お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2009年01月

べんてん で 「 つけ麺 」

benten1_31Jan2009

強風のせいか電車のダイヤも少し乱れ気味。

遅れる電車はべんてんへの到着時間も遅らせます。

10:50ごろ到着。悪天候の下、意外にも並びは10人近くも。

店内に「とろろつけ麺」の札が下がっているのが見えましたが、もうすぐ入店という頃には外されていました(´・ω・`)ショボーン

強風吹き荒れる中、20分待ちで入店。

benten2_31Jan2009

本日のお通しには煮こごりがサービスで付いてきました。

しょうがの風味が利いていて、酒飲みにはたまらない逸品ですね。これ好きです。

ビールがぐいぐい進みますた。

benten5_31Jan2009

つけ麺 (中盛り少なめ)

とろろつけが無くなったので塩にしようと考えていたのですが、塩だとロットのタイミング的にビールをハイスピードで飲まなくてはいけなそうな感じがしたので、急遽つけ麺を食べることにしました。

benten4_31Jan2009

今日はつけ汁に肉だんごを入れてくださいました。かたじけなく思いつつありがたく戴きます。

肉だんごをおかずに麺をほおばると、とても美味でした。麺に良く合います。

今日のつけ汁は、おととい食べた時のつけ汁とはまた違う味がしました。今日のつけ汁の方がいつものべんてんの味という感じがしました。

benten6_31Jan2009

本日の「中盛り少なめ」のサイドビュー。

理想的な中盛り少なめです。これより多いと「コレって普通の中盛りじゃないっすかー!(笑)」と言いたくなります。

benten7_31Jan2009

ツルツルシコシコで喉越し最高の超ウマウマ麺。

さすが巷で史上最強のつけ麺と語られるだけあります。

benten8_31Jan2009

なんとかロットを乱さずスープ割りまでして完食。ごちそうさまでした。

今日も大変満足しました。

benten9_31Jan2009

店を出たときの並びは6〜7人くらいだったでしょうか。

benten10_31Jan2009

べんてん で 「 つけ麺 」

benten1_29Jan2009 benten2_29Jan2009

久しぶりのべんてん

ていうか、日曜日からずっとラーメンを食べていなかったらしい。

なぜか忙しい今週。

今朝は10:20べんてん着で1st滑り込み。

この後、急速に列が伸びます。平日は10:15あたりが1stにギリギリ入れる目安かもしれないですね。

benten3_29Jan2009 benten4_29Jan2009 benten5_29Jan2009 benten6_29Jan2009 benten7_29Jan2009

10:45過ぎにO部さんの影がガラス戸越しに見えるも、何分待っても開店しません。スープの最終調整を念入りになさっているのでしょうか。

11時近くになってようやくオープンしました。


つけ麺 (中盛り少なめの更に少なめ)


ブランク期間のせいで胃が小さくなった気がしたので、中盛り少なめの更に少なめでお願いしました。

本日のつけ汁は先日までのものと少し違う雰囲気の味でした。昨年の2月あたりから初夏にかけての味に似ているかな?節系の味が強く出ているというか…。これはこれでべんてんの味の一つですから、おいしく戴きました。麺は最高でした。ごちそうさまでした。


外に出ると10人以上並んでいました。

べんてん で 「 塩ラーメン 」

benten1_24Jan2009

あれ?誰も並んでないみたい…


マジっすか!?( ゚д゚)ポカーン

benten2_24Jan2009

「うわあぁぁ..!土曜日なのに超ラッキー!」と、おバカタレントみたいに浮かれて引き戸を開けると満席でした(笑)


でも、待ち時間は1分くらいでしたが…。

10:30過ぎの到着でこの空き具合はラッキー。新記録かも。

自分的には冬は待ち時間が長いと体が冷えてビールを楽しめないので、待ち時間を限りなく短くすることを至上命令として自らに課している今日この頃。ヘタレてます。

benten3_24Jan2009
benten4_24Jan2009
benten5_24Jan2009
benten6_24Jan2009 benten7_24Jan2009 benten8_24Jan2009

塩ラーメン (味薄め)


前回に続いて、今日も塩の味薄め。

最近は味薄めがマイブーム(死語?)です。

濃いめより断然薄めが好きになりました(歳取ったからとか?)

仕上げに青海苔を振りかけてくださいました。ありがたく頂戴いたしました。

「塩旨いな〜。神がかり的な旨さだな〜」と稲川淳二のような神妙さで思いながらサクッと完食して顔を上げるとマスターと目が合ったので、「塩旨いですね〜」と言うとマスターが、「つけも旨いよっ!」とおっしゃいました。そこから少し話が続いたのですが、次は是非つけ麺を食べたくなるようなお話でした。


お店を出ると、ガードレールでは4名ほどの方々が並んでいらっしゃいました。

今日みたいな寒い日は空いてて狙い目かもしれません。

ラーメン二郎 京成大久保店 で 「 小ブタ 」

jiro8_22Jan2009 jiro2_22Jan2009 jiro3_22Jan2009 jiro4_22Jan2009 jiro5_22Jan2009 jiro6_22Jan2009 jiro7_22Jan2009 jiro1_22Jan2009

体内カネシ汁が欠乏してきたので、どこの二郎に行こうか思案するも、メルマガで小岩店 夜の部臨休のお知らせが。

神保町店は開店前から並ぶのが一番待ち時間が少ないんだけれども、今から並ぶのは遅すぎる。

亀戸店は夜の部の終了が異常に早いし、一之江は都営新宿線に乗り換えるのが面倒くさいしな〜。


ということで、小降りの雨の中、またしても京成大久保へ。

今日は店主の笑顔がいつもより多いような気が…。アンジェラ奥さんと談笑なんかしてるし…。


ほのぼの二郎


といった風情さえ漂う店内。

営業再開以前には殺伐とした雰囲気で有名でしたが、今の店主には柔和なイメージすら漂います。ラーメンを作っていらっしゃるお姿が楽しそうに見えます。

ラーメンを半分くらい残した学生風のお客さんに、「小鉢サイズが丁度かもしれないね」と優しくアドバイスするアンジェラ奥さん。素敵です。


今日は小ブタ(750円)の食券を買い、コールは「ヤサイニンニクで」。

ヤサイはキャベツ率が高く、ベストな茹で加減。

豚は厚切りでとても柔らかく、この店で食べた中で最高の豚でした。「京成大久保の豚はシーチキンみたい」だとか、「パサ豚」などとネットで書かれたりしますが、今日の豚はしっとりとしていて、お箸で持ち上げようとしただけで崩れるふんわり豚。

麺は絶妙な茹で上がりだったし、スープは美乳化していて完飲してしまったほどです。

今回のラーメンは完璧でした。パーフェクトな一品、ごちそうさまでした。

らぁ麺・つけ麺 つなみ で 「 つけ麺 」

tsunami8_20Jan2009

学生の町 西千葉


千葉大のそばを通りがかったので、自家製麺の店「らぁ麺・つけ麺 つなみ」に寄ってみました。

tsunami1_20Jan2009 tsunami2_20Jan2009

券売機でつけ麺大盛り375g(760円)+ビール(490円)+おつまみメンマ(150円)の食券を買い込み、即着席。

半年前に来たときはビール(キリン一番絞り 中瓶)が430円だったはずなので、ちょっと値上がりしてますね。ちなみに、つけ麺は並・中・大とも同価格です。

おつまみメンマには端切れチャーシュー(?)も入っています。メンマは極太で甘めの味付け。

tsunami3_20Jan2009

つけ汁の器が皿に乗って登場。民芸調の木製レンゲもついてきます。スイーツ(笑)なご婦人方に受けそうです。

tsunami4_20Jan2009

麺は千葉県産有芽小麦全粒粉配合の自家製麺とのことで、灰色がかった薄黄色をしており、ところどころ黒っぽい粒々が確認できます。

tsunami5_20Jan2009 tsunami6_20Jan2009 tsunami7_20Jan2009

つけ汁の作製工程を拝見したところでは、小鍋で加熱してからドンブリに移しているようです。豚骨魚介系です。

つけ汁は、表面を脂の層が薄く覆っており、一見豚骨メインのように見えますが、かき混ぜると茶褐色になります。味は甘めなので好みが分かれると思いますが、麺と良く合っているのではないでしょうか。

ひとまず麺だけをそのまま食べてみました。全粒粉配合でも全くボソボソ感は無く、喉越しの良い美味しい麺。なんとなく卵麺の風味もします。やはり自家製麺は良いものです。

その後はいつものパターンで、つけ汁の中から具を引っ張り出して麺の上に載せて食べたり。

後半になって少し麺のコシが弱くなったかなという感がありましたが、最後までおいしく食べることができました。

スープ割りはせずにつけ汁を完飲してフィニッシュ。ごちそうさまでした。

べんてん で 「 塩ラーメン 」

benten1_17Jan2009

大盛りチャレンジャー集団に囲まれてしまいました(笑)

10:30にべんてんの行列に並ぶと、いつの間にか、4人グループ+4人グループの総勢8人のマッチョな集団の間に一人挟まれた格好に。

このお兄さん方は筋金入りの体育会系のようで、かなり気合が入っているご様子…

benten2_17Jan2009 benten3_17Jan2009

列に並ぶこと30分。入店後、塩ラーメンを注文してグビグビやりながら、隣のマッチョ集団に提供されている品に目をやると、つけ麺大盛りや中盛りなどで、期待を裏切りません。お兄さん方、さすがですね。

ビールが回ってホンワカした気分になっていると、マスターが、「さっき牡蠣やってたんだけど、牡蠣スープ食べる?」みたいな事をおっしゃってきました。残り物には福があるパターンかな。

今朝は牡蠣塩ラーメンととろろつけ麺の二本立てだったみたいで、とろろつけ麺は自分が店を出る11:20過ぎでも札が下がっていました。とろろつけも大好きなのですが、今日とろろ食べると、4回連続つけ麺になってしまうのでパス。

benten4_17Jan2009
benten5_17Jan2009 benten6_17Jan2009 benten7_17Jan2009 benten8_17Jan2009

塩ラーメン (味薄め)

塩ラーメンを作る様子を観察したところでは、牡蠣をソテーしたときに出てきた汁を、ドンブリの底と最後の仕上げの2段階で投入しておられました。

これは絶対旨いだろうということは、食べる前の段階で確信できます。

程なくしてやってきた塩ラーメンの撮影会を終え、おもむろにスープを啜ると、ふんわりと牡蠣の滋味溢れる風味が口中に広がり、ミスター味っ子に出てくるような大げさなリアクションが脳内で展開されました。

デフォの塩ラーメンもかなり旨いのですが、牡蠣汁を入れると相乗効果によって、別次元の旨さに変わるように思いました。

夢中で塩ラーメンを食べながら、フと周りを見渡すと、店内ではマッチョ8人グループが大盛りつけ麺、中盛りつけ麺、中盛りラーメンなどと格闘を繰り広げておりました。

若いっていいよなあ。でも、撃沈率も高かったような(笑)。

今日もとても美味しい塩ラーメン、ごちそうさまでした。

べんてん で 「 つけ麺 」

benten1_16Jan2009 benten2_16Jan2009 benten3_16Jan2009 benten4_16Jan2009

大岡山駅16:44発の東急目黒線(西高島平行き)に乗り込みました。


直通で神保町に行けるので、二郎@神保町とべんてんの二択で悩んだのですが、「仕事の後はビールだろ」と心の中の悪魔が言いましたので、目黒でJRに乗り換えてべんてんへ。


17:17べんてん着


並びゼロの予想が意外にも5人待ち。約15分待って入店。


つけ麺 (中少なめの少なめ)


夕食は量を控えないと太りやすいらしいので、中盛りの少なめの更に少なめ。

ちなみに、月曜日に食べた「少なめ」と今回の「少なめの少なめ」を比べたのが下の二枚の写真。

benten5_16Jan2009
benten5_12Jan2009
benten6_16Jan2009 benten7_16Jan2009

見た目ではあまり違いが分かりませんね(笑)。

今夜もつけ汁のパリパリした膜は健在でした。

今回のつけ汁は動物系が控えめで、魚介系が強く感じられるライト系に仕上がっているように感じました。これはド真ん中ストレートで好みの味です。

麺は硬めでいながらも、芯が全く残っていない素晴らしい出来。夜のべんてんも良いものです。ごちそうさまでした。

17:55ごろ店を出ると、外待ち無し。店内満席でした。

ラーメン二郎 京成大久保店 で 「 みそラーメン 」

jiro7_14Jan2009
jiro1_14Jan2009
お水をどうぞ
jiro2_14Jan2009

みそラーメンが出来上がり、店主が途中までドンブリを運び、アンジェラ奥さんに中継してカウンターの上に持ってきました。


…が、スープが決壊!(笑)

jiro4_14Jan2009
jiro3_14Jan2009 jiro5_14Jan2009 jiro6_14Jan2006

みそラーメン (750円)

なぜか、みそラーメンだけはスープがギリギリまでなみなみと入っています。


みそラーメンは野菜マシできないという噂がありますが、隣の席の方が野菜マシにしていたので出来るようです。

自分のコールのときに「ニンニクお願いします」と言ったのに、「野菜はいいですか?」と聞かれましたが、心の用意ができていなかったため、アンジェラ奥さんと3秒くらい(゚Д゚)ハァ?と見つめあってしまいました。

アンジェラ奥さんとは毎回こういうことがあります。不思議です。


麺はいつものようにもっちりとした太麺。ロットに2杯だったため、かなり理想的な茹で加減に仕上がってます。


スープは前回よりしょっぱさが控えめで、ややあっさりとした味わい。ゴクゴク行けちゃいます。

またしても完飲してしまいました。ごちそうさまです。

べんてん で 「 とろろつけ麺 」

benten1_12Jan2009
benten2_12Jan2009 benten3_12Jan2009

午後から予定があるので、いつもより早起きして8時40分ごろに高田馬場着。 自分の少し前を歩いていらした方がべんてんの行列に加わり、惜しくも一巡目ゲッツならず。

今日はほぼ10時ジャストに開店しました。とろろつけ(900円)の札が見えます。

食べるのが非常に速い方がいらっしゃったお陰で、10時15分には入店できました。

月曜日の卓上ニンニクはフレッシュな趣きが感じられます。ビールのおつまみにニンニク+。

benten4_12Jan2009 benten5_12Jan2009

とろろつけ麺 (中盛り少なめ)

塩ラーメンの予定でしたが、とろろつけ麺が大好きなので、とろろつけ麺を戴くことにしました。


中盛り少なめの麺は硬めの仕上がりで、噛むと麺の中心がわずかにグミグミとした食感。

benten6_12Jan2009 benten7_12Jan2009

とろろつけ麺の時のつけ汁は、仕上げにカエシを追加しているみたいで、少し味濃い目ですね。とろろと良くマッチしていると思います。





麺の上にフリカケのように卓上胡椒をたっぷりと。

benten8_12Jan2009 benten9_12Jan2009

とろろの上に乗った青海苔も風味をプラスして絶妙な味わい。


ちなみに本日のとろろつけ麺は2順目で売り切れになったようです。



スープ割りも(;´Д`)<ウマー

ごちそうさまでした。

benten10_12Jan2009

10時55分ごろの行列の様子。

15〜16人といったところでしょうか。

べんてん で 「 つけ麺 」

benten1_10Jan2009 benten2_10Jan2009

今週は仕事初めで疲れたので、お昼過ぎまで爆睡してしまいました。

「さて、どこのラーメン屋に行こうかな?」と一応考えましたが、惰性でいつものべんてんへ(最初は四代目けいすけにしようかとも思いましたが)。

14時30分過ぎに店頭に到着すると、列はガードレールを少し超えていました。

おバカそうな若者が列で喫煙なされております。 マナーが悪いです。少なくとも列から離れた風下で吸ってほしいものです。

benten3_10Jan2009
benten4_10Jan2009 benten5_10Jan2009 benten6_10Jan2009 benten7_10Jan2009

つけ麺 (中少なめ)


30分ほど待って入店。


体調が完全復活したので、今日は中少なめでつけ麺を戴きました。


入り口近くの席だったので、人の出入りの度に寒風が吹き込んできて寒いです。 そのせいか、つけ汁の表面もパリパリに膜が張ります。


麺はいつもより更に硬めに仕上がっていました。麺を〆た後のI上さんの手を見ると赤くなっています。相当冷たいはずです。これは気合を入れて食べなければなりません。


味玉の断面の色がいつもより淡白です。いつもはもっと茶色というか灰色がかった色が白身の深いところまで染みているのに…。どうでもいいことですが。


ムシャムシャと一気に食べ進み、スープ割りでごちそうさま。少なめにしなくても食べきれたかも。



お店を出ると並びはまだガードレール一杯に広がっていました。ランキング番組の効果が続いているのでしょうか。

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ