が居ませんでした。

釣り堀でニジマスやヘラブナを釣ることができて、釣った魚をバーベキューセットを借りて焼くことができます。 お手軽アウトドアですね。

ニジマスの釣り堀ではほとんど入れ食い状態で、小さなお子様でも簡単に釣ることができます。 4匹釣ったところで釣りは中断し、バーベキューセットで焼きました。 ニジマスは淡白な味で川魚特有の匂いがするので、食べるならフィッシュセンターでプロのおばちゃんが焼いている鮎焼きのほうがお勧めです。

バーベキューを終えてからニジマス釣りを再開しましたが、今度はサッパリ当たりが来ません。 釣るなら午前中がお勧めです。やっと一匹釣って家に持ち帰りました。

この近くには、手賀沼温泉 満天の湯や、道の駅しょうなんがあります。


<追記>

家に持ち帰ったニジマスは三枚におろした後、塩コショウを強めに振り、ニンニクスライスをオリーブオイルで炒めたところに投入してソテーしました(バターも入れてムニエルでも良いと思います)。出来上がりにレモン汁を振って食べましたが、これはかなり美味です。バーベキューセットで塩焼きにするのはもったいない魚ですね。以後気をつけます(汗)。

ニジマスの料理方法について色々と調べたら、ワタを抜いたところに味噌を詰めてホイル焼きにするというアウトドア料理法があって、それも旨そうでした。

べんてん で 「 とろろつけ麺 」

benten3_22No2008
benten4_22No2008 benten1_22No2008 benten2_22No2008 benten5_22No2008

とろろつけ麺(中盛り)

今朝は風が強めで寒かったです。そろそろ冬用のコートが必要かな。

10時ジャストに開店。塩の札の隣には、「とろろつけ麺 900円」の札が下がっていました。寒かったので温かいラーメン系にしようかと思っていましたが、とろろつけファン(笑)としては食べずにはいられません。寒いと言いつつビールも注文。これもやめられません。

前回とろろつけ麺を食べたとき「とろろつけの場合、喉越しが非常に良いので中盛りでも余裕で行けそうなのですが」と書いた事もあり、 調子に乗って中盛りで注文しました。

フル規格の中盛りを食べるのは今回が2回目なのですが、やはり中少な目と中盛りの間には壁がありますね。終盤ちょっとヤバかったです。スープ割りを飲み切る自信がなかったのでスープ割りはせず、つけ汁をストレートで全部飲んじゃいました。とろろが入っている分、味がマイルドになっており、そんなにしょっぱく感じませんでした。

今日はアオサ海苔(?)を特別に乗せてくださいました。鮮烈な海苔の薫りがグッと来ます。ごちそうさまでした。

店を出ると並びは7〜8人でした。

ラーメンあや で 「 汁なし 」

aya1_20Nov2008

ここ最近は週一で所用のために千葉中央に来ていますが、今日はお昼過ぎに「ラーメンあや」に到着。

店内はOLさんが数名。自分は昼間から発泡酒でグビグビ。なんとなく浮いてる気が…(汗)。

aya2_20Nov2008
aya3_20Nov2008

汁なし (650円)

前回頂いた煮玉子サービス券は今回はキープして、「汁なし」を食べてみることにしました。 お店の奥さんが生卵(100円)を勧めるので、生卵も一緒に。

aya4_20Nov2008

野菜の山の頂には魚粉がたっぷりかかっています。

まぜまぜするには野菜が多すぎるので、最初に野菜を2/3ほどやっつける必要があります。

aya5_20Nov2008 aya6_20Nov2008 aya7_20Nov2008

生卵が小鉢に殻付きのまま出てくるのですが、食べ方がイマイチ分かりません。 とりあえず、小鉢に割り入れてみましたが、二郎@神保町や二郎@一之江のようにすき焼き風にして食べるにしてはHotさが足りないので、ドンブリに投入して麺と絡めて食べることにしました。

生卵を入れると、いい感じになりました。やっぱり汁なしには生卵が合います。

途中で卓上の七味や胡椒を振ってみました。この前は卓上に置いてあったラー油が今日は無かったのですが、ラー油をかけたら美味しいでしょうね。ジャンクさが今ひとつ足りなかったので、今度汁なしを食べる時は、「脂多目、味濃い目」で行ってみたいと思います。

べんてん で 「 つけ麺 」

benten1_19Nov2008 benten2_19Nov2008

冬の訪れを感じさせるような朝でしたが、快晴で風はほとんど無く、意外に並ぶのが辛くありませんでした。今日はいつも以上に換気口からすごく美味しそうなスープの薫りが漂ってきてたまりません。

10時45分ごろ開店。

午後の事は午後に心配することにして、いつも通りビールとお通しでグビグビやります。

benten7_19Nov2008
benten4_19Nov2008 benten3_19Nov2008

つけ麺(中少な目)

前回は特製カキ塩ラーメンが出たために、脳内ローテーションで組んでいたつけ麺を延期したので、「今日こそは!」ということで、つけ麺を注文しました。

今日の麺は最高の茹で加減でした。卓上の胡椒を麺の上にふりかけ、1/3くらいは麺だけを食べたり、チャーシューやメンマをつけ汁から持ってきて麺に絡めて食べたりしました。

benten5_19Nov2008

今日はワカメを特別に乗せてくださいました。ありがたく頂戴いたしました。麺に絡めて食べると風味豊かで、これは良いものです。

benten6_19Nov2008 benten8_19Nov2008

つけ汁の表面に張る繊細そうなゼラチン質の膜が美しいです。

今日のつけ汁はいつにも増して旨かったです。スープ割りが最高でした。 改めて、べんてんのつけ麺の凄さが堪能できました。ごちそうさまでした。

11時15分頃店を出ると、並びは4人ほどになっていました。

ラーメン二郎 京成大久保店 で 「 味噌ラーメン 」

jiro1_17Nov2008
jiro2_17Nov2008 jiro3_17Nov2008

味噌ラーメン 750円

18時30分くらいに到着。空席4。この時間帯は空いています。あと15分くらい経つと、お客さんがどんどん入ってきます。

前回は事情があってニンニク半分で頼んだので、今日は普通にニンニクを入れてもらいました。

この味噌ラーメンはやっぱり二郎です。ニンニクが良く合います。

今日も完飲したので体への負担が重そう。しばらく水だけ飲んで過ごそうかな。

べんてん で 「 カキ塩ラーメン 」

benten1_15Nov2008

カキ塩ラーメン

10時10分過ぎに開店すると、いつもの塩ラーメンの札の横に短冊メニューが一枚垂れ下がっていました。本日は特製メニューで「カキ塩ラーメン」(限定20食)が提供されました。前回カキ塩ラーメンにありつけたのは一年前くらいでしょうか。久しぶりのカキ塩ラーメンなので、脳内ローテーションで組まれていたつけ麺は延期にして、カキ塩ラーメンを注文しました。

カキ塩ラーメンを作っているところを横から観察すると、カキをソテーしたときに出来たと思われるソースというかエキスというか、それらしい汁をスープにブレンドしています。実際スープを飲んでみると、カキの味と薫りが存分に堪能できる出来となっており、素晴らしいお味でした。べんてんの力強いスープとカキの旨みの相乗効果によって、いつもよりワンランク上の美味しさを味わえたように感じました。

カキの他にも、白菜の塩あんかけ風のトッピングも載せてくださいました。これも白菜の旨みと甘みが感じられる逸品でした。ごちそうさまでした。

店を出ると、並びは6人程度になっていました。これから寒くなると並ぶのが辛くなりますね。

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ