お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2008年12月

べんてん で 「 つけ麺 」

benten1_31Dec2008 benten2_31Dec2008

三歩進んで二歩下がる状態が続くこのごろの体調。今朝は二歩下がるタイミングだったのか起きられず、べんてん前に着いたのが14時15分過ぎ。12人は並んでいました。

店頭には正月休み前に出入り業者が届けたと思われる野菜関係の箱が山積みされています。よく見ると、白菜の箱もあります。元旦の特製に使用されるのでしょうか。当日のお楽しみです。

benten3_31Dec2008 benten4_31Dec2008
benten5_31Dec2008 benten6_31Dec2008 benten7_31Dec2008

つけ麺 (中少なめの更に少なめ)

明日は特製ラーメンの予定なので、今年最後のべんてんでの注文はつけ麺にしました。いつもは閉店ギリギリの時間でも玉子だけは残っているのですが、今日は辛味を除く全てのトッピングが売り切れていました。

つけ汁の表面には、例のアレが、箸でつつけばバリバリと音を出しそうな勢いで自己主張しています。

サクサク食べてスープ割りも頂いて、とても良い年越しそばになりました。ごちそうさまです。良いお年を。

benten8_31Dec2008

15時15分ごろ店を出ると、外待ちゼロでした。ちょっと意外でした。

べんてん で 「 塩ラーメン 」

benten2_30Dec2008
benten1_30Dec2008 benten3_30Dec2008 benten4_30Dec2008

塩ラーメン

今日はまだ平日と同じ開店時間のため、9時半あたりに着けば一巡目余裕だろうと思い、 9時35分頃べんてん前に到着。列はガードレールからちょっとはみ出したところまで伸びており、ギリギリセーフといったところでした。

昨日はつけ麺だったので、今日は予定通り塩。今日の塩は隙の無い旨さでした。スッキリとキレのあるスープでありながらも、ダシの味が濃厚に感じられるスープで、大変満足しました。ごちそうさまでした。

一番下の写真は、11時25分の時点での行列の様子ですが、30名は並んでいそうです。 年末年始は朝早く並んだほうが良さそう。

明日はラーメンかつけ麺を食べる予定。

べんてん で 「 つけ麺 」

benten1_29Dec2008 benten2_29Dec2008

「仕事納めの後はべんてんへゴー」ということで、高田馬場へやってまいりました。17時着で外待ち無し。 扉を開けると中は満席。暫し店内で待ちました。

この時間帯で満席なのは珍しいです。みなさん休日モードに入られているのか、テレビの影響か知りませんが 子連れのお客さんもおられます。

まずはビールです。今日のおつまみのお肉は、柔らかく味が染みてて旨かったです。

benten4_29Dec2008
benten5_29Dec2008 benten3_29Dec2008

つけ麺 (中少なめの更に少なめ)

まだ病み上がりで体調が万全ではないので、つけ麺中盛りの少なめの更に少なめでお願いしました。本当は今日はラーメンで行く予定だったのですが、あんまり寒くなかったので急遽つけ麺に変更したのでした。

山の形にこんもりと盛られた麺が美しすぎます。

つけ汁表面のゼラチン質の膜が美味しさの予感を確信へと導いてくれます。

benten6_29Dec2008 benten7_29Dec2008

生卵をトッピングしても旨そうです。

今日もつけ汁につけないで半分麺を食べちゃいました。いわゆる「つけ麺ハーフ&ハーフ」です。

ビールを飲みきった時点でお腹一杯な気分がしてヤバかったのですが、気がついたらスープ割りしても余裕の腹具合。 人体の驚異です。 今日もおいしいつけ麺、ごちそうさまでした。

つけ麺の余韻に酔いしれていたため、店を出てからの「行列の長さチェック」を忘れてしまいましたが、常に満席状態で店内待ちの人もいらっしゃったので、ガードレールにも列が出来ていたと思われます。

体調が良ければ明日は塩を食べに来ようかな。

とみ田 で 「 特製中華そば 」

tomi2_28Dec2008

ようやく治りかけてきたと思っていた風邪がぶり返し熱が出たため、昨日の朝から今日の昼まで30時間近く寝て過ごしました。

熱は引いたので、ラーメン二郎松戸店まで出かけることに。

14時30分ごろ二郎の前に到着すると既に打ち切られた後でした。( ̄□ ̄;)!!ガーン!

気を取り直して、とみ田に向かいました。おぼろげな記憶では線路を挟んで二郎の反対側だと思っていたのですが、対角の位置なんですね。反対側にあるのは「兎に角」でした。

とみ田に到着すると、ちょうど列の折り返し点まで列が伸びており、待ち客のほとんどがカップル。べんてんの場合これは非常に嫌なパターンなのですが、とみ田の場合は私のような一人客に非常に有利なパターンなのです。

案の定、並んで30分ほどで約10人抜きで入り口前にワープさせてもらいました。 電熱ヒーターのサービスがありがたいです。

tomi3_28Dec2008
tomi4_28Dec2008 tomi5_28Dec2008 tomi6_28Dec2008 tomi7_28Dec2008 tomi8_28Dec2008

特製中華そば 880円

とみ田に来るのはこれが三度目ですが、過去二度ともつけそばを食べたので、今回は中華そばを注文しました。

カウンター席の一番入り口寄りの席だったので、厨房が良く見渡せます。厨房には店主さんともう一人のいぶし銀な感じのスタッフさんが作業をされております。作業の様子を見ていると、精巧に作られた時計の内部を見ているようで感嘆いたしました。

スープは杯数分の量を手鍋でグツグツと泡立つように煮立てて、それを慎重にドンブリに移されていました。豚骨スープに魚粉を合わせて作る豚骨魚粉系のスープです。魚系でよく使用されるWスープの技法とは全くベクトルの向きが違うというか、別の次元の豚骨魚介系スープの作り方で、非常に大胆です。

運ばれてきたドンブリは、海苔がスープに浸からないように具の上に載せられています。これは海苔のパリパリ感を大切に保つための配慮なのでしょう。

スープは濃いです。でも、魚粉ぽさはほとんど感じません。スープを最後まで飲むと底に魚粉が溜まってるんですけどね。

チャーシューは柔らかく、半熟煮玉子は中がトロトロで、メンマは程よくしょっぱい味で、隙の無いラーメンなのであります。

麺は太くてモチモチ感があるのですが、スープの印象が強すぎて、麺自体のインパクトはそれほどでもありません。

食べ終わってみて、以前食べたつけ麺と比べてみると、今回食べた中華そばのほうが私の好みに合っているような気がしました。今度はつけ麺を食べてみて確認しようと思います。ごちそうさまでした。

tomi1_28Dec2008

店頭には年末年始の営業予定の告知がありました。

ラーメン二郎 神田神保町店 で 「 小豚 」

jiro1_25Dec2008 jiro2_25Dec2008

小豚 (ヤサイニンニク) 750円

先週は臨休でフラれて来れなかった神保町へ。

17時15分ごろに着くと、ギリギリで1stロットに入れました。17時53分ごろに開店。 並んでいるときに大きさを聞かれていたので、着席して間もなくコール。スピーディです。二郎です。

あんまり写真を撮ると怒られそうなので、今日は2枚だけ。

以前とくらべて豚が薄くなったように感じました。しかし、いつものように脂身がとろとろで旨いです。

食べても食べてもドンブリの底からどんどん麺が湧いて出てくる恐怖感は相変わらずですね。この感覚は 三田本店と神保町で強く感じます。二郎です。

まだ風邪の余韻で鼻がほとんど利かないため、香りが堪能できなかったのが残念です。

スープを完飲し、底にたまったニンニクも全て残さず完食。ごちそうさまでした。

今年中にあと二杯は二郎を食べておきたいな。

べんてん で 「 つけ麺 」

benten1_23Dec2008 benten2_23Dec2008

昨日は風邪の諸症状がマックスに達したため、仕事も休んで家で引き篭もっていたのですが、たっぷり寝たので 今日はお昼頃から調子が戻ってきました。ということで、べんてんへ向かいます。

13時40分頃到着。並びは9人ほど。20分くらい待って入店できました。

今日もニンニクたっぷり。ちょっと皿からこぼれました。ゴメンナサイ(汗。

benten4_23Dec2008
benten3_23Dec2008 benten5_23Dec2008 benten6_23Dec2008 benten7_23Dec2008

つけ麺 (中少なめの更に少なめ)

胃の調子がまだ完全ではないような気がしたので、中盛り少なめの更に少なめでお願いしました。 今回のつけ汁はカエシが少し立ったような味に感じましたが、病み上がりの舌なので味覚が変わってるのかもしれません。

麺の上にコショウをまぶして、いつものように麺をワシワシ食います。

食べていると、ガラッと戸を開けてマスターが入ってきました。厨房のスタッフさんに何かを渡すと、すぐに去って行かれました。見たところ海老のようです。

丁度目の前にスタッフのO部さんがいらっしゃったので、元日の特製ラーメンについてお話を伺ったところ、元日の特製ラーメンは 例年と同じくエビカニをやるとのことでした。 先ほどマスターが持ってきた海老はサンプルとのことです。元日が楽しみです。

ちなみに、スタッフのO部さんはエビカニがごにょごにょなので、大晦日から元日の朝にかけて仕込みをされ、元日は厨房には立たないそうです。いつもご苦労様です。

今日もおいしいつけ麺、ごちそうさまでした。

benten8_23Dec2008

14時30分くらいに店を出ると、待ち列は6人ほどになっていました。 祝日でもこの時間帯なら、あまり並ばないで済むみたいですね。

べんてん で 「 塩ラーメン 」

benten1_20Dec2008

冬は寒くて長時間待つのが辛いので、最近はできるだけ待ち時間が短くて済みそうな時間帯を狙っております。

今朝は10時45分くらいに到着しましたが、待ち列はガードレールには収まらず、12人程度の長さでした。 しかも、何故か回転が異様に悪い。

しばらく待っていると、店内から7、8名の団体さんが出てきました。量の多さなどについて語り合い盛り上がっております。楽しそうです。

結局、待ち時間は20分ちょいだったので、土曜にしては短いうちに入るんだと思います。

benten2_20Dec2008

まずはお約束のビールをいただきます。

benten3_20Dec2008

昨日から風邪の初期症状と思われる喉の違和感があったので、おつまみニンニクトリプルで(笑)。

benten4_20Dec2008

塩ラーメン

前回はラーメンだったので、今回は塩ラーメンをいただきました。

約10日ぶりの塩。長らく食べていなかったような気がします。

benten5_20Dec2008

本日の塩ラーメンは、スープがライト系の味わいで私好みの味になっておりました。

ずっしりと濃厚なスープもたまには良いのですが、やはりスッキリとキレのあるスープが一番好きです。

日々のスープの仕上がりの微妙な違いが面白いですね。美味しかったです。ごちそうさまでした。

benten6_20Dec2008
benten7_20Dec2008

11時半ごろ店を出ると、待ち列はまだ長いままでした。今日はお客さんが多かったです。

ラーメン二郎 京成大久保店 で 「 小ブタ 」

jiro1_19Dec2008

年末から年始にかけ、ラーメン二郎の直系店は長期休業に入るところが多いので、 今のうちにカネシ補給を済ませておこうと思い、最初は神保町に行こうとしたのですが、今日は臨時休業だったので 京成大久保店に行ってきました。

jiro1_19Dec2008

大を食べきれる自信は全く無いので、小ブタの食券をポチっと。

jiro1_19Dec2008

壁には年末の営業スケジュールの告知が貼ってありました。年始はいつからなんでしょうかね?

jiro1_19Dec2008 jiro1_19Dec2008

小ブタ (ヤサイニンニク) 750円

コール前に「カタメでよかったんでしたっけ?」と、一部でアンジェラ・アキ似と言われている奥さん(?)から声をかけられてちょっとビックリ。注文を覚えられるほど通ってないんですけど…(汗)。

でも最初にカタメと言うのを忘れていて丁度後悔していたところだったので、せっかくだしカタメにしてもらいました。

トッピングコールのときに「ヤサイニンニクで」と言うと、またしてもアンジェラ奥さんから「カラメでしたよね?」と 声をかけられました。「いえ…、普通でお願いします」と言いましたが、最終的に何故かカラメで出てきました(笑)。 カネシ補給が目的なのでカラメで結構なのです。不満は全くありません。

ここのスープは野菜の甘みとカエシのしょっぱさが程よく調和していて好きです。カラメになってなかったら完飲していたことでしょう。旨かったです。ごちそうさまでした。

べんてん で 「 メンマラーメン 」

benten2_18Dec2008
benten1_18Dec2008

久しぶりのべんてん。というか、久しぶりのラーメン。

昨日の冷たい雨から一転して、今日は非常におだやかな天気です。手袋をしなくても余裕で開店待ちができました。

店頭には年末年始の営業スケジュール表が貼ってありました。

benten3_18Dec2008

午前中お休みを取ったので、とりあえずビール。

おつまみニンニクマシマシ(笑)。

benten4_18Dec2008

メンマラーメン

先週の土曜日はラーメンを食べる気になっていたところに突然とろろつけ麺が出たため変更を余儀なくされたのですが、本日は迷うことなくメンマラーメンを注文しました。

スープが朝から濃厚です。べんてんのラーメンのスープってもっとあっさりしていたような記憶があるんですが、今朝のラーメンは「とみ田@松戸」を思わせるような濃厚さが感じられました。腹にずっしりと来ます。濃厚だけれども、雑味や豚臭さがほとんど感じられない素晴らしい味のスープです。旨いです。

benten5_18Dec2008

麺ももちもち感があって絶妙です。ごちそうさまでした。

麺処 三四郎 で 「 特うしお 」

sanshiro7_13Dec2008
sanshiro1_13Dec2008
sanshiro2_13Dec2008 sanshiro3_13Dec2008 sanshiro4_13Dec2008

よせばいいのに連食してしまいました。明らかに無謀です(笑)。

靖国通りから小道に入った場所に「麺処 三四郎」はありました。

店頭に来月までの営業日程が貼ってありました。正月は2日から営業されるようです。

しょうゆラーメンの「むらさき」にしようか、塩ラーメンの「うしお」にしようか迷いましたが、あっさりめの味が食べたかったので、全部のせの「特うしお 980円」の食券を買いました。

ウォーキングで喉が渇いたので、まずビールから(笑)。スーパードライの350ml缶がおつまみ無しで380円はちょっとお高めかな。

厨房内の壁にはメディアへの露出予定がメモ風に貼ってありました。年末から年始にかけて、テレビ番組やDancyuなどに登場するみたいです。それほど混んでいないいまのうちに食べておくのが良いかもしれません。

sanshiro5_13Dec2008
sanshiro6_13Dec2008

特うしお 980円

ビールを飲んだらお腹一杯で食べきれるか不安になりましたが、 なんとかスープ以外は全部食べることができました。さすがにべんてんの中少な目を食べた後は腹に来ます。

スープが非常に繊細というか薄味というか上品という感じですね。これは空腹時に再訪してスープまでしみじみと味わってみる必要がありそうです。

食べ進むと後半単調さが感じられましたが、時々海苔を麺に絡めて食べると良いアクセントになりました。

ごちそうさまでした。

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ